雨が降る前に

折角の連休、余裕こいてたら明日から雨じゃん!。
ってな訳で本日早朝7時よりCRっぽい引っ張り出して朝の散歩に行ってまいりました。
まだ扱いきらないCRッぽいのステアリングフィールに、昨日CLの操作性が追い討ちをかける。
ともかく乗りこなすには走らない事には判らないので、久々霞ヶ浦までと裏道を走りぬける。

途中には幾つかのタイトターンがありコイツがいまいちわからない。
幾つか目のカーブで不用意に体重移動した瞬間、自然に軽くステアリングが切れた。
これか?。
次からは意識的にシートカウルのエッジを感じる辺りに加重をしてみると面白いようにステアリングが
切れる。
アップライトなバーハンドルではステアリングが軽いため、あまり意識してませんでしたが、
こいつが判れば腕なんてステアリングの切れる方向を邪魔しない様に支えているだけ。
遠回りしがちだった小さなカーブでも全然OK、以前のようにクルッとまわる。
やっとコイツのポイント見つけた。

途中ガスステさがして佐倉まで行ってしまったが、宗吾街道で引き返す。
この道はアップダウンのある丘陵地を抜ける九十九折の道。
果然素直になったバイクの挙動を確認しつつ、印西に戻り県道29へ。

この道は田んぼの畝の上を走る、道幅6mほどの狭い道。
挙句に対面通行で点在する村落をつないでいます。
畝道ゆえ細かく曲がりくねって右へ左へとくねくね曲がります。
そんな道だからスピードは出せないのですが、ゆっくり走りながら自分のコーナーリングを
チェックするにはもってこいです。

たまに来る対向車や時たまコーナーに立ってるばあちゃんに気をつけつつ、コーナーミラーを確認しながら
リズミカルに走ります。
さっきの発見は確信に変り、以前のようにバイクを操れる。
うれしい。
太ももの付け根辺りで意識的に加重してやると、重たげになったステアリングがすっと切れていく。
そこでアクセルを開けてやればすっと向きを変えコーナーを抜けていく。
あ~前はこんな感じだったよなと思いつつ、1つ1つの小さなコーナーを抜けていく。

チェックも終わり利根川沿いのR356で休憩。
妙に一人で納得しながらタバコを吸っていると見る見る車が増えていく。
あ~佐原のあやめ祭りか~。
ここまで気持ちよく走ってきたのに、今更ダラダラ走るのも嫌なので、反対方向で家路に着きました。
でもそのまま帰っても面白くないので、途中手賀沼を周遊して寄り道して11時に帰宅。
午前中を有意義に過しました・・・っが問題も発覚。

ニュタイプCRにしたとき前後のウィンカーを入れ替え、フロントをカウル兼用でウィンカーをマウントした
アルミステーにクラックが!。
走行中妙に右ウィンカーが振動するので触ったらグラグラする。
左はカチっととまっているのに。
家が近づくに従い振動はひどくなり、とうとうアイドリングでもゆれてるしまつ。
判ってからはもう急いでウィンカーが脱落する前に帰宅しチェックすると、ものの見事に真っ二つ。
さすがにでっち上げで付けたし、右は振動が集中しやすいし、この辺は再考です。
しかし同型のステーは予備もないし、また何かでっち上げないといけないので今夜にでもいじります(笑。

何かとのんびりなGWですが、ようやくCRっぽいも乗りこなせそうなので嬉しい限りです。
しかしポジション変るとこうも入力が変るのね。
883に乗ってからセルフステアを意識したの初めてです。
以前は普通にハンドル自分で切ってましたから(笑。
[PR]
by jyai883 | 2009-05-04 14:27
<< 20年目の4速スポーツター7 トレッキングバイク >>