<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

明日は雨か?

折角DUROを原チャリに履いたのに、どうしてもバイクに乗りたくて、
だからと言ってCRJを引っ張り出すほどの距離でもないしで、
ここ2日は「スポーツスター乗り」でCL通勤でした(笑。

変な表現ですが、キックの始動を失敗すると、「裏に入る」みたいな感じで、
中々掛からないCLですが、まあ最近は慣れてきたので、無理やり掛けてしまいます。
最近は早番が多いので、昨日も今日も早朝出勤。
暖気は近所迷惑なので、早々にチョークのまま発進し、戻しながら走ってゆっくり暖気。
なんかまんまスポーツスターみたいです。

乗っての違いはブンブン回るエンジンと軽い車体。
ハーレーでは軽量のスポーツスター、その中でも5速883より軽量な4速スポーツスター。
でもそんなスポーツスターより格段に軽いCL400.
何せシリンダー1本ありませんから(笑。

ただどうもうまく走れないのは、オイラの腕のせいでしょう(笑。
実際に乗ると2速から下が高く、3速から上が低めのギアに感じ、
2~3のシフトアップに軽く違和感があるんですよね。
ぶん回してつないでいくとそうでもないのですが、とっとこ走って、ギアでスピードを上げいくと、
なんとなく2~3が長く感じでしまいます。

2では平気で発進できますが、3では無理。
まあCRJならちょっと半クラ当てれば、3でも平気で発進してしまうし、
ファッツの時は3速でも普通に発進してましたから、さすがはハーレー。

CLも乗っていると最初はノーマルでいいやと思いながらも、
もう少しとっとこ走れるといいな~とキャラにないことを求めてしまいます。
ならばSRにしろって感じです(笑。

それでも90年代のバイクながら、F19、R18で当初は立ちの強さを感じましたが、
ハンドルをFTRに変えて以降は、すっかり素直だし、
スポーツスターもコレくらい軽いと楽しいな~と勝手なことを思いながら、
通勤してましたね。
まあディアルパーパスっぽいスタイルでバイクらしい形をしている、
この変なバイクに乗っているのは好きですね。

面白いのに何でこんなバイクが1ロットで販売中止になっちゃうんだろうなと思うと、
そこになんとなくバイクの市場の盛衰があるのかもしれませんね。
乗って面白いバイクと売れるバイクは違うし。
かっこいいバイクと速いバイクは違うし。
欲しいバイクと買えるバイクは違うし(笑。

一番いいのは、面白いバイクと欲しいバイクと買えるバイクが一致すれば良いのですが、
中々それも難しい。
オイラは幸いそんなバイクにめぐり合えていますが、
そこに経済の話が入ってくると、メーカー側は売ること考えちゃうから、
中途半端になってしまう。
そう考えると、1ロット1000台で販売をやめてしまったことは、ある意味潔いかもしれません。
限定と言う言い方は好きではありませんが、とりあえず面白いのできたから、
100台だけ作って売ってみるような商売も、これからはありかもしれません。

そんな条件がそろってしまった事実をオイラは見たことがあります。
ポルシェ924のデッドコピーと悪口を言われた初代RX-7でしたが、
発売されるやいなや、街中にRX-7が走り回っていたのを覚えています(笑。
本当あの時はいっぱい走ってましたね~。
2000年前後以降のハーレーもそんな感じでしょうか。
オイラが乗り出したときなんか、同じ883を見たことなかったですもの。

まあなかなか「こりゃ面白いや」ってバイクに当たることは少ないので、
オイラは幸せもんですかね。
まあ「面白がってしまう」ってこともあるのですが・・・。

そして最近ふと気づいたのですが、オイラが通勤に被ってる金色のヘルメット。
実はCLにはゴールドのタンクが当時あって、そのマッチングヘルメットを実は、
被り続けていたのです(笑。
安くてよさそうなヘルメットと言うことで、当時ホンダ純正カタログから買ったものですが、
いないでしょうね、今時CLのりながら、マッチングヘルメット被って走ってるやつ(笑。
メットはもうぼろぼろですけどね。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-31 21:33

ではDURO

昨日は通勤原チャリ持ち込んで、いい加減履き倒したノーマルタイヤを替えてきました。
ただスリップサインは出ているものの、溝はまだあって、我慢すれば30000kmくらいまで
行きそうだったノーマルタイヤでしたが(車体はスペーシー100)、気持ちが悪いので
替えてみました。

「どうせ通勤なので、安いやつでいいや」と言ったら、最近ホンダでも純正指定している
DUROを履かされました。
最近ちょっと話題の台湾タイヤ。
ハーレーが履けるサイズまであり、価格も安く(うちのは前後で1諭吉でおつり、たぶん定価)
正直どんなもんかいなと履いてみることに。

乗った印象は普通。
別にコレは揶揄しているわけではなく、ノーマルタイヤがあまりに酷かったため、
ほめ言葉でもあります(笑。
軽い感じだし、倒しこみも軽く、グリップもしっかりしている。
直線ではやや落ち着かないのは、スクーターのホイールサイズと軽いがゆえの、
全体の柔らかさかもしれませんね。

通勤では大した距離は乗りませんが、オイラは良いと思います。

じゃあ実際にハーレーに履かせてみるかと言うと、これは実際に履いてみないと評価できません。
先に履くか履かないかの選択があって、事実は履いてみてからでしょうね。
ハーレー用のラインナップは、オイラが好きそうなパターンがR16にないので、
選択するかどうかと言われれば、しないでしょうね。
ただF19の方には、中々オールドパターンがあるので、いいかもしれません。
後は履いてみないとわからない(笑。
誰か履いてみて、実際に高速走行したら教えてください。
たぶんストリートユースなら何も問題はないと思えるので、コレでR16にかっこいいパターンがあれば、
ゆっくり走るならいいかもしれませんね。

バイクのタイヤの選択肢も、どんどん狭くなってきてるし、F19より、R16それも130/90は
意外と減ってきていますから、いよいよなくなって来たら、しょうがないので、R18にして
110でも履きます(笑。

太いタイヤはあまり好きではないし、ケツがでかく見えるの好きではないので、
スリムなスポーツスターの後姿くらい、しゅっとしたいです。
乗ってるオイラが「ぬりかべ」みたいですから(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-29 20:52

今日一日

実は今日は公休日ですが、例の雷雨注意報が出てるのと、午前中に母親の用事を
済まさなければならないので、CRJはお預け。
原チャリはタイヤ交換に出しているので、CLでお出かけ。
母親の用事はすぐ済むのですが、せっかくCL出したので、ノーグローブ、ビーサン。
ついでにTシャツ一丁で、遠回りしてオイラの買い物も済まします。

っで母親の家にお届けものをしたら、頼まれごとで叔母の家に行くことになり、ついでに
ひとっ走り。

どうも気分が優れないので、イメトレで「ブラックレイン」を見ていたら、
一転にわかに掻き曇り、3時前後に土砂降りの雨で予報的中。
娘がずぶ濡れで帰ってきましたが、1時間ほどで止んだので、犬のおしっこと、
娘の買い物。
それが済み次第、タイヤ交換の終わった原チャリを引き取って、晩飯を作ったら
本日は終了しました(笑。

通勤原チャのタイヤ、ノーマルはすげ~硬い中国製でして、ドライ路面でもウェット見たいな感覚で、
実は減りきった今が一番調子が良かったのですが、さすがにスリップサインがばっちり出たので
交換しました。
その距離なんと24000km。
なんちゅ~硬いタイヤだ(笑。
今度は何でも安いやつで良いと言ったら、期せずしてDUROを履かされました。
お~、明日からが楽しみです。

そう言えば今度の日曜が公休日なので、早起きツーでも行こうかな。
オイラのルートはトラックロードなので、休日の方が走りやすい。
883で走れたらいいな~。
っま疲れてなかったら・・・。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-28 19:15

戯言

いや~4月中から、5月中旬まで忙しくて、バイクに乗る暇なかった。
まあ毎日通勤で乗ってるって言えば乗ってるので、走る部分は、
妙に満足してしまっているけど、ハーレーに乗りたい度は、100%不満足なので、
どうしたもんか?。

意外と休みに用事が出来るし、雨が降るし、疲れて寝てるし、
よっしゃ!って気にならなかったのも確かです。

全てのことが遅延気味で、先に今日通勤用原チャリのタイヤ交換とオイル交換に出したものの、
CRJの方は未定。
まだタイヤの注文も出来ないでいるし、大体初めてのセットでどうなんだかな~?って
感じはありますが、面白いから履いてみようと思っています。

今回選ぼうとしているタイヤは、BSですが、普通ならBT39かBT45V。
それもBSはご丁寧にハーレー用として用意されていますが、オイラの選択はいずれでもありません。

取り合えずリアはBT45を履こうと思っているのですが、VレートではなくHレートの
ただの45。
どちらにせよそこそこグリップすれば、ご機嫌なオイラだし、あまり強いグリップはフレームの
よれもあるし、馬力もないのでそんなもんでしょう。
フロントの選択は、注文できればAC03にしようと思っています。

非常に古いタイヤで確か27年前の発売でしたが、いわゆるアコレードと言われるタイヤで、
センターとサイドのコンパウンドが異なります。
今回はそれのSR用に用意された、100/90/19が入れば選ぼうかと。
パターンは直線リブに細かい横溝がある感じで、一見昔のカブのフロントタイヤみたい。
まあ縦溝大好きで、オンボロバイクですから丁度いいかも。
本心はリアに、TT100見たいパターンがあれば、そうしましたが、履くためにリア18in化が必要(笑。

今回は25年ぶり、883では初BSですから楽しみになのですが、
どうせタイヤをやるなら、ついでにFフォークのオイルシールもやっときたいし、
オイル交換もしたいし、それはそれで物入りですが、何時になる事やら?。

実はアコレードの発売は27年まえですが、オイラは履いていたことがあります。
車両はGB250クラブマンで、タダで履きました。
もともとクラブマン用とSR用として発売されましたが、隣のバイク屋で遊んでいたら、
社長にBSの営業マンから電話がかかってきて、ホテルでやる発表会に展示車両を出したいから、
タイヤやるから、貸してくれって話になって、貸し出しました。

当時のオイラのクラブマンは、ブルックランズのシングルシートにバーエンドミラーのみの
ライトカスタムなノーマル車体。
今回選ぶ03とは違うAC01と02のセットでした。
古臭いパターンに「リヤカーのタイヤ」と揶揄されましたが、ブリジストンの文字を金色に
ペイントされて帰ってきました。

その時の印象は可もなく不可もなく、サイドはバトラックスで、バンク時は安定して、
センターは耐摩耗性を重視した設計だといわれましたが、今なら普通のタイヤですね。
変な挙動もない素直なタイヤで、価格も安く、まあオンボロバイクでもパターンが合うかなと
いう選択ですね。

あんまりのんびりしてると梅雨突入ですから、気張らねば。
しばらくぶりに仕事してるので、張り切りすぎでしょうか?。
はたまた歳のせいか、疲れが抜けけませんね。

次の休みには883でのんびり走りに出たいものです。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-27 21:37

何でスポーツスター乗り?(笑

っと最近つくづく思うことがあります。
CRJ(4速883)に乗ってる時は全く意識しないのですが、
CL400に乗ってる時は、強くスポーツスターを意識します。
なぜか?。

何もかもアンシンメトリックなスポーツスターはともかく、CLはステップの位置もちゃんと
左右対称に配置されています。
ハンドルをFTRに換えてからは、ニーグリップもあまり意識しないで乗れるので、
軽い車体と相まって、気軽に乗れるのですが、ふっとタンクから足元を眺めると、
苦笑してしまうのです。

左の膝は無意識にタンクに密着しているのですが、右ひざは無意識に外に向かって
開かれたまま(笑。
そう何にもないのに、スポのエアクリ分足が勝手に開きます。

さすがに四半世紀も同じバイクに乗ってると、こうなっちゃうんだ~と変に関心してしまいます。
そういえばハンドルを換えただけですが、出来上がったポジションはまるでスポみたいだし、
最近はサスのセッティングも「もう少し柔らかいと、極楽だな~」と思うのも、
スポの乗り心地が頭にあるため。

もう身も心もスポーツスター乗りなんだと意識せざるを得ない状態です。

まあ自分の人生の半分近くを、同じバイクで過ごしてきていますから無理もありませんが。
コリャ今更他のバイクにはいけないのかもしれないと思ってしまいます(笑。
ビッグツインに乗っているとそうでもないのですが、オイラにとっては、
スポーツスターは正直、無理やり乗ってる感が強いバイクなので、意地になって乗っていたら、
こんなんなってしまったって結果でしょう。

何が無理やりだって思うでしょうが、オイラにとってはやっぱり少し小さいのです(笑。
でもカッコよくて、そのバイクに乗りたくて、今だに乗り続けているってわけです。

c0063859_8133842.jpg


※ あなたのスポ画像は随時募集しております。
非表示でコメント欄にメアド頂ければ、こちらよりメールをお送りしますので、
そちらに画像を送ってください。
その際、年式、排気量、アピールポイントもお願いします。
画像はJpegでお願いします。
(画像掲載希望コメントは、管理画面で入るのでドコの記事でもOKです)

尚、非表示のコメントの情報は、取得後責任を持って速やかに削除します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PR]
by jyai883 | 2012-05-22 08:11

今日は晴れだか、雨だか?

人の日記の転載ながら、ボリュームと内容から、ちょっとひと段落な当ブログ。
今日は公休ですが、天候が急変するので、1日自宅待機状態でした(笑。

異常気象のように言われますが、この時期の天気はめまぐるしく変化し、
突然の大雨や、突風が吹くことは、外仕事を長くしていると良くあることでした。
現場仕事は30年近くやっていましたが、偶に出くわすこんな天気には難儀しましたね。

オイラが鳶になった最初の年に思い出深いことがありました。
まだ鳶の仕事がよく分からない最初の年の4ヶ月目。
丁度牡丹桜の頃。

風呂屋の解体現場に煙突足場を掛けに行きました。
高さ15m+。
枠足場にして10段。
足場そのものは午前中に半分終了残りと四面にシートを張るだけです。
量的には楽勝の早仕舞いコース。
そこで昼飯になり、食事に出ると大雨。
それも1時になると見越したように雨はやみ晴天に・・・。

ところがここからが大変で突然の突風が吹き荒れます。
後で知ったその日の最大瞬間風速は25m/s。
時速に直せば90km/hです。

応援が3人とオイラの4人、あまりの風に親方に電話をするも「今日だけなんで何とかしてください」
の一言。
まあ腹をくくればなんとかななるのが普通ですが、なんともならない(笑。
何とか足場を上げて、シートを張る段になると、さらに風は強まり、
縦に3枚つないだシートは、1/4を留めた瞬間、長さ15mの一反木綿になって飛んでいく始末(笑。
仕様がないので絞り込んだシートを下げて、4人で1段づつ張込んでいったことを覚えています。
結局風の様子を見ながら、6時までかかって作業を終え、帰る頃には風もやみ、
何事もなかったように夕焼けを見ていました。
帰りのバスで酷く疲れていたことを覚えています。

まあ日にちのない現場仕事では、稀にこのようなことがありますが、
後にも先にも、長い現場生活で、緊張したのはこの時ほどはなかったでしょう。

もっとも煙突足場は四方を囲むため、倒れる心配はなかったですが、強風の中帆をかけるようなもんで、
突風が吹くたびに、体ごと持って行かれるのは参りました。
ただシートごと足場をつかんで、耐えるしかない状況でたった10段4スパン12枚+1枚のシート貼るだけで、
3時間って、どんだけ時間かかったんだろうと思います。
普通なら一人でも2時間くらいですから。

この時期突風が吹く度に思い出す、いやな思い出です。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-18 21:40

みんなのスポーツスターを見てみよう番外、ミッション組み立て編 エピローグ

c0063859_2129743.jpg
c0063859_21292021.jpg
c0063859_21293127.jpg

まずバッテリーを充電します。
無負荷端子電圧を測定すると12.5Vでした。満充電が100%だとすると67%ぐらいでしょうか?(取り扱い説明書参照)
とりあえず定電圧(14.5V)で2時間半充電しました。
取説の一覧表には充電率何%場合何Aの充電器では何時間充電するとあります。
本来MFバッテリーはこのように定電流充電法が指定されています。
僕が自作した充電器は自動制御で定電流充電が出来ません。
自動制御では定電圧充電しかできません。これだと充電が進み満充電に近づくにつれ充電電流は少なくなっていきます。
定電流充電をしようとすると15分に一度ぐらい電流値を調整しなければなりません。面倒なので定電圧充電としました。(実際バイクに搭載したときの充電はこの定電圧充電です)
ちなみに右からDC電源装置、充電器、電流/電圧測定装置です。

充電している間に二次駆動側を組み立てます。

マフラーは純正1200S用です。
ヤフオクで入手しました。ピカピカでほぼ新品と言っていいレベル。
サイレンサーの品番は65171-98と65177-98です。


c0063859_21324467.jpg
c0063859_21325693.jpg
c0063859_2133113.jpg

今まで付いていたサイレンサーと比較してみると全然違いますね。
長さは旧486mm、新522mm
EXパイプ外径(サイレンサーとのジョイント部)旧44.9mm、新44.4(若干細い)
サイレンサーの内部径は測定道具がないので正確にはわかりませんが適当な大きさのソケットを入れてみると新旧とも同じ径のようです。

このマフラーバンドの形状はいいですね。しっかりした作りです。ボルトも太くなってます。

さて1200S用マフラーの試乗インプレッションです。
率直に言うと「本来このマフラーが付くべきなのでは?」と感じました。
よく消音されていますし吹けも鋭いです。
3速3000rpmで車速は63km/hぐらい。ココからアクセルをドン!と開けたときの加速が鋭いです。「おおお?!ちょっと待て!」という感じでガンガン加速していきます。
バイパスパイプの有無の違いはありますが排気管の径はほぼ同じ、サイレンサー容量の違いだけ。
旧サイレンサーは内部の隔壁に径12mmの穴を一つ開けていました。ですから単純な抜けで言えば旧マフラーのほうが抜けが良かった。マフラーは抜けのよさだけが問題ではないという事ですね。

ミッションですがタッチは良くなりましたね。もちろん2速シフトアップ時ギア抜け(入り不良)も起きません。
ただ、もうちょいシフトのストロークが小さくなるかと思ってましたがあまり変りませんね。構造上仕方ないのでしょう。
変速装置各部のストロークが大きいという事は加速距離(助走距離)が長い。という事は衝撃が大きい。よって各部のダメージが大きい。
ではどうすばいいか?
優しく丁寧に操作するしかないということですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実はミッションの組み立て時に、ノーマルのエキパイが腐食で終わっていた記事がありましたが、
とうとう1200S純正品を手に入れたようです。
1200Sの純正エキゾーストは、非常に良く出来ていて、容量も十分だし、静かでトルクフルに
走りますから、うるさくないノーマルルックのシステムを求めるニーズにはもってこいだと思います。
記事の中でエキパイの直径の違いにも言及していますが、確かに1200S用のサイレンサーを
4速のエキパイにはめ込むと結構きついのですが、数値的な確認もしていますね。
実際の作業では、この0.5mmの違いは、実際は叩き込むことになります。

ご本人のコメントにもありますが、楽しく走っているようですね。
オイラがこのマフラーに気づいたのは、‘02くらいの頃ですから、もう10年ほど前ですが、
パーツとしてはそろそろ中々手に入れづらくなってくるかもしれません。

今回で番外ミッション編は終了します。

レポと画像を拝借したX1号さんには、深く感謝いたします。
仙台の方なので、去年の3・11の時は心配しましたが、1年後にこのようなレポが上がったことを
うれしく思います。

そして根気強く、当ブログに来ていただいた皆さんにも感謝いたします。
ありがとうございました。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-16 21:44

みんなのスポーツスターを見てみよう番外、ミッション組み立て編 6

さてミッションオーバーホールの最後は、嵐の後から始まります。

青文字はご本人のコメントです。

c0063859_2173696.jpg
c0063859_2181190.jpg
c0063859_2183010.jpg

まず養生を取り外します。
屋外保管でビニールを掛けその上に車体カバーも掛けてますが昨日のような嵐では不十分です。
昨夜はいつも通る道路が冠水して通行止めになってました。

クラッチのレリーズベアリングを交換します。
純正指定は6200ですがクラッチ操作のたびに軸方向にも力が加わるところにラジアルボールベアリングを使うのは間違いです。
スラスト方向とラジアル方向どちらの過重も受けられるアンギュラボールベアリング7200を使います。
c0063859_2193149.jpg
c0063859_2195518.jpg
c0063859_2110925.jpg

さて、プライマリーカバーをつけようとすると入っていきません。
よせばいいのにプラスチックハンマーで数回叩いてしまいました。
それでも入りません。
外してみるとシフターレバーシャフトのブッシュがギタギタです。
ミッション側のブッシュは問題なかったのでこちらも大丈夫だろうと思ってましたがダメでしたね。
ストレートリーマーで削ってクリアランスを調整しなければならないようです。こんな事はマニュアルのどこにも書いてません。クリアンスは何mmが適切なのかも書いてません。
ストレートリーマーも持ってないのでリューターの砥石で削ります。
またプレスでブッシュを抜き、少し削ってはシャフトに入れてみて・・・を繰り返します。
すんなり入るようになってからもう少し削ります。カバーに圧入したときに多少締まるからです。

一次駆動を組む前、もちろんチェーンスライダーやガスケットをセットする前にプライマリーカバーを仮付けしてみるのが正しいやり方でしょう。
ブッシュが嵌る部分のシフターレバーシャフトの径は12.65mmでしたので使うストレートリーマーは12.8mmが妥当でしょう。

ここまで作業してきて感じるのはやはり日本車とは違うという事です。
日本車ならばベアリングなどは入るところまでしか入らないようになってます。ハーレーは違います。まず外す前にどの位置まで入っているのか測定しておかなければなりません。
ですから入れるときも面倒です。少し入れては測定し、少し入れては測定しを繰り返します。


c0063859_21121046.jpg
c0063859_21123477.jpg
c0063859_21124827.jpg

無事にプライマリーカバーが付きました。
シフトレバーを仮付けしてシフターレバーシャフトの動きを確認します。
次にシフターレバーシャフトのオイルシールを取り付けます。
リップ部保護のためシャフトのスプライン部にビニールを被せます。オイルシール全体にオイルを塗りたくりシャフトに嵌めて適当なサイズの塩ビ管を当てて叩きいれます。


c0063859_2114013.jpg

プライマリチェーン調整スクリューをつけて、プライマリーチェーンを調整し、ステップをつけて、シフトレバーをつけて、ドレンボルトをつけて、クラッチレバー部を組立て、クラッチ本体の遊びを調整し、クラッチレバーの遊びを調整し、トランスミッションオイルを注入する。
今回はミッションOHしたのでとりあえず規定より10cc多く入れた。

とりあえずミッションO/Hはここまでです。
後はスイングアームピポットとRハブベアリングの分解点検を行います。
明日試運転できるかな?
あ!
バッテリー充電しなくちゃね。
5ヶ月ぶんなげったおん。(放置していた)
宮城県北部だと「ぶつけておいた」と言う場合もあるようです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GW中突貫工事のようにミッションの組み込みを行ったX1号さん、ご苦労様でした。
いや~ネット上でやり取りしていて、この話は何年越しだったかと思いましたが、
ミクシイに日記を上げておられましたが、こんなネタは限られた範囲じゃもったいないと。
こちらに転載の申し込みをすると、あたかも人事のように許可くださったX1号さんに感謝いたします(笑。
コレだけの画像とレポはネット上でも中々上がりませんから、少しは数少ない4速乗りの
テキストになることと思います。

実は日記にはまだ、エピローグがありまして、そちらも続けてあげますね。

なおこちらが分解編の1のアドレスになります。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-16 21:22

みんなのスポーツスターを見てみよう番外、ミッション組み立て編 5

ようやく1次ドライブの組み立てです。
でもちょっとその前に・・・。

青文字がご本人のコメントです。

c0063859_206612.jpg
c0063859_2062491.jpg
c0063859_2064591.jpg

両シャフトのガタを測定。
メインが0.24mm、カウンターが0.20mm。
どちらも規定値内です。
もっと規定値内でタイトなほうに詰めたかったのですが適当なサイズのスラストワッシャーがないので諦めました。
調整用ワッシャーのセットは余分に買っておいたほうがいいですね。同じサイズが2枚あると便利です。

シフトレバーを取り付けて全てシフトできるか確認します。
OKでした。明らかに遊びが少なくなりタイトにシフトされる感じです。

ステーターコイルを取り付け。
損傷していた配線は補修しました。


c0063859_208776.jpg
c0063859_2082616.jpg
c0063859_2084763.jpg

耐油性ゴム手袋の指部分を切り、ステーターコイルのコネクターに被せてこんな感じで養生しておきます。
もうちょっとゴム手袋の指部分が長いといいんですけどねー。


c0063859_2011169.jpg
c0063859_20113632.jpg

ベアリング交換のためクラッチをばらします。
そばにダイヤルゲージがあったのでセットしてみます。
0.7mm押すとCリングが外せます。

一次駆動一式を組み付けます。
エンジンスプロケットナットにネジロック剤を塗り210Nmで締め付けます。(僕が所有する最大トルクレンチの最大値)


c0063859_2013828.jpg
c0063859_20133426.jpg
c0063859_20135527.jpg

プライマリーカバーのシフターレバーシャフトブッシュも交換します。
プレスで抜いてプレスで入れます。
少し芯ズレしてますが致し方ありません。


c0063859_20151450.jpg
c0063859_20154721.jpg
c0063859_201634.jpg

今日は風が強いので組立て作業はしません。
ガスケットにシール剤を塗ってもそこに異物が付着したり、オイル注入時に異物が混入したりろくなことがありません。

で、プライマリーカバーを磨きました。
シルバーの耐熱塗装がみっともないです。
グラインダー、ポリッシャー、リューターなどの電動工具を駆使してこんな感じです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴールデンウィーク中、確かこの翌日あの嵐のような日が東北地方でもあったと記憶しています。
最後はその前日なのでエンジンは養生されて、プライマリーのポリッシュ作業になったと思いますね。
エンジンスプロケットのナットのトルクは、マニュアル上でも過大なもので、普通のトルクレンチでは
範囲外になります。
実際オイラの師匠は、足で締めてたし、オイラのバイクをやった隣のバイク屋の倅は、トラック屋まで
40kg/mまで掛けられる特大のトルクレンチを借りにいきました。

面白いのは4速の特徴であるプライマリーのフィラーキャップの取り外しに苦労のあとが見られることでしょう。
この変な形のスリットをもったこのキャップをあけるためには、色々苦労があるのですが、
オイラはズバリこの形にはまる3/8ヘッドのソケット工具を持っています。
マニュアル上では、このスリットの真ん中にある正方形の部分に1/2のソケットヘッドをはめて回せと
ありますが、実際に作業するとダイキャストのエッジがぼろぼろになります(笑。
L字の鉄板で工具を作ったり、19mmの要らない板スパはめたり、それぞれ工夫してるみたいですね。

ちなみにこの変なフィラーキャップは、かのVR1000と共通部品であり、
スポーツスターの中では、唯一4速エボスポだけが、エンジン部品を共用しています(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-15 20:29

みんなのスポーツスターを見てみよう 19

番外編は後3~4回掛かりますので、ここで1回久々に本編を挟ませていただきます。
今回ご応募いただいたのは不良アラ50さんです。
車両は‘98XLH883。

では画像とご本人のコメントです。

c0063859_18452665.jpg
c0063859_18455117.jpg


ご本人のコメント

1998年式883

改造箇所:ハンドルバー:ナイス!モーターサイクル ショートXRバー

       ホイール:2001年式に交換、OUTECH チューブレスキット施工

       マフラー:スーパートラップ2in2

       キャブ:FCR41+スクリーミンハイフローエアクリーナー

       点火系:クレーンHi-4、スクリーミンイーグルプラグコード

       前ブレーキ:2001年式の純正4ポッドに交換、前後ローターも2001年純正品

       シート:純正空豆

       タンク:社外2.2ガロン

       ライト:汎用ビンテージ風レンズ加工取り付け




中古で買った走行1万kmの883です。




ごちゃごちゃ付いてる1200よりも、これぞスポーツスターって感じの

シンプルさが昔から好きで、883にしました。




1200に比べて(周りは1200sばかりです)

力が無いとか、いろいろ言われますが、回して使い切れるパワー、たとえコーナリング中でも

アクセルがば開けで楽しめたり、軽く回るエンジン、少ない振動と熱など、とても気に入ってます。

今の所、ボアアップは不必要です。




チューブレスキットにより、さらに足回りに軽快感が出て(体感出来ます)、1200乗りの友人たちからも

「この車体、乗り味が軽い」と言われます。

FCRのせいで、ちょっとせかされる走りになりますが、それはそれで楽しいです。

購入してから3ヶ月で3000kmほど走りましたが、大きな不具合も出ず、オイルも全くにじまず、

いいエンジンだと思います。

今後はディメンションを崩さずに、前後サスをチューニングしたいですが、

私の腕では、猫に小判かも。

大事に乗り続けようと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オイラにとっては、パッと見、何の変哲もないごく普通のスポーツスターですが、
実は最近とんと見かけることが少なくなりました。
オイラの中のスポーツスターのイメージは、マフラーがハイアップながらこのようなシンプルなものですが、
テイストは80sのものですね。
ラバーマウントになってから8年、スモールタンクじゃなくなってからなら17年になりますが、
今でもスポーツスターらしい、ナイスなスタイルだと思います。
車体も吸排気を中心に、オーナーが乗り易いように手が入っていますが、
ベースの感じを大切にしていることが伺われます。
大事にしてくださいね。
[PR]
by jyai883 | 2012-05-14 18:56