<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ようやっと

本年バイク走り初めができました。
っといってもその辺オイル回しくらいですが(笑。

28日の夜、奥さんが知り合いの美容院に行くので送っていけと、夕方行徳まで、
まあ2ケツなので、ハガーでもよかったのですが、最近乗っていなかったのでCLで出発。
送り届けるといけしゃあしゃあ「お迎えもね」って、言いやがって、2往復。
じゃあ晩飯おごるからと、ゆで太郎でカツどんセット(笑 立ち食いそば屋ね。

っでもあけて29日、床屋の引越しなのですが、午後からCRJを引っ張り出してお散歩。

まあ車も多く、気持ちよくアクセル開けたのは3回ほど(笑。
それでも久しぶりだったので、暖かかったのもよかったし、気持ちが良かったですね。

歳食ってくるとだんだん冬は億劫になりますが、やっぱりバイクで走ってないと、
人間腐りそうです(笑。

性根はすでに腐っています(笑。
[PR]
by jyai883 | 2013-01-30 22:24

業務連絡 藤田様

頂いたメールアドレスだと帰ってきてしまいますので、
コメント欄を非表示設定にして、アドレスとご用件をお書きください。
後ほどご連絡差し上げます。

ジャイアン
[PR]
by jyai883 | 2013-01-30 15:43

いや~

今月はバイクに乗れないマンスリー(笑。

正月中から、引越し準備が始まり、そこに雪が降って、ガレージは出動不能になり、
再来週は引越し本番です。

まあバイクでプラプラすると、奥様に怒られるし、オイラの荷物は、引っ越してもらえないので
(生活に関係ないものばかりなので)、せっせと荷造りしてガレージに運んでおります(笑。
皆さんのお陰で、オイラの荷物は、預かっていただいたり、貰っていただいたりして、
順調に減っていますが、長く生きていると、中々色んなモノが貯まってしまいますね。

あ~そろそろ乗りたいな~バイク。


それでも今オイラがぽっくり逝ったら、後に残るは、価値がない人にとってはゴミの山(笑。
ま~そんあもんなんでしょうね~。

おもちゃ大好きな大人や子供なら、オイラの荷物は喜ぶかもしれない。

あ~そろそろバイク乗りたいな~。

今度の休みは来週の火曜日。

昼間目を盗んで走っちゃおうかな~?。
奥様は店の引越しなんですがね(笑。

c0063859_22154586.jpg

[PR]
by jyai883 | 2013-01-26 22:16

関東スポーツスターミーティング 11th

今年も関スポのスケジュールがでました~~!。
ってなことを書いていたら、‘11は地震がきてしまったような・・・。

ってなとは言わずに、詳しくはこちら

今年は再び幕張に戻るそうです。

オイラ的には春を感じる横浜の丘陵地帯を抜けながら、三浦に行くのもなかなかよかったのですが、
今年はバリバリ近いです。
タラタラ行っても30分(笑。

10時に行っても間に合うけど・・・また9時に出よう(笑。

あっまたてっちゃんに怒られるか(笑。
[PR]
by jyai883 | 2013-01-23 20:56

転倒

思い起こせば、スポーツスターで、過去2回ほど転倒したことを思い出します。

先日友人が転倒したことで思い出しました。

最初は買って2月目の夕方。
12月のはじめのバイク屋の忘年会の日。
その日は休みで、忘年会まで時間もあって、ちょいと走り出ました。
2月たって慣れもあり、調子こいて交差点を曲がっておりました。
ブレーキを最低限に軽く逆モーションから一気に倒し、アクセルを開けるとリアからグイグイ曲がっていく
感じは最高。

その日はバイクもオイラも絶好調、そんな走りで近所の幹線道路の大きな交差点で、
遊んでおりました。
ほんの少しの差なのですが、帰り道の最後の交差点はやや狭く、角度も鋭角。
一気に倒しこみ、ちょっと内にきりなおすと、リアから一気に滑って転倒。
初めての転倒を喫しました。

理由は簡単です。
ノーマルのタイヤがほとんど平らで、限界をほんの少し超えてしまい、タイヤのショルダーを使い切って
しまいましたね。
転倒のダメージは、幸い4速のステップはメスのペグで、外から刺さっているため、
畳み込まれたステップがスライダーの役目もして、ケースへの損傷はなし。
削れたのはステップとリアウィンカーが少し。
もっともエンジンは止まらず、ステップを支点としてぐるぐる回っていたのが印象的でした。

その日は相当がっかりしたことを思い出します。
焼けのやんぱち、そのままバイク屋行って、タイヤの注文と言うことになりました(笑。

その次は翌年の6月。
梅雨の止み間の日曜の早朝。
千葉に行くため、雲行きの怪しい中出発しました。
環七と357の交差点の左折路線、信号は変わり端、雨が降り出し、さっとぬれた路面で、
左に曲がりながら、フロントからダウン。
ちょっと速度も出ていたことで、一瞬の出来事でした。
後で壊れた状態を見てみると、軽くハンドルを逆に当てながら転倒したようで、
ハンドルは左が下から上に向かって曲がっていました。

バイクを起こし、いざ帰ろうとすると、チェンジペダルがない(笑。
そしてクラッチを見ればレバーは少し削れただけですが(曲がりもしない 笑)、
ホルダーがぱっかり割れている。
クラッチは切れるものの、シフトは3速固定のまま。
1kmほど離れたセブンイレブンの駐車場に止め、お店お願いしてバイクを置いて帰宅、
その後バイク屋といっしょに取りに行きました。

このときも、ミラー、クラッチレバー、レバーホルダー、ハンドル、左ステップ、リアウィンカー以外は
削れませんでした。
レバー以外は、1週間以内に手配が付いて交換できたのですが、クラッチレバーだけ国内在庫がなく
1月ほど待ったことを覚えています。
今ならつかえるモンはそのまま使うのでしょうが、当時は傷があることがイヤで交換しましたね。
もったいないことです(笑。

それ以来20年以上、4速883では転倒していませんが、その間に1度だけ右に立ちゴケさせた
ことがあり、その場は何でもありませんでしたが、1年後ステップの変なフワフワ感を感じて
チェックすると、スプロケットカバーに10cmほどのクラックが入り、交換しました。

もう今はあまりに高いパーツをつけてカスタムしてしまったため、転倒することはゆるされません(笑」。
でもちょっといたずらする事は楽しく、やめられませんが、ソコソコってなところで自重しております。

しかし前の記事の動画を見ていたら、ドノーマルSTDの4速スポが欲しくなりました。
経済的には、現在はとてもとても無理な話ですが、赤いタンクのスポーツスターで(ブロンソンのヤツみたいな)
あんな場所も走ってみたいです。
CL400でならあっさりそうなのですが、スポーツスターがいい~。
[PR]
by jyai883 | 2013-01-22 09:24

こんなの良いな~。



車体はラバーマウントの今風のボバーに見えますが、このシチュエーションは良い~~~。
バイクが古いスモールタンクで、広いハンドルにリア18インチだったらなお良い~~~(笑。

まあカスタム屋のプレゼン動画なのですが、ラバーマウントでも様になってます。

何よりもアスファルトロードが出てこないのが良いです。

いいな~こんな生活も。

ついでにオフィシャルの都会版で。


[PR]
by jyai883 | 2013-01-22 08:39

やっぱり・・・

ジジイになったら(すでに? 笑)、こうあるべきでしょうか?(笑。


[PR]
by jyai883 | 2013-01-21 07:53

職人技

c0063859_22372428.jpg


コレは友人のE/Jさんが売ってる「東京ステップ」です。

このフリスコスタイルのアップステップステーを見ていると、すげ~って感心してしまうのです。
HPで何のてらいも無く、ただ「こだわりの鋳物肌」とか何とか言ってますが、
この手の砂型鋳造は、1つ1つ製品としてのばらつきが出やすく、製品の均一化は、
至難の業です。

これを単一に同じタイプの部品とする事は、非常に難しく、通常鋳造時に起こるヒケやゆがみを
均一化するために、精度を要求する部分だけ、面だしなどの機械的加工をするのですが、
そんな加工は全くされていません。

コレは鋳造段階で、非常に精緻な詰めが行われている証拠ですね。
ましてや取付けに際しての穴あけ加工をしてあるのですが、取り付け穴しかあけていません。
工業高校で実習をしたやつならわかると思いますが、コレがどれだけ難しいことなのか
もうこれを実習過程で、課題提出したら、3年分の単位が取れてしまうほど凄いものなのです。

大体単品鋳造品が、取り付けにおいて何の補正もされないまま付いてしまうし、
ましてや単純に逃げを作る為に、平板のスペーサーを入れるだけで、ガタやゆれが出ない、
ましてや体重が掛かるところなのに、変形が起きないのがものすごい。

スタイルとしては古いフリスコスタイルの焼きなおしながら、これがポン付けでできてしまうのですから、
今までにない画期的な製品だと思います。

まあ、スタイルの嗜好性としては、オイラのカフェレーサーもどきのCRJとは真逆の存在ですが、
単純なスタイルパーツとしては、恐ろしく手の込んだ、手間の掛かったパーツですね。

っま自分がつけるかつけないかは、好みの嗜好性の問題ですが、
それと価値観は別物で、製品として良いものは良いと言わなければなりません。
世の中こんなもんを作っちゃう人がまだまだいるんですから、驚きですね。

値段にしても本来ものには「相場」ってものがあって、納得できる金銭価値ってモノが存在
するのですが、こんな金も手間もかけておいて、良く商売になっていると驚きです。
だって確かにモノはよいけど、これじゃ商売にならないでしょう?(笑。
なんかE/Jさんの男の意地が見え隠れする、そんな一品ですね。

コストダウンを考えれば、結構安く作れてしまいそうですが、この精度とクオリティを維持するのは
不可能でしょう。
今の日本では、一様に安ければえらいみたいな感じがありますが
(まあホームセンターに勤めていて言えた義理じゃないのですが 笑)、
物の値段って、ある程度の値段以下では、もうほとんどが使い捨てレベルであることは事実だと思います。
せっかく苦労して買ったバイクを、更にカッコ良くしようとするのに、値段だけのゴミみたいなパーツは
つけたくないとオイラは思います。

オイラがだんだん純正部品を多用するようになったのは、そのオーバークオリティと思える位の
品質の部品が、ゴミみたいな値段で手に入るため、一人喜んでやっていたのですが、
実際問題、新品で注文するとその値段は、恐ろしいものになってしまうのは、当然の品質だからでしょう。

オイラの場合、身体的問題で(膝が壊れているので、両膝とも曲がらない)バックステップも
無理なので、このステップをつける機会はありませんが、
このステップに出会えた方は、幸せだと思います。
だってこの値段で一生もんですからね。
[PR]
by jyai883 | 2013-01-18 23:18

楽しそ~~~う

こう言うところは、アメリカ人に勝てないな~(笑。
楽しそう~~~~う!。






[PR]
by jyai883 | 2013-01-18 20:13

配線カッ~~ト!

え~お引越し準備も着々と進み、家の中ごみ屋敷状態のオイラです(笑。

もう今日はタイトル通りなのですが、もうこの問題は、25年前スポーツスター購入直後から
始まった問題でした。

国産だと細かい電装品は、大概個別にギボシで接続されていることが多く、
まあ面倒くさがらなければ、あまり考えずに交換できてしまうことが多々あります。

そのつもりスポーツスターに乗り出して、当時はそのダサさに最初に換えてやる~と思っていた
ウィンカーの交換の日がやってきました。

当然配線は追いかけますが、4速スポはリアフェンダーの外でテールランプサーキットと共に
左右のテールランプは、カプラ一つでハーネスに接続しています。

っでコレで終わり・・・おい!。

散々考えて、当時やっと手に入れたマニュアルの配線図ともにらめっこして、
ん~~~~~~とうなりながら、右手にニッパを持ち、パツっと行ってしまったその日から、
普通に配線をカットできるオイラになりました(笑。

まあ切るにあたっては、その後の接続以外にも、使用する状況も考えて、どこでも切っていいわけではないので、
無闇やたらに切ればいいってもんじゃありませんが、ほとんどコネクターやカプラで接続されていて、
修理交換ではなく、カスタムの交換では、「また」があることもあるので、
接続しやすい状態にオイラはしてしまったりします。

そういえばフロントマスターシリンダーを変えたときは、スイッチはボックス側にあるため、
使用する国産マスターはスイッチがマスター側にあるため、考えてノーマルスイッチ接点から
半田付けでコードを出してマスターに接続。
ノーマルスイッチのボタンは、マスターシリンダーでゴム板挟みこんで殺していました、
最後は面倒になり、配線をカットして、平端子で直接配線してしまいました。

そういえば友人の1200Sがキーをなくし、キーシリンダーをディーラーに持ち込むことになり、
「コネクターで外して持ってきてください」と言われ、見せてもらいました。
っが実際はイグニッションスイッチ配線は、メインハーネスから直に生えておる。
時間も迫ってきたので、見ていたオイラがニッパで切り落として持ち込みました。
まあ先では、「これだからシロートさんは困るんだよ」言いながら、受け取ったらしいですが、
後日実際の担当メカニックから電話があり、「あれビューエルと勘違いがあり、1200Sは
切らなきゃだめですね、ありがとうございます」と言われ、友人のバイクは無事キーもできて、
オイラは雨の当たらない、タンク下でコネクターで接続しておきました。
これなら、次の時はそのまま外してもっていけます。

レギュレーターの交換のときなどは、問答無用でレギュ側で根元から切ります(笑。
とりあえずレギュ本体を外して配線を残し、それに新しい配線をつないで、そのまま引き込んで、
交換したりします。
まあ途中のインシュロックは切っておくんですけどね。

さっきとは違う1200Sの友人は、オイラが上げた4速用スクリーミン レーシングモジュールを
つけるべく、ドイツカプラのコネクター根元で配線を切りました(笑。

ご存知の方はわかるのですが、昔の4速のモジュールはワイヤーハーネスが全て直に生えています。
っで、モジュール交換は=点火系ハーネスの交換だったわけですが、今の常識的に考えれば
モジュールを接続するドイツカプラから端子を外し、モジュール側コードを切って、
端子をつけて再び接続するのでしょうが、オイラは面倒なので、全てそのまま半田で接続して、
収縮チューブで被覆してもらいました。
部品を集めるわずらわしさより、手軽さを取ったわけです。
まあご意見は色々あるでしょうが、オイラは自分のバイクにリセールバリューなど求めませんから、
手軽ですが、確実な方法を選びます。
ここが職業じゃないところですけどね。

ディーラーなどで作業を見せてもらうと「あ~なるほどね~」と思うこともあります。

ウィンカーなどは接点が見えないので、コネクターで交換したのかと聞くと、
友人のディーラーメカニックは、ここですよとウィンカーのレンズの中を見せてくれました。
ウィンカーの中で配線をカットして、中で接続しているのです。
なるほどこれなら外から見えないのでいいかも知れないと思い。
オイラもまねをしました。

他には、半田付けで接続せずにピン端子と言う細長い端子で接続して、ソコをそのまま収縮チューブで
被覆してしまったりしています。
半田より手軽で、確実ですね。

オイラは配線を切る時は、なるべく元に戻す気がなくても、戻せるような位置、また見えずらい位置で
切るようにしています。
まあ確実な作業さえすればドコでもよいのですが、ノーマルに戻しやすい状態を作っておくと、
後々次に戻すことが無くても、次のカスタムの時にやりやすく思うからです。
細かくコネクターで換えられる所を、わざわざ切る必要はありませんが、まあカットしなければ
いけない状況になったときにも驚かなくてすみますね(笑。

ただし重要事項として、配線カットの前作業として、必ずバッテリーの接続は外しておかないと、
思わぬシュートが起こってしまうので、忘れないでくださいね。
[PR]
by jyai883 | 2013-01-16 21:43