<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

シートポジション

c0063859_1151444.jpg

突然ドカティのマイクヘルウッドレプリカ(画像は1000ccのミッレ)ですが、実はオイラが理想と
考えるシートポジションがここに在ります。
ある日バイク屋に行くと突然車検上がりのマイクヘルウッドを試乗して来いと言われました。
社長はオイラが人のバイクで無茶はしないのと、ちゃんと調子を見てくることを知ってるので、
ヘルメット被ったまま店に来たついでに頼まれてしまいました。

それまでドカに持っていた印象、強烈なポジションって感じでしたが、確かにトップブリッジ下に
セットされたマグラのハンドルは低く遠いものの、高いシートと低めのステップは驚くほど、
下半身が楽でした。
ステップなんかもっと後でもいいくらい、だって乗った感じのシートステップの関係は、
883とあまり変わりがないくらいに感じました(実際にバックステップキットも存在しました)。
走っていても極端な前傾の上体以外は、非常にリラックスしたもの。
ちょうどその頃、883のシートで悩んでいたオイラは、ステップからシートまでの距離に気づきます。
ドカのMHRはステップとシートの距離が結構遠く、膝が非常に楽で加重しやすく、思いのほか
乗りやすかったのです。
それまで大体スポーツスターのシートなんて、見栄えだけの薄いものが多く、いざ乗ると
結構な膝の屈折率で、まるでウンチングスタイルのようなものが多く、長時間走っていると
足がツル(笑。
さもなくば乗り心地が良いものは、ツーリングスタイルでかっこ悪いってのが相場でしたから、
まるで伊達の薄着みたいなもんでした。

このとき初めてシートの厚みってのを意識するようになりました。
その後両膝を壊して、曲がりがきついものはダメになり、バックステップも不可。
そんなときにCR化が始まったので、当然シート位置は高くしてもらい、現在に至っています。
実際ノーマルのMHRのステップも実際に乗ると見るほど後ろではなく、883に近い感じで、
それでもシート位置が高いので、違和感がありません。
その後、883で一番調子が良かったのは、ソファーのように分厚い1200の純正シートでしたね。

馬鹿なオイラは実際にWシートをつけた883に、更にそら豆シートを乗っけて走ったことも
ありますが、かっこ悪さは天下一品ですが、乗った感じは非常にご機嫌なもので、
それ以来、カッコイイ分厚いシートがあればな~と思いながら、現在のCRJに至っています。
友人に乗せると、まずは「このサスの長さは?」と聞かれますが、直ぐシートの高さだと気づきます。

スポーツスターに乗っていて、ベストなポジションに座れると、体に芯が立ったようになり、
非常に楽に扱えるようになるのは、恐らく乗ってる方ならわかると思いますが、
これにはまた個人差もあるため、オイラみたいに厚くすれば良い的な意見が正解ではないことは
承知しています。
っがしかし、180を超える巨人族に属するオイラにとって、スポーツスターを操るためには
シートの厚みが必要でした。
まあ友人にほぼ同サイズの1200S乗りがいますが、彼は横ステッチのデラックスシートを
アンコ盛りして乗ってますが、かなりご機嫌です。
もっともシート屋に「厚くしてくれって注文は初めて」と言われたそうです(笑。

オイラがシート高を上げようとするのは、まあ膝の問題もあるのですが、
それ以上に楽で、且つ操作しやすいポジションが得られるからなのです。
最も足つきに問題がある、小さな方ではそのままベストポジションを探れば同じことでしょう。
まあ簡単に言えば、スポーツスターはオイラには小さいってのが、最大の理由なんですけどね(笑。
ただ乗車中の姿勢が楽ってのも、大事なポイントですね。
敢えて言えばモトクロッサーのようなポジションでしょうか?。

c0063859_1135495.jpg

[PR]
by jyai883 | 2014-06-29 11:45

今日も雨

今年は梅雨らしい梅雨ですが・・・局地的に豹は降るわ象は降るわの東京地方。
半年ほど入院していたので、今年初めて季節を越える感覚に、ややお疲れ気味のオイラです(笑。

さてさて、CRJは前述の通り、打合せを繰り返しながらゆっくりと進んでいますが、
できの画像を貰うたんびに待ち遠しい(笑。
車体は現在不動ですが、バッテリーが新しいので安心しています。
ただ軽いCLばかりに乗っているので、仕上がり後がちょっと不安ですけどね(笑。

このところ、夕方は毎日犬の散歩で街中ほっつき歩いていますが、
まあハーレーのあることあること、こんだけ売れてれば、まあ毎日見ない日はないですね。
先日はちょっと離れたGT専門の車屋さんまで散歩で行きましたが、
相変わらず、GC10やGC110が整備されてましたから、あるとこにはありますね。
近所の新しい家のガレージには、アルピーヌA110が入っていることを知ってるし、
違う家の駐車ポートではアイアンが埃被って放置だし、そう言えば一緒にガレージ借りてる
友人の1200Sも仕事が忙しくて車検切ってるな~。
まあ犬の散歩にはこんな楽しみ方もありますね。
そう言えば路上に放置してあるGB400のトラッカーもあったけどくれねえかな~?(笑。

まあこんなに雨が降ると犬の散歩もままなりませんが、体力結構戻って2時間ぐらいの散歩だったら
どうということもありません。
お陰で回復は順調のようです、体重も戻りつつあるし(これはヤバイ? 笑)。
まあ食事は以前ほど食えませんが、自主規制中でもあります(笑。

もう少し梅雨が落ち着いてきたら、バイクで走りにも行きたいですが、知らない街の散歩もしたいですね。
歩いているとバイクじゃ気づかないことも気づくので楽しいですね。
飯田橋の普通のバイク屋なのにXR750が置いてあったり、常盤台では普通の小さな商店だと
思っていたところがスポーツスターが中にありシート屋さんだったり、三鷹では閉店して久しいバイク屋に
忘れられたかのように色違いの2台のCB250エクスポートが置いてあったり、バイクばかり見ていますが、
景色も眺めながらぶらぶらするのは大好きです。

もっとも疲れるばかりで、奥さまと娘には評判よろしくありませんが(笑。

CRJが出来上がれば、香取、鹿島神宮にもお礼参りに行かなければなりませんし、
意外とやることいっぱいあるな~、就活しようと思ってるけど、仕事してるヒマなんか無さそう(笑。
[PR]
by jyai883 | 2014-06-28 09:32

オイラは何か・・・間違ってるのか?

っと、最近は思うことがあります。
何が?って・・・CRJつまり4速883のこと(笑。

スポーツスターもCR化が始まって早7年。
最初からパーツ探しはあったものの、結局のところCR化にもっとも大切なタンク、シートは製作発注。
更にリアル化したキットをダークホースさんに頂き、最近は更にWシートカウルの製作発注。
自分ではカスタム化と言ってますが、なにやらほとんどバイクを製作してるんじゃないかと?。
まあ自分のお金で、自分のバイクをいじっているだけですから、気にもしなかったのですが、
実のところ、オイラはバイクを作っているのではないかと言う気になってきて、
あれ?、どこかで間違えた?と思うようになりました(笑。

まあ無いものを0から作ってもらって、それを自分のバイクにつけて行くのですが、
一般的な1オフのカスタムとは何か違う?。
確かにテーマはあり、参考にする車体もありますが、リアルを狙ってレプリカを作っているわけでもないし、
だからってノーマルスタイルは、跡形も無いのですからおかしなもんで、
そのくせ、純正部品は多用しちゃうし、オイラ自身あれ?実はハーレー作ってたのかオイラ?っと
思うようになって来ました。

実は先日のシートラバー画像が送られてきて、今の車体画像に切った貼ったして、どんな風になるのか
画像を製作していたとき、「おかしい?、オイラは何処かで間違って、バイク製作をしようとしていないか?」
と疑問がわき、ここ数日本当に他所から見たら、バイク作ちゃってるかもしれないと思ってるんですけど、
どうですかね~?。

まあ確かにCRじゃなくてXRダートトラッカーを作ったらこんな風とか、現行スポーツスターのタンクは
飲み込みが浅いし、尖がってってかっこ悪いから少し丸めで、ローマウントしたらかっこ良くなるだろうとか、
そんなことばかり考えています。

まあ先立つものがあれば実際作ってもらって、売っちゃうまでやるかもしれませんが、
今はソコまで考えていないものの、脳内妄想は次から次と、スタイルを考えている。
それもオイラの場合は、基本が純正ノーマルスタイル。
どうやってバランスさせて、全体をスッキリまとめるかばかり(笑。

まあ楽しんではいるのですが、あれ???????ってな感じで最近は過ごしております。

CRJは単純に貼り付けただけですが、こんな感じ?
c0063859_12473159.jpg

もう少しシートカウルは飲み込むかもしれない(笑。
[PR]
by jyai883 | 2014-06-27 09:00

線路は続くよどこまで・・・も?(笑

ってな訳で、CRJWシート化計画は、カウルはすでに完成形だったのすばやくできましたが、
インナーフレーム新造、そして純正テールランプのマウント、現在はシートフォームの整形で、
4速フレームにつけるためには、すべてが新しい試みなので、少々時間が掛かっていますが、
着々と進んでおります。

っで昨日シートフォームの整形で連絡があり、送られてきた画像がこれです。
c0063859_2011925.jpg


ベースを作ってそれにベースのフォームを貼るやり方で、これには依存はありません・・・っが、
CRのWシートを見るともう少し厚みがあり、オイラもそのほうが都合が良い。
c0063859_773574.jpg

実際WシートCRの画像を見ると、中央が高く、サイドを面取りして整形されてる感じで、
2人で乗ると全体的に荷重がかかるので、パッセンジャーが前落ちしないように、
同様に更にアンコ盛りをしてもらって、今日来た画像がこちら。
c0063859_2053430.jpg
c0063859_2055063.jpg


これにクッションスポンジが貼られれば、かなりいい感じなので、明日はシート屋さんに送られます。

残るはインナーフェンダーですが、ここまで形になってくると相当待ち遠しい(笑。
最初にドコに行こうか楽しみで仕方がありません。

っがしか~し、ここでフェイスブックに、イーストアーバンの遠山さんから、オリジナルXLCR入荷の
お知らせ、それもタンデムシートつき。
まあ悩んでみたものの、今のオイラは病気療養中 無職なので、買えるわけもなく。
(買ってもいいけど離婚だな ってわけにもいかず笑)
ムムムと言いながら、CRJが走る日を心待ちにすることにします(笑。
でもオリジナルも並んでたらカッコイイな~と思うのも本音。

宝くじ買ったんじゃ~間に合わね~な~(笑。
[PR]
by jyai883 | 2014-06-24 20:15

これは・・・

変革(レボリューション)ではなく、進化(エボリューション)なのです。

この言葉は、バイバック後ハーレーダヴィッドソンカンパニーが初めて、そして新しいエンジンで
バイクを投入する時に使われた、カタログコピーです。

昨日のエレクトリックモーターのテストバイクの発表を見て、最初に浮かんだのはこの言葉でした。

カンパニーは今日まで、正にこの言葉通りOHVと言う新しくないが、堅実な動弁型式を持つエンジンを
その通りに進化させてきました。
しかも空冷のVツインで、今日まで貫き通してきたのですから凄いことです。

以前にも書いたとおり、空冷エンジンの宿命といえるノッキングとオーバーヒートに対して、
古い動弁形式を使いながら、進化してきたのですから驚きでしょう。
しかしここにきて、エレクトリックモーターに対して、このようなプレゼンをしてきたと言う事は、
すでにOHVエンジンがこれ以上の進化が望めないかもしれないというサインかもしれません。

2000年以降、新しいカンパニーのエンジンは、多くのエレクトリックな試みがなされ、
非常に現代的なエンジンになりました。
ビッグツインなど昔だったらドラッグレーサー並みの100ciオーバーまでスープアップされました。
これは凄いことですが、すでに手は尽くされた感も否めないところです。
もしこれ以上を望むのであれば、多分異なった形に移行せざるを得ないかもしれません。

今まで100年以上の歴史の中で、アイデンティティとして受け継がれてきた空冷Vツイン。
もしこれを棄て、違うレシプロエンジンを載せるくらいなら、いっそ次世代のエレクトリックモーターへ、
これ以上進化が望めないならば、いっきに大変革をもたらそう、チャレンジしよう!、
そんな意図がオイラには感じられました。

今日明日のうちに、このVツインエンジンが価値の無いものになるようなことありませんし、
カンパニーだってそんなことは重々承知の上だと思います。
セールスだって好調だし、会社としてのステイタスも充分ある。
でもだからこそ今このタイミングに、世界的なプレゼンスが行なわれたのではないでしょうか。

オイラの世代は、次世代の様々なハーレーに乗るチャンスは無いかもしれません。
自分の古いスポーツスターだって、この調子で行けば、オイラより長生きしそうです。
でもきっと今、変革のタネを蒔かなければ、時代を超えて遺産を伝えられないかもしれないと
カンパニーは考えているのかもしれません。

多くの遺産を次の世代に伝えるためには、カンパニーそのものが次の世代に存続し続ける
必要があるからです。
ハーレーのアイデンティティを守るために、進化ではなく変革が選択されたのではないかと
オイラは昨日のプレゼンスをみて感じました。

今ではない、明日のために。

[PR]
by jyai883 | 2014-06-20 18:41

大山鳴動してねずみ一匹

的な、昨日のフェイスブック。

エレクトリックモーターバイクがハーレーより発表との、リークが1日中にぎわしてくれましたが、
結局プロジェクトが始まって、プロトの実車(走れるらしい)が全米興行して、お話聞かせて?
ってのが真相でした(笑。
まあデザインは悪くないし、コンパクトなんだから、既存のレシプロエンジン積んで0号モデルで
売っちゃえばいいのに(笑。

多分ニューモーターに関してはどのメーカーも研究中でしょうが、ハーレーは上手にプロモート
したと思います。
最後は充電時間と電池パックの容量、モーターの小型大出力化でしょうから、もう少し
先になるかもしれません。
車と違って、つめる車体の大きさも極端に制限されますからね。

オイラはVツインにモーターを配置して欲しい(笑。

最近はハーレーの歴史的背景に何も思い入れがないのか、車体のデザインがトレンド化して、
別にハーレーじゃなくてもいいんじゃねって車体も増えてきているし、ヒストリカルな数値もいじられてるので、
実際に乗った感じが、以前と違う車体も増えました。
エボの頃は車体を見れば、大体どんな感じの乗り味なのか判断できたし、
実際に乗っても安心できましたが、同じシリーズに乗り継いできても、今では違うバイクになってしまって
いるものもあります。

まあその辺はメーカーの考え方と、ユーザーのニーズですから、今のニーズがそちら側に
あるのでしょう。
逆に古いハーレーが増えつつあるのもその反動ですかね。
ショベル以前の輸入台数は、結構増えつつあるように思うし、見かけることも多くなりました。
ある意味、ハーレーユーザーは両極化しつつあるのかもしれません。

国産メーカーと違ってどの車体に乗っても強いアイデンティティを感じるメーカーだったハーレーですが、
21世紀のハーレーは、どのように変化していくのでしょう?。
まあ名前だけしか残らないようなメーカーにはなって欲しくないところです。
オイラにとってはローテク、ローパフォーマンスだとばかり思っていたメーカーが、
実際に乗ったら、こんなに人の感情に訴えかけるバイクはないと力説するくらい、
心を揺り動かすバイクを作ってきたのですから。

あ~最近はビッグツインを1台カスタムしてみたいな~、スポーツスターくらいの大きさで(笑。
もう全てを切り詰めて小さく小さく、前後16inタイヤ幅は130、タンクはメーターダッシュつきで分轄
3Gくらいに狭くして、もうエンジンは車体からはみ出し放題で、
スポーツスターのハガーくらいで収まったらステキ(笑。
でも4速の883がもう1台欲しいのは変わらない(笑。
[PR]
by jyai883 | 2014-06-20 08:43

みんなのスポーツスターを見てみよう!、超久しぶり

ってな訳でオイラも忘れておりました「みんスポ」久しぶりにご応募がありましたので
掲載させていただきます。

北九州市在住の ともさん です。
車種は‘01のXLH883,もうほとんど改(笑。
c0063859_18245731.jpg
c0063859_18261682.jpg

c0063859_18271689.jpg


では仕様とご本人の文

2001年式 XLH883 (1200ccボアアップ済)

吸気
・S&SスーパーE +Zipper'sサンダージェット+YOSTパワーチューブ+BOYESEN quickshot3 & power X-WING
・S&Sハイフローエアクリーナー

排気
・タゴス2 ニルヴァーナスポーツ

エンジン
・マーレーピストン(883→1200)
・ブラックダイヤモンドバルブ
・S&Sロッカーアーム
・シリンダーヘッド加工
・アンドリュースN4カムシャフト
・マエカワエンジニアリング レデューサー

クラッチ
・VPクラッチ

点火
・S&S ISTイグニッションモジュール
・S&S 独立点火コイル

サスペンション
・R:オーリンズ36PL (5mm up)
・スイングアーム加工
・F:レーステックスプリング+ゴールドバルブ
・スクリーミン フォークブレース+ミスミ カーボンフェンダー
・boon motorcycl クロモリアクスルシャフト&スイングアームピボットシャフト(&フロントまわり強化ボルト)

ホイール
・H-D純正 9本スポークキャスト

タイヤ
・ピレリ スポーツデーモン

ドライブベルト
・ PANTHER ultra-cord

ブレーキ
・ F マスター : ニッシン ラジアル17mm
・ F キャリパー : ブレンボ 4パッド
・ R キャリパー : ブレンボ 4ポッド
・ 前後ローター : EBC

ステップ
・BabyFace type-2

バッテリー
・Skyrich HJTX24HL-FP-SI
 となっております。

当初は『XLX風』カスタムを目指しておりましたが、近所のスポーツスター乗りの皆さんの影響でどんどん走り系に傾いてきました。

1200Sのハンドルを手前に引いて、ポジションを楽にしたらコーナリングが楽になりました。

ハイカムとISTのおかげで振動が少なく、高速でもストレスなく回ります。

スポーツスターらしさが好きなので、大きくバランスを崩さないよう気を付けています。


ご本人はXLXを目指していたらしいですが、もう久しぶりに見たバリバリ走り系のスポーツスター。
最近はとんと見かけなくなりましたが、こう言うスポーツスターも大好きです。
用途の理由なのか、なぜかこの仕様には不釣合いなCCバーと薄いダブルシートですが、
オイラだったらシングルかセミダブルのシートを分厚くして、ひざが自由に動くようにして
乗っちゃいますね。
それにしてもほとんど全部に手が入ってるし、足回りもしっかりしているので、走ったら
楽しいでしょうね~。
最近のオイラは、どうやっていじったらカスタムに見えないかばかり考えているので、
たまにはこう言ういじり倒して、走り回れるスポーツスターも新鮮ですが、
ちゃんとスポーツスターらしさが残っているのでいいですね。
投稿ありがとうございました。

こんな感じで、ご応募くだされば、随時掲載させていただきます。
久しぶりの「みんなのスポーツスターを見て見よう」でした。

[PR]
by jyai883 | 2014-06-18 18:39

いつのなったら出来上がるんだろう?

っと言っても、シートが出来上がってこないって話ではなく、結局CRJの完成形って
どこにあるのかな?って話。
(現在Wシートカウルは、ダークホースさんと打合せしながら、随時作業は進められていますが
ほとんどプロトタイプ状態です 笑)

2007年から始まったこのカスタム。
最初からタンク、シートカウルの製作から始まり、最初にタイプ3、翌年プロトタイプ4を頂いて、
基本的にはここで完成。
その後細かいハンドルやビキニカウルステーの作り直し、などは続いていましたがここで
ほぼ完成したはず・・・でした。

元々タイプ4のシートカウル造型はダークホースさんデザインでしたが、そのうちタイプ5で
オリジナルCRカウルを入手してこちらに変更になり、特に気にはしていませんでしたが、
そのうちこちらに変更になるだろうな~と思っていたら、入院中に我慢できなくなり、
CRオリジナル原型でタイプ6シートカウルを発注、挙句にWシート化をお願いしたもんだから、
並行して、インナーフレームの新しい製作まで始まってしまう。

同時にテイルランプの純正使用をお願いしたので、更に純正部品の使用率が上がり、
どんどんカスタムに見えない方向になりつつある。
オイラは純正CRが作りたいのか?(笑。

さすがに完全なレプリカ化は狙ってないので、ビキニカウル、マフラー、バックステップ、リア18in化
には手を出すまいと思っていますが、元々ブラックレインレプリカのコンセプトは薄らいで、
純正仕様化しているような気がする(笑。

ハーレーの純正が持つ、田舎的野暮ったさ(言い換えれば質実剛健さ?)は好きなので、
ソコは取り入れたいと思って、細かいアクセサリー類は、敢えて純正使用にこだわっているけど、
それにしても、この計画が始まって7年、まだ結論が自分の中で出てこないとは驚きです(笑。

オイラは死ぬまでこのバイクをいじり続けていくのかな?。
でもそのサイクルだとある日突然ノーマルに戻るまであるから、恐ろしい(笑。
今のところは構造変更を繰り返し、全くノーマルに戻す気などないので、敢えて純正部品すら
加工を加えて使用していますが、突然ノーマルに戻したくなったらどうしよう?。
買うか?もう1台4速883(笑。

インナーフレーム、シートカウルの製作、加工は終わり、今はWシートの製作が始まります。

c0063859_972519.jpg
c0063859_974994.jpg

c0063859_991483.jpg

[PR]
by jyai883 | 2014-06-17 09:13

取りとめのない1日

今日は梅雨の晴れまでなんとなくバイクに乗りたい気分。
朝飯食ってゆっくり10:30に家を出てガレージにへ。
こんな日はやっぱりスポーツスターでもオイラのは乗れないので奥様号始動。

特に目的もなく、行くところもないので久しぶりの都内巡り。
まず湾岸へ。
いつもなら江戸川沿いを走りR357からお台場を抜け、芝公園のコース。
ここで「そうだゲートブリッジに行こう」と若洲海浜公園へ曲がる。

お~ここもダンプ街道、大型ダンプと海洋コンテナ積んだ重トレだらけ。
新しい道だけど、大型車ばかりで路面がのめって悪いので、走り心地は良くない。
あっさり最終処分場の交差点につくも、重トレ大渋滞でお台場に抜けられず、
見ただけであっさりUターンして、いつもの湾岸線の内側の道に戻って、
再びビンボーブリッジ渡って芝公園へ。

今日は土曜日で休み車と営業車が混在、+道路工事+白バイで走りづらい。
いつもの六本木への道は妙に詰まっているので通り過ぎ、
東京タワー回りで、狸穴(まみあな)を抜け、六本木、外苑東通り、四谷。
外堀でお茶の水に戻り、蔵前通りで帰宅。

まるでおのぼりさんの様に、オイラが知らない東京をキョロキョロしながら
のんびり走ってきました。
六本木も四谷も、もう知らない町になっとる。
途中御茶ノ水にオイラが入院していた病院がありますが、
いつも病室から見ていた、通りのコンビニの前をバイクで通り過ぎ、
自分がいた病室を見るのは変な気分(笑。

奥様のスポーツスターは快調、ほぼドノーマルに近いコンディションのため、
こいつに乗るといつもリセットされます。

それにしても行き会うスポーツスターはみんなチビタンクの48だらけ。
帰りに1台ファットボーイと、ビッグツインはFLばかり。
やっぱり都内を走るなら日曜の午前中だな(笑。

久しぶりの東京都内は、何か妙な勘も働き、変な動きの車をかわしながらの
お散歩でしたね。

夕方からは本当に犬の散歩で、1時間半ほど犬に連れられ
ほっつき歩き、疲れたので夕方おやつを食ったらそのまま寝てしまい、
起きたのが10時で怒られた(笑。

バイクも体調も悪くないし、明日からは娘の調理実習のお付き合い、月曜は振り替え休日で
ディズニーランドと家族サービスなので、タイミングは今日でしたね(笑。

現在改修中のCRJ4速883.
インナーフレーム、シートカウルはほぼ完成で、カウルのタイプ6はラバーマウント用なので、
細かい修正を行なっています。
インナーフレームにはすでにノーマルテイルランプがつけられ、形にはなってきました。
結局これでWシートですから、やってることはまた第一号、つまりプロトタイプ状態で、
打ち合わせしながら、作業が進んでいるので少々時間が掛かっています(笑。
あとはインナーフェンダーの製作、Wシートの製作、塗装って流れですかね?。
完成が楽しみです。

c0063859_23284031.jpg

c0063859_2329734.jpg

[PR]
by jyai883 | 2014-06-14 23:29

え~ご報告

急性骨髄性白血病により、去年10月末に入院、4月に退院して2月経ちました。

前回はまだ抗がん剤による化学療法の影響があり、血液検査上の数値も確定的なものでは
ありませんでしたが、先日の2回目の定期検診では、血液数値も低いながらほぼ常態に復し、
異常細胞検出も未見で、現状合格を貰いました。

ほとんどバイクをいじり、乗るために退院してきてしまったようなもんですが、
(本来だともう少し長かったかも?)最初の1月目は筋力と体力の低下に苛まれましたが、
2月経った今、体力も日常生活では問題なくなり、バイクも100km程度の散歩では、
何でもありません。
多くの皆様の励ましと、家族の支えのお陰だと思います、ありがとうございます。

ここから5年ほどは検診が続きますが、これは致し方ないことでしょう。

それでも普通の日常生活と、バイクに乗れることがなんとも嬉しいことです。
ただ気分は未だに長い外泊のようですけど(笑。

これにて皆さんへのお礼のご挨拶とさせて頂きます。

本当にありがとうございました。
[PR]
by jyai883 | 2014-06-12 09:59