今思えば、

半年前のクソ雪のころは、病院の8Fの
クリーンルームに缶詰だったのですから、
過ぎてしまったこととは言え、驚きです。
入院したのが、10ヶ月ほど前ですから、
ボケボケしてると、もう1年ですね。

10月末に、2013年を強制終了して、
急性骨髄性白血病で入院。
最初に思ったのが、家族ことでしたが、
次に思ったのがバイクのこと(笑。
良いのか悪いのか、良くなるのかならないのか、
生きていけるのか、死んじまうのか、
何にも判らない時に、担当医に言った事が
あります。

「ダメだったら早めに言ってね。
そうしたらオイラ、バイク乗りに帰るから。
そうすればバイク乗りのまま死ねる」って。
同じことを担当の看護師のおねえちゃんにも
言いましたが、「そんなのカッコよすぎるので
元気になって、退院してから乗ってください」っと
言われ、「あ~そうだよな」と思い、バイクの事ばかり
考えて過ごしました。

もう口癖は「先生、バイク乗りて~な」。

最初の完解導入療法が、四苦八苦しながら
何とか結果にこぎつけて、若い担当医の
先生達のお陰で、初めての外泊。
家に帰るや、バイク全部動かして、
走り納め。
お陰で炎症反応数値が11越え(通常0・2以下)
何したのって聞かれたから、バイク全部動かして
体バキバキと答えたら、呆れかえられる(笑。

次の3回ある地固め療法が始まり、これは順調に
効果が上がり、2度目の時。
大雪を窓から見ながら、微妙にモチベーションが
上がらない。
じゃあとばかりにダークホースさんにメールして、
タイプ6のWシートを発注。
それを楽しみに、出来上がるまでは再びテンションアップ。

3回目は3月、逆算すると退院は、桜の頃。
花見を楽しみに、退院待ち。
途中発熱があり、感染症で炎症反応MAX!.
危うく退院延期になりそうでしたが、花見に行きたいのと
帰ってバイクをいじりたいので、もう出る気満々。
何があろうと退院する気で、強引に気力で解熱(笑。
お陰で炎症反応も下がり、最後の骨髄検査は外来でと
なり、めでたく外出して、最後の花見を市谷と
靖国神社でできました。

帰って最初に行くのがガレージってのも問題ですが(笑。
バイク眺めて、触っていると、帰ってきたんだって
実感がありましたね。
そんなこんなで、シートもようやく完成し、
今のところ、定期健診では異常なく、
来月は退院後の最初の骨髄検査になります。

しかしバイク乗りたい一心で、退院しちゃうやつ
どうなんでしょうね。
お陰でオイラの心は、「オイラ死ぬまでバイク乗り」
ってな感じです。

c0063859_22223929.jpg

[PR]
by jyai883 | 2014-08-16 19:34
<< チョイ走り テールランプナット装着 >>