<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

物を作ること

昔、音楽をやっていた時、友人のカメラマンに、「音楽やってるやつは大変だよね~
俺らみたいにソコにあるものを切り取るわけじゃなくて、何にも無いとこから始まるんだから」と
言われたことがありました。

この経験はその後、25年も経ってCRキットの開発で、同じような経験につながりました。
同じデザインを違う車体につけることは、全くゼロからの開発と変わらないくらい、
デザインとそのバランスに苦労させられました。

それでも完成して、驚きと共に仕上げを任され、できあがったときの喜びは、
今でも強い印象として残っています。
その感慨は今でもガレージに行くたびに、もう3年の月日が経っているにも関わらず、
思い起こされます。

今友人が、生みの苦しみを経て、新しいキットの販売を始めました。
1つはステップのセットアップキット。
1つはありそうでなかった、スリップオンのピーナッツタンク。
どちらもリジッド5速までの専用ですが、そのこだわりと身上は、見ていただければ解かるでしょう

このタンクを見たときは、正直カッコイイと思いました。
ただこのタンクをつけて、どう車体周りをバランスさせるか、タンクによって支配されるスタイルバランスは
難易度が高いかも(笑。
それでもこの画像が素直に着けたいと思わせるものです。
オイラ的にはリアフェンダー外してレーシングシートつけてみたい。
c0063859_8421844.jpg

初回の販売は、フルキットと言って良いくらい親切なもので、かつ驚きの低価格で販売されるそうです。
c0063859_844222.jpg


ステップアップキットは、こだわりの鋳鉄鋳物肌。
オイラが求める方向とは違いますが、ちょっと猫背でアーバンクルーズするなら、
フォアコンよりカッコイイ。
だって日本人がフォアコン使うと、前から見たらヤッコ凧みたいなんだもん(笑。
こちらのキットも無理なくノーマル部品が使用できるよう良く考えられています。
c0063859_8473821.jpg


興味のある方は上段のアドレスにアクセスしてみてください。
モノを仕入れて売り散らかすなら、わけなく価格の問題だけですが、
ゼロから作り出したパーツは、やはりそれなりのお値段で買っていただきたいと思うのは心情。
今回の価格設定は、オイラが見ても大丈夫?って思うほどの、ロープライス。
きっと自分が掛けた手間隙の分だけ赤字なんだろうな~(笑。

がんばれE/Jカスタムプランニング

EJさん>勝手に応援させていただきます。
不都合がございましたら、削除させていただきますので書き込みしてください。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-30 08:59

こんなことを書いちゃうと

皆様に申し訳ないのですが、今のオイラの経済状態はどうかというと
はっきり言って貧乏です(笑。
まあコレはオイラ個人でってことで、今は奥様の実家に住み、奥様も職業婦人(なんだこの古臭い言い方)
なので生活は成り立っておりますが、鳶の頃から比べれば、日給で半分、実質月収で45%にとどまって
いるので、ぎりぎりと言えばぎりぎりですね。
それでも髪結いの亭主は収入0でしたから、それから比べれば100%割り増しですが、
BOT時代に比べると、年収1.5倍ですからどんだけあの頃は貧乏だったんだっテ話です。
別に貧乏話をしようって訳ではありませんが、金がないと必然タダで出来ることを考え始めるので、
コレはコレで面白く、実はブログのネタも、そんなときの方が面白いんではないかと思ってしまいます(笑。

先日、ようやく貯まったお金でタイヤ交換し、記事を書きましたが、これとてタイヤの選択は、
ある意味経済的な問題もあっての選択でしたが、どうしてどうして、中々面白い感じになったので、
金が無いのも悪くないかと。
もう生活に余裕があれば、間違いなくそのまま同じエイボンのロードランナーを履いちゃったでしょうから、
オイラにとっては非常におもしろい出来事でした。

あれ以来、金かからない遊びとして、暇さえあればタイヤメーカーの諸元表を見ているのですが、
タイヤの選択幅を増やすと言う理由で、リアを18インチ化した場合はどうなるかってことですね。
リア18インチと言うとオイラはどうしてもクラシックレーサーを思い浮かべてしまいますが、
オイラのスポーツスターが履いているホイールは3.00インチなので、それで適合を
探すと意外と少ないことが判ります。

3.00適合の18インチリアタイヤはいくつかありますが、だいたい130幅でタイヤ外径は、
16インチタイヤより、20~30mm上がることになります。
コレは多いか少ないかと言うことになりますが、リアサスで1インチほどアップするのと同じですが、
実際にはタイヤはつぶれるので、ソコまでではないものの、車高は上がることになるでしょう。
しかし面白いのは常にそうなるとは限らず、3.00ホイール用のタイヤは、なぜか扁平率も
低く(履く車体とのコンビネーションが設定されているせいですかね?)、BT45Hでは、
1mmしか変わらないので、その辺はちゃんと調べなければなりません。

もっともよりホイール幅の設定の低い、タイヤ幅の狭いタイヤでは状況は違います。
大抵の18インチリアタイヤは、ユーロピアンな車体設定がされているのか、最も多い2.50
リアホイール用のタイヤは、110幅前後のものが多く、この辺のタイヤが外径は、
670前後ですから、車高もガッツリ上がるようです。
前後バランスにもよりますし、荷重設定にもよりますが、オイラがもし前後で
AC03、04のセットで履いたとすると、タイヤ外径だけでは、前後20mm以上上がることになりますね。
スポーツスターのリム幅を細くして、19、18の細いタイヤで走ったら、全く違った走りが
見えそうです。

まあ宣言どおりリア18インチ化はしないのですが、中々面白そうです。
っと書いてよく考えたら、うちにあるじゃん、正にその設定のタイヤを履いたバイク。
そういえばCL400はそんな設定のバイクでした。
そうか~あの車体に50馬力くらいのトルク型エンジンが載るなら、かなり面白いかも。
わざわざVツインかシングル500かで変わるでしょうが、面白いことには間違いないでしょう。
ただ車体側のセッティングしだいで、乗った感じは立ちの強さがでてきそうなので、
その辺は注意が必要に思いますね。

そういえば昨今シングル500の発売がうわさされるハーレーダヴィッドソンカンパニー。
上のようなトコを狙えば面白いけど、そんなことは無いんでしょうね~。
なんかマーケティングと企業原理優先みたいな、感じだけど、また没るんじゃないだろか?。
だってシングルはハーレーダヴィッドソンのアイデンティティじゃないし、それじゃただの
バイクメーカーに成り下がるのか?(笑。
情報源はこちら
ひょっとして閲覧できなければ違うサイトにブラストの再来?って
記事があります。

これじゃあブラストの再来?。
エリックおじさんがハーレーを離れた理由の一つに、コイツのハーレー転用があったって噂も
あったけど、まんざら噂だけじゃなかったってこと?。

ちなみにビューエルブラストの諸元表はこちら
[PR]
by jyai883 | 2012-06-29 10:28

タイヤをつけたら

次は走らなきゃ~・・・走れてないし(笑。

よく考えたら、うちにあるバイクはあらかたタイヤ履きかえてますね~。
うちに以前あった3台のハーレーは、全てエイボンのAM20,AM21ロードランナーでした。
そのフィーリングが普通だったのですが、
今やブリジストンにダンロップ、原付はDURO、エイボン履いてるのは、
現在冬眠中の奥様号だけ。

しかし考えようによっちゃ~、25年も前に出たロードランナーがすごかったのか、
それとも今のタイヤ屋さんの技術がすごいのか、どちらもオイラにとっては
同じように走れてしまう。

本当に今の技術で、昔のパターンなら、少なくとも古臭いハーレー乗りは、
みんな食いつくと思えてしまいます(笑。

現行のハーレーは、今っぽいパターンの今のタイヤを履いていますが、
ここ40年くらいのスパンの車体が、ごっちゃに走っているハーレーダヴィッドソン。
ちょっと位は今の技術の昔のタイヤがあってもよいかも知れません。

しかし本当に今のタイヤ屋さんの技術ってすごいですね~。
これなら、いきなりハーレー乗っても普通に走れてしまう。
タイヤの違いは、4速に乗り始めたときに、いきなり洗礼を受け、
買って1月で履き替えましたから、奥様のD401に乗ったときは、普通に走れるじゃんと思って以来、
そしてこぞってスポーツスターがブリジストンのBTを履きだして以来、
判ってはいたものの、やっぱりタイヤの進化もすごいんですね~。

今だったら何履いても、はずれはないかもしれませんね。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-27 20:13

ダンロップみ~つけた

グッドイヤーダンロップユーロにありました。

http://www.dunlop.eu/dunlop_euen/mc/tyres/on_road/K82.jsp

TT100と同じパターンの16inのユニバーサルタイヤ。
でもな~加重指数は59だし、少し細いんだよね~4.60だし。
でもどうやって買うんだ?。

コレならやっぱりエイボンのロードランナーユニバーサルかな(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-25 21:48

ハーレーのホイールイメージ

オイラにとってハーレーのホイールは、フロントで19、21、16inの3種類、
リアに至っては16inの1種類しかイメージにありません。
19、16のスポーツスター。
19、16のFXビッグツイン。
21、16のFXビッグツイン。
16、16のFLビッグツイン。

しかし実際に乗ってみると、その重さ以外は皆同じように乗れてしまうものでした。
フレームもエンジンも、重さもホイールベースの長さも、当然タイヤサイズも、
ホイールサイズも違うのに、皆一様に同じように乗れてしまいました。
21inのチョッパースタイルであっても同じなのです。

オイラにとってコレは酷く不思議なことでしたね。
ここまで違えば、国産だったら全く違う操安性になって当たり前ですが、
ハーレーでは逆に異なったサイズのホイールを履きながら、異なった数値により、
一様にニュートラルな癖の無いハンドリングになっていることが、驚きでした。

以前スポーツスターの乗り方で戸惑った時、ビッグツインにのって見方が変わったと
書いたことがありますが、スポーツスターに比べ、乗りやすさだけなら、
ビッグツインそれもFL系の方が上と、今でも思っています。

与えられたコンセプトにより、確かにその走りに違いはありますが、
根本的な部分は皆同じなのは驚きですね。

今の多彩なラインナップが以前と同じような、共通性を持っていればよいのですが、
ホイールサイズが異なるように、乗り味も変わってしまっていたら、ちょっと残念に思うでしょうね。

スポーツスターに乗っても、ローライダーに乗っても、同じように乗れてしまうからこそ、
そのエンジンの違いや、異なるコンセプトが際立ったように思います。
スポーツスターとファットボーイなど全く異なったコンセプト、フレームからエンジン、
何から何まで違うのに、その根本的扱いやすさやハーレーらしい走りは共通に
感じました。

ハーレーダヴィッドソンと言うバイクの走りは、全てのモデルに同じように感じられるものでしたから、
スタイルで選んで乗り換えても、自分の走り方の変化に合わせて乗り換えても、
安心できるものだったと思います。

以前からハーレーの部品の共用性は、日本では驚きですが、同じ部品を使いながら、
全く違うバイクを作り出してしまうことも驚きでした。

全く違うコンセプトのFLとXL。
それを合体させてしまったFX。
フレームで先祖がえりを果たしたソフテイル。

それでもそれぞれの個性を保ちながら、同じように走れてしまう。
逆にコレは同じような走りの中に、エンジンの違いやコンセプトの違いを際立たせる、
非常に凝った作りこみだったように思います。

翻って、現在のハーレーダヴィッドソンは、多彩なデザインで、そのラインナップを飾っています。
その走りはどうなんでしょう?。

ここ10年は試乗等をしたことがないので、現在のハーレーは解かりかねますし、
視覚的な想像だけで話をしたくもありません。
ましてや現在のモデルに不満を持っているわけでもありませんが、
あの時と同じように、今もそうあって欲しいと思っているだけなのです。

そのエンジンフィールがより洗練されたものになっていることは、垣間見たことがあります。
ツーリングモデルがより発展していることもよく分かるし、FXモデルのカスタム化は、
多彩でデザイン性の高いものでしょう。

しかし乗ったときの安心感が、あの時のままであって欲しい。

ただの文句いいではありませんが、半分ジジイに足を突っ込んだオッサンの戯言でございます。
そうじゃなかったらハーレーである意味がないではないですか。
オイラの中のハーレーダヴィッドソンは、どの時代も普遍なのですから(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-24 18:52

今日は・・・休み

ですが、子供と遊ぶ約束をしてしまったと~ちゃんは、バイク跨いで遊びに行けん(笑。
最近は不定休なので、日曜日に公休が当たる事はめったにありませんから、
仕方ないですね。
こんなときくらい子供をスクーターに乗せて遊びに行きます。

うちの娘は、車やバスだと「酔うから嫌だ」と言いますが、バイクやスクーターには乗りたがります。
友人にもらった、自分用のピンクの星が付いたヘルメットをかぶり、オイラの前に座ります。
でも4年生、さすがに最近はでかくて邪魔なので、後ろに座らせたいのですが、
「ここは、あたしの席」くらいで、頑として前に座ります(笑。

CLなどは当然後ろですが、このときはリュックを背負わせ、そこにベルトを通して、
娘を背負わないと、こやつ帰る頃には寝やがるので、危なくてしようがない。
タンデムで寝やがるのは、母親譲りらしいですね。
(奥様も寝やがるので、ファッツの時はバックレスト外したった 笑)

年頃になったら乗るかどうかは判りませんが、タンデム専門なのか、実際にデビューするのか、
どちらにせよ、ちゃんと教育せにゃならないと、思っております。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-24 07:52

明日も・・・雨か?。

このところ週に3~4日は、雨が降ってる東京地方。
オイラの通勤カッパも・・・酸っぱ臭い(笑。

24年度出欠は、大盛況でありがとうございました。
また出遅れました~!っって方は、どうかこちらにも書き込んでください。
ネットでこんなことしてますが、883に乗ってる以上は、絶対にどこかでお会いできると思っていますから、
お知り合いは、多いと嬉しいです。

さて、タイヤには色々な思いが、それぞれの方にあることを教えてきた頂きましたし、
同じくバイクや、ましてやスポーツスターにはオーナーの数だけ思い入れや、憧れがあり、
それが具現化していることがわかります。

って言うよりハーレーってバイクは、シンプルにスポーツスターとビッグツインと言う
異なる2大イメージがあるので、わかりやすいし、それぞれを否定できるものでもありませんね。

ここ数年のハーレーの車体を見ていると、オイラはふと「何か違うな?」と思うことは、
よくありました。
まあ新車には年々興味が薄れては来ていたのですが、スポーツスターは日本ではRが
残されているものの、ショートショック、ローライズ化されてきたあたりから、
冠されている「スポーツ」の部分が不明瞭化してきているような気がしますし、
ハーレー全体では、ホイールの多サイズ化は、スタイル重視なのか、機能重視なのか、
オイラにはよく解からない感じでしたね。

今年面白いな思ったのは、72とFLSの登場でしょうか。
どちらのモデルも古いハーレー乗りにはなじみやすいスタイルです。
72は以前あったハガーやCを彷彿させるし、FLSはチョップドFL的で、ファットボーイの登場を
思い起こさせますが、オイラ的にはなぜ今なのかがよく分からないですね。
ノスタルジック回帰はハーレーのカスタムの常套手段ですが、
なんか今回は、単純な先祖がえり?とか思えてしまうのは、オイラだけですかね~。
72のコンセプト画像内にあった、ドラッグバーの画像など、どう見てもスモールタンクの
‘98XLHCにしか見えないのですが・・・。

FLSも太っとくしてしまった、ソフテイルのリアタイヤを、わざわざ細く戻して、
確かに細かいチョップフェンダーやハンドルはオリジナルですが、コンセプト的には、
まったく以前のファットボーイのように思えます。
その軽快さは、オイラにとっては乗ってみるまでも無い、かつてから知ってる「ハーレーダヴィッドソン」
でしょう。

妙にカスタマイズされてしまった「ハーレーダヴィッドソン」のSTDへの回帰なのか?、
それとも悪あがきなのか?(笑。
まあオイラ的には悪くない方向ですし、ウィンカーインストップランプも、年式によって独自のランプを
使用してきたハーレーならではと思って好感が持てます。
(もっともカスタム化して、あえてテールランプをつけるには、面倒くさそうですけど 笑)

んん~どこへ行くんですかね~ハーレーダヴィッドソン。
機構的なインジェクション化に伴う、集中的な電子制御は時代の流れですが、
コレがハーレー!って各々の個性が戻ってくるんでしょうか?。
今のは何かオイラにはよく解からないし(ツーリングモデルが1番魅力的ではあるのですが)。

もしジェネレーションがあるとするならば、オイラは旧世代の人間ですかね。
っまオイラはそれでいいと思っておりますが(笑。

少なくと今のオイラには「これ、欲っしいい!」って思わせるものが無いのは残念です。
今まで、‘89、‘91、‘97と3台のハーレーを手元に置いてきましたし、
‘97にはファッツを出して、S1購入を真剣に考え、その後も出物のS2がディラーに戻るたび、
本当に迷った頃を思うと、今の72などはカッコイイと思いますが、欲しいかと聞かれると
その金額で、古いのを買ってしまいそうですね。

最近は古い車体もよく見かけますが(今年の関スポなどは、今までのラバーの多さより旧エボの方が目立ちました)、
みんな、ハーレーが持ち続けている時代時代のアイデンティティは、どこかで感じているんでしょうね。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-21 21:40

今日・・・

仕事の帰り道。
信号待ちで、路肩に止まってる郵政カブを何気なく眺めていると・・・。

リアタイヤは今風のブロックパターンで、フロントタイヤは縦溝・・・?。

・・・?同じじゃね?・・・オイラの4速883と(笑。

そういえば同じブリジストンで、特にコレと言って履けるタイヤが無かったため、
リアはBT45のHにしましたが、実はどうも45は気に食わないので、
履きたくなかったのです。
まあ食わず嫌いもあって、実際走ってみるまでは、あまり気に入ってはいなかったのですが、
走りに関しては、今はOKです。

もっとも嫌いだった理由がもう一つあって、実はリアの溝のパターンなのですが・・・。

何かこのパターンが・・・

c0063859_19483299.jpg


にやけた人の顔に見えてしようがね~(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-20 19:53

すげ~

なんか皆も少しはタイヤに、意識があるんですね。
まあ4速乗りか、5速初期ですけど(笑。
今でも残ってるTT100GPとACって数少ないハイグリップコンパウンドを使った
クラシックパターンのタイヤですが、SRなど18inホイールのが多かったので、
そちらにサイズがありますが、さすがにハーレー乗りが欲しがるとは、
メーカーも予想できなかったでしょうね。

潜在需要掘り起こそうよ、不況だしメーカーさん(笑。

DUROとかマキシムとか古いパターンタイヤに需要があることは事実なので、
ここは日本メーカーもがんばらないかな?(笑。

信頼ある国産タイヤで、安心して走れて、かつカッコよければこれ以上なことはないですね。
正直オイラも前後BT45履かせるのは、少々腰が引けてしまったのが、本音です。
ハイグリップならBT39でしょうが、これまた現代的なスリットパターンで、
完全に想定外でしたが、よいタイヤで、スポーツ走行には必ず選ばれる機能性は、
捨てがたいものなのは事実です。

コンテンポラリーなものを全部否定しませんが、比較的クラシックスタイルなハーレーには、
機能的な部分だけではなく、ルックスも重要なので、その辺の考慮もお願いしたいものです。

オイラ、エボのFLソフテイルに、F19inはめて、グライドフォークのまま、
フロントAC,リアTT100だったら、カッコイイだろうな~と思ってしまいます。
ソリッドのブルーでシングルサドルでボブフェンダー。

あれ?それってワイドグライド?。
[PR]
by jyai883 | 2012-06-19 22:28

ニューシューズ 3

24年度出欠は取り続けていますので、どうかコメントをお書きください。

そういえば、今回のタイヤ交換にあたって、色々調べたのですが、結局選択の基準が、
そこそこのタイヤで、且つ履けるサイズでってことだったんですが、
ものすごい勢いで、2輪タイヤが縮小してることに気づきましたね。
特にバイアスの細いタイヤなんか、レアとか製造メーカーに言われちゃってるし、
エイボンなんかも以前はサイズが豊富だったロードランナーも、ベノムXに主軸を移したらしく、
普通にショップカタログにWEBで出てくるのは、Fが90/90/19、Rが130/90/16くらい。
以前はF19だけでも、100/、350/、90/でしたから選べたもんですが、
今は選べない。
他の外国製タイヤ、ミシュランやピレリ、メッツラーも主軸が完全にラジアルに主流が移ってるし、
パターンも現代的。
コンチネンタルに至っては入るんだかどうだかも怪しい(笑。

振り返って国産を見ると、もうハーレーはコレを履いてくださいみたいに限られています。
それでもバイヤスでクラシックタイヤも作り続けていますから、ダンロップのTT100GPや、
今回履いたアコレードなど、GPコンパウンドやバトラックスと同じコンパウンドを使用しながら、
似合いそうなタイヤもあるものの、フロント19インチは良いとして、リアの16インチはまるでなし。
変なタイヤは履きたくないので、Hレート以上でそれなりのタイヤで探しても限られてしまうので、
いっそのことBT45にしてしまいました。
最後までダンロップのK300GPと迷ったのですが、ここはメーカーは揃えようよ言うことで
決定。

しかし性能的に満足できて、クラシックスタイルに似合って、ハーレーも前後で履けるサイズが
あればコレに越したことはないのですが、今更日本のメーカーさん1サイズだけ作りませんかね~?。
ブリジストンだったらAC02,ダンロップだったら」TT100GPで130/90/16。
TT100なんて前後共用みたいなもんだから、古めのハーレーだったら機種を問わず、
性能目当てに履きそうですけどね。
スポーツスターだったらACの03、04ではなく03、02のコンビの方が、スポーティーで良い様に
個人的には思います。
またパターン的には、メーカー違いですが、フロントAC03、リアTT100GPも捨てがたいかもしれません。
4速の頃の純正K181をGPコンパウンドで出しても良いかもしれませんね。

もっともニーズ的にはありそうですが、メーカーが今更そこに力を入れてくれるとは思えないし、
日本の2輪市場そのものが縮小傾向なので、まあ実現はしないでしょうね~。
オイラ的には思わぬニーズを掘り起こすことになるように思うのですが(笑。

だって国産ビッグバイクを見ない日はあっても、ハーレー見ない日は無いくらいですから、
純正の401や402ばかり履きたいとは限らないし、みんなが峠でBT39や45を履きたいとも
限らない。
みんなが価格で中国製タイヤに満足できると思わないし、パターンや性能だけで、
ユーロタイヤで満足できるとは限らないと思うんですけどね。

意外とバイアスの高性能クラシックパターンタイヤで16、18、19、21で揃えて、
ユーロや北米で売ったら、日本も含めて古くからのバイクファンが買っちゃったりして(笑。
これもマニア狙い?。

c0063859_20275237.jpg


追記

え~どうやらオイラがタイヤのサイズ表示のタイヤ総幅とトレッド幅を混同している事に
気づきましたので、ここで訂正いたします。
今回装着したAC03ですが、総幅100でトレッド幅109ってことですね。
総幅は文字も含めたタイヤの幅で、トレッド幅は、タイヤ表面パターンの差し渡しの幅らしいですね。
ついでに別パターン、のAC01にも350/19のサイズがありますが、トレッドは3mm狭いものの、
外径で2mmほど大きかったので、つけてたらフェンダーに擦ったかもしれない(笑。
大人しく45履いておけってことですかね(笑。

[PR]
by jyai883 | 2012-06-18 20:20