2012年 07月 29日 ( 1 )

バイクに乗っているときの大切な要素

バイクに乗っていると、他の移動手段、電車だとか車に無いものがあります。
オイラはそれが好きで乗ってる部分もあるのですが・・・。

まずは音。
車などは静粛性などが重要視されますが、丸裸で乗るバイクでは、ヘルメットをしていても
色んな音がしてきます。
自分のバイクの音はもちろんですが、風を切る音、生活の音、人の声・・・。
車などのように空間ごと移動しているのではなく、
空間の中を移動している感じが好きですね。
操作ではアクセルの動作と共に変化する、エンジン音、駆動音、そして音とも変化する体感。
こんなものが一体となって、バイクの魅力だと思います。

そして匂い。
季節ごとの匂い。
春と共に感じる土の匂い。
花の咲く直前に香る梅や桜の香り。
初夏のむせ返るような草の香り。
夏の夕立寸前の埃っぽい匂い。
秋になると香りが減っていき、冬になると無臭に近い世界になっていく。
そんなことを感じながら走るのも好きですね。

バイクに乗っていると、人の持つ五感と言うのは、良くこの世界を多方面に感じるための
感覚だと思います。

しかし先日の灼熱田んぼツー。
丁度その日は土用の丑の日。
走りながら、そこかしこで、うなぎの焼けるいい香りが・・・。
走りながら匂いで走りに集中できないのも珍しい経験でした(笑。
あ~うなぎ食いたい。
[PR]
by jyai883 | 2012-07-29 22:04