現在一時帰宅中

今回の治療成績よく、土曜日急遽一時帰宅の許可が出ました。
別の治療があるため、当初予定の火曜までか一日減って、月曜に病院に戻りますが、
現在リラックス中。
でも体は萎え萎えで、笑っちゃいます。
今回はまだ行ってませんが、午後からガレージにいく予定。
三ヶ月ぶりの対面をしてきます。
今回の治療で、3月移植までの大体の指針もたったし、
後は治療に任せて、復帰を考えるだけです。
バイク馬鹿は、自分の治療より、退院後の車検取得と、乗ることしか考えていません(笑。
気分的にもやはり自宅がいいですね。
おかげさまで次の治療も気持ち的にしっかり行けそうです。

あ~バイク乗りて~な~!。
でも冗談抜きで今は乗れね~(笑。
c0063859_10294847.jpg

[PR]
# by jyai883 | 2014-12-21 10:29

ブログか書けない。

c0063859_11382388.jpg
今月に入り、ここ数週間。
オイラの骨髄移植のための事案が、次から次へと持ち上がり、
どうしたら良いものなのか、考えなければならず、
ブログを書いている精神的な余裕がありませんでした。
すみません。
まだ、何も決まっていませんか、来年の早い時期での移植を
目指すので(時間的な余裕が、オイラ自身にもない)、
年内は、ブログを書いている余裕はないかもしれないので、
少しお休みさせていただきます。
まあ、突然記事を上げたりするかもしれませんが、
(書きたいテーマは、あるのですが)
お約束できない以上は、私事の解決を優先させて頂きます。
どちら様も、よろしくお願いします。





[PR]
# by jyai883 | 2014-12-16 16:02

本当にありがとうございます。

実際、病気の事は、あまりブログで書きたくないと思うのですが、
さすがに再発してしまった今回はきつく、更新もしないのに、
毎日200以上の訪問と倍近いアクセスを頂き、励まされます。
80万アクセスももうすぐで、どれだけ見ず知らずのみなさんに、
こんな25年も同じ883をいじってるだけの男のブログが、支えて
いただいていると思うと、感謝にたえません。

正直、移植前提の治療中ですが、現状先が見えてないのも事実で、
不安に駆られることもあるし、また絶対CRJ883に乗って友人達に
会いに行くと心に決めて、カウルも注文して、歯を食いしばって、
頑張ってる部分もあります。

でもやはり挫けるときはあります。
検査数値に一喜一憂し、支えをなくしそうになる時、
ここを見るとどれほど多くの方が、オイラをおもってくれ、
支えてくれているのか、まざまざと知り、そして勇気を頂けるのです。

本当に、本当にどうもありがとうございます。
このお礼は、必ず何処かの道で、会ったら声をかけて下さい。
缶コーヒーくらい奢ります(笑。
来年の今頃は、883に乗って必ずみなさんとお会いします。
今後ともよろしくお願いします。

c0063859_06500626.jpg




[PR]
# by jyai883 | 2014-12-04 13:07

スポーツスターってなんだろう? 2

c0063859_15183548.jpg
'84 XLX61

c0063859_08541057.jpg
'86 XLH 883

c0063859_15200575.jpg
'89 XLH 883

c0063859_15190938.jpg
'91 XLH 883


今日は4枚の画像から始めました。
この4台全てがスポーツスターであることには、
誰も異論のないところでしょうが、
この、'83~'93まで続くいわゆるXLXフレームは、
同じフレームに異なったエンジンを4種類積んだ、
稀有なスポーツスターなのです。
最初がショベル、そして4速エボ、
そして、5速エボ、何より特筆すべきは、XR1000も積まれました。

スポーツスターってなんだろう?って考えるとき、
このフレームこそ、ハーレーダビッドソンのレーシングを
そしてスポーツスターを体現している時代ではないかとおもえます。
異論はあるでしょうが、オイラはそう感じるのです。



[PR]
# by jyai883 | 2014-11-29 19:46

スポーツスターってなんだろう?



こぶさたしてます。
やっと書く気になってきたので、久しぶりに登場しました(笑。

さてタイトル通り、スポーツスターってなんだろう?ってことですが、
オイラには、忘れられない記憶があります。
その日は、883で初転倒もした日なのですが、当時バイクに慣れようと、
仕事から帰ると、ヒマを見つけては、毎日乗り回していました。

12月の最初の土曜日。
バイクも手元に来て一月ちょい、チョー違和感ありありだったポジションにも慣れ、
その日は妙に乗れていました。
当時のセットは、抜け抜けのスラッシュカットマフラー以外は、どノーマル。
足回りもノーマルで、弱目のスプリングにバンバンにイニシャルかけて、
ダンパーは弱目、揺れ出すとしばらく止まらない様な大陸仕様のセッティング。
しかしその日は、その柔らかさがモーションの振り込みや、
ブレーキングの沈み込みにいい具合に感じて、タイヤのエッジを意識しながら、
倒し込んでいけました。

もう近所の幹線道路の交差点を、タイミングを計って80kmノーブレーキで突っ込む。
左折はもうテールが流れながら、右折はスロットル開け開けで立ち上がる。
あのグニャグニャサスは、底づきもへたれもしない。
そんな至福の時間にも終わりがきます。
最後の交差点がやや鋭角だったため、最後のひと寝かせでタイヤがなくなりました。

怒りにまかせて、そのままバイク屋に行き、タイヤをセット注文してかえりました。
この日の記憶が今のスポーツスターに対するイメージのすべての原点です。
c0063859_08541057.jpg



[PR]
# by jyai883 | 2014-11-28 08:55

一週間のごぶさたです。

化学療法は、無事終わり結果待ちです。
今日はつまらない、オイラのこだわりを(笑。

CRのレプリカを作るにあたり、造形もそうですが、
どうしたら、あの独特のムードと言うか、雰囲気が出せるか、
結構考えましたが、やはり全体のバランスと配置だったと思います。

元々バランスが違うフレームに、同じような外装を再現するのですから、
そこは、フィッティングが重要で、ポン乗せって訳にもいかない。
最初からこだわった、タンクとシートのストレートラインは、
ダークホースさんのお陰です。
シートカウルは、二階建てになりましたが、製品的には、全く問題ありません。
(CRフレームとエボフレームのシートレールの高さの違い)

そこでオイラがこだわったのは、全体のシルエットでした。
元々車体は、真っ黒クロスケですから、シルエットは尚際立ちます。
っでオイラがこだわったのは、隙間、それもタンクとネックポストの
ただ一点だけ。
c0063859_1053419.jpg


ここに隙間が有るとの、あのCRのスカスカした感じがでます(笑。
たまたまオリジナルの数値を追っていないタイプ4のタンクは、
前端が少し短く、高さも抑えられているので、バランスもグッドです。
オリジナルのタンクの位置関係をエンジンで見ると、どうしても前に追い込みたく
なりますが、ここを追い込むとカワサキっぽくなると、オイラ思うんですよね(笑。

後はタンクバッチの位置で、見え方は変わるので、オイラ的CRフィッティングの肝は、
ここにあります(笑。

c0063859_1162460.jpg

c0063859_06500626.jpg


[PR]
# by jyai883 | 2014-11-13 11:09

サボってます(笑。

今現在は、2度目の化学療法中で、これからまた弱っていくので、
その前に、ご挨拶。
iPadは書き辛いので、あまりネタ的なものは書けませんが、
毎日見てますので、質問などは書き込みくだされば、お返事いたします。
またFacebookアドレスをお持ちの方は、佐藤ジャイアン真吾で
検索していただければ出てますので、申請頂ければ、承認させて頂きます。

しかし最近、個人的には、質問や相談が多いのです(笑。
まあそろそろ、5速リジッドも最終から10年経ちましたから、
時期と言えば時期ですかね。
ここは、絶対閉めませんので、これからもよろしくお願いします。
c0063859_13081633.jpg


[PR]
# by jyai883 | 2014-11-06 13:10

ごぶさたしてます。

しばらく記事を上げてないので、ガッツリ書いてたら、消えちゃって
凹んでおります。
移植が決まるまでは、化学療法の繰り返しですから、その度弱りますが、
数値が上がれば、元気な病人です(笑。
好きなもの食うし、勝手に出歩くし(笑。
でも治療しなけりゃ3月くらいしかもたないで、重症患者には違いありません。
まあまあそれでも、気楽にやれるので助かります。
もう頭の中は、CRJに乗る事しか考えてないので、
ふとウインタージャケット欲しいと思って、ネットとか見てても、
よく考えれば、今年はいらねー(笑。
あらゆる事を楽しみにして、帰る日まで寝て暮らします(笑。

c0063859_14300027.jpg

[PR]
# by jyai883 | 2014-10-29 15:33

16in×16in

何のこっちゃのタイトルですが、今でこそバガーのカスタムの流行りで、FL系も大径ホイールを履いていますが、以前のFLはツアラーだろうが、ソフテイルだろうが、サイズ130の前後16inでした。

オイラ達の年代では、前後16inといえば、80年代のあのカミソリのように切れ込むコーナーリングをするスポーツバイクを思い出しますが、ハーレーの前後16inは特有のハンドルの軽さと、マイナスオフセットされたフォークにより作られる、ソフテイルより過大なトレールよる安定感のお陰で、安心感がありました。

この恩恵は跨った途端に始まります。ハガーでさえ、力いっぱい起こしている、身長153cmのうち奥様が、乾燥でも100kgほど重い、オイラのファットボーイを同じようにスタンドから起こし、挙げ句には「これは私が乗る!」とまで言いました(笑。

この軽さは走り出しても変わりません。
しかも、非常にしっかりした安定感もあるので、安心感も抜群で、狭い道でのUターンも楽々こなし、フットボードがガリガリしても、全く怖くないのは、恐れ入りました。オイラはビッグツイン、それもFLとなれば、このタイヤサイズしか、思い浮かばないのですが、オイラにとっては「ハーレーの走りとはこう言うもの!」と教えられたのが、FLのこのサイズですね。

だからFLが低速でフラつくなどと考えもしませんでしたが、最近のTR CVOを買った友人が「今のFL低速でフラつくんだよ」の一言に思わず笑ってしまいました。

[PR]
# by jyai883 | 2014-10-20 16:13

フェイスブック

最近は、ちょこちょこフェイスブックに書いてる方が多いので、
ドメインをお持ちの方は、そちらもどうぞ。
検索は佐藤 ジャイアン 真吾です。
よろしくお願いします。
c0063859_22223929.jpg


[PR]
# by jyai883 | 2014-10-18 09:29