しつこくスポーツスターを考える

そう言えば今までどれくらいのスポーツスターに乗せて貰ったんだろうと思い、
ちょっと思い出してみました。

4速は自分の89‘883ですね(笑、それと~・・・。
同じ89‘883改1200某有名チューナーの奥様号。
友人が代車で借りてきたので3kmほど乗せてもらって、あまりのやばさに直ぐ降りました(笑。
とりあえず3速のグッドフィールエリアで全開くれたら、脳みそが後頭部に付きました(笑。

5速になり92‘93‘94‘883、93‘1200、これが前期型。
後期は97‘883、97‘1200C、98‘99‘00‘01‘02‘03‘1200S。
それと02‘883とそのチューン後の化け物(笑。

ビューエルだと96‘S1ライトニングのレーサー、97‘98‘のS1.
96‘のM2、ですかね。
S1レーサーはあまりの楽しさに、明治通りで前走のBM K1を追い掛け回し、
白髭橋で飛びました(笑。

この中で衝撃はビューエルレーサーと883元レーサーは全く違った意味で
衝撃でした。
4カムエンジンのすごさを垣間見せてくれましたね。
同じチューンの延長線上に友人の02‘883改化け物がありますが、
オイラにとって衝撃だったのはチューン後より、チューン以前の883の状態で
友人の乗り方だけで、ほぼ吸排気だけのノーマルエンジンは後軸で51ps出していた事でした。
ん~やはり乗り手の実力侮りがたし。

オイラが実際セッティングしてその為に試乗したものもありました。
03‘1200Sは日本専用のエアクリーナーボックスが吸いきれず、
途中で吸気障害をい起こし、部分的に1000rpmほどの範囲で回転の上がりが
遅い部分が出て、実験でカバーを外して走ったら解消した事もありました。
1200Sに関してはドノーマルの状態からほんの少しいじってやればかなり面白そうでした。
実際吸排気をいじった1200Sはパワフルで、それまでもスポーツスターの概念を
変えてくれました、排気を変え、ほんの少しキャブをいじってやると、するする回る状態に
なるみたいでしたね。
友人の1200Sはほとんどノーマルに近い状態で5速でノーマルリミッターが
効いたそうです。
本人は壊れたと思ったみたいですが(笑。

オイラがもっとも良いと思える組み合わせは、02‘以降の車体に94‘以前の883エンジンを
積む事ですかね(笑。
95‘以降の883エンジンは書いたとおり1200とクランク共通になったため、
ちょっとビッグツインっぽいですが。94以前なら専用クランクですから、ぶんぶん回すのに
いいかもしれません。
4速エンジンもタガが外れたように回りますが、ミッションに弱点があります。

よりパワフルに走るならやはり1200Sでしょうが。
それほど手を入れなくても元気です。
ツインプラグを生かすも殺すもセッティング次第でしょうか。
どこにツインプラグの意味を見出すかで、いじり方が変わってくるでしょう。

どの年式もリジットスポーツスターはそれなりに小さな車体で元気に走れます。
車検重量でも4速の883で220kg、5速で240kg、1200ではそれより軽くなりますから
ビッグツインより100kgほど軽い車体は元気に走るには楽しい車体です。

でもやっぱりスポーツスターはどの年式でも楽しい。

新しいラバーマウントスポーツスターも機会があればじっくり乗ってみたいですね。
きっと違った楽しさが見出せるでしょう。
特にインジェクション車は、全く違った魅力を見せてくれる気がします。
オイラはインジェクション車で「適正」って言葉の本当の意味を感じてみたい。

オイラはテイストとは味わいと共に不完全さでもあると思います。
すごく前にどこかで書きましたが、キャブチューンも妥協と不完全さを
ぬぐう事は出来ず、結局は最も欲しい部分への特化でしかないと思います。

しかしインジェクションと点火マップチューンなら今まで感じる事が出来なかった部分も
見せてもらえるかもしれません。
今のエンジンはそのために作られたように思います。

全くのノーマルでもバリバリチューニングのエンジンでも、スポーツターはスポーツスター
であると思います。
元々持っていないものは出てこないのですから(笑。
最後に感じるものは同じってことですかね。
[PR]
by jyai883 | 2008-03-13 22:21
<< ここらでちょっと一休み しっかし >>