<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日は晴れ~

巷はゴールデンウィーク突入でしょうか?。
オイラはゴールデンウィーク中、5/1の公休をはさんで、全開営業中なので、
最近は忙しく、更新が滞り気味。
天気がよさそうなので、どうか皆さんオイラの分もバイクに乗って楽しんでください(笑。

走るにはいい季節になりました。
いつの間にやら、どこからともなく舞散る花びらの桜の頃から、
ハナミズキの頃。
ツツジやサツキも咲き始め、絶好のツーリングの季節。

北海道もそろそろシーズンインしたみたいだし、

今月は前半に出が多く、後半余裕が出るので、オイラのシーズンは後半戦ですね。
今月の公休は、ものの見事に平日休ですから、また一人走りになりそうです。

もっともそろそろタイヤも替えたいし、次は長く履いていたエイボンをやめてBSを
履いてみたいと思っています。
なんかBSで走るのは‘90以来、ハーレーに履かせるのは初めて。
挙句に今回は変な組み合わせで、セット換えではないので、なおさらどうなるか?。
ちょっと楽しみでもあります。

あ~タイヤといえば原チャリのタイヤも限界なので、こちらも変えねば。
物入りの5月になりそうな予感もあります(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-04-28 19:43

明日は雨っぽい

明日はローテのお休みですが、雨っぽいので骨休みにしようと思っています。

それにしても先日の883のダイナ2ki(本国サイトで検索したらこう書いてありました)を
同時点火にしたら普通にエンジンが回りだしたのは不思議です。
コイルはおそらくキットものなのでDC6-5で独立点火専用とされているものですから、
じゃあ独立点火じゃなくてもいいじゃんってなことになってしまいます。

モジュールの交換として、‘98モデルから883はモジュールがタイマーカバー内に移動しているので、
同様の取り付けを行う2kiは、理にかなっていると思います。
また独立したコイルでも、理屈では同時に電流のシグナルカットが行われれば、同時点火同様に
火が飛ぶとは思いますが、そんなことした話は聞いたことがないので(わざわざ)、
この辺も検証できないでいますね。

2kiに関して信頼性や機能性など悪い話は聞いたことがありませんが、
実際には、モジュール側に問題が生じてしまったわけですし、独立点火のセットで同時点火を
させ続けて、今後どのような状態が現出するのか、予想も出来ませんから、
オーナーは、その点は不安でしょうね。

もっともタイマーカバー内にモジュールがあることは、熱的にはどうなのかなとも思いますし、
プロテクトはされているでしょうが、電気的なノイズは大丈夫なのかと要らぬ心配もしてしまいます。

結局常態に復したとはいえ、何にも解かっていないのが現状でしょう。
調整可能な装置は、一見便利に見えますが、オイラ的には面倒くさいので、
設定的に自分のニーズに合致していれば、オイラは固定設定の方が楽でいいですね。


前回記述のiの小文字について、環境依存文字を使用したため、
ウィンドウズ以外での表記に不明確な部分が現れてしまったことがあったように伺いました。
記述表記を訂正し、今後とも表記対し注意したいと思います。

[PR]
by jyai883 | 2012-04-25 22:22

本日のお題は883不調

っと言ってもオイラのCRJ・・・ではなくこちらの883
本日のお題は‘02 883、問題はオーバーヒート。
先日の関スポの時会って話をしたところ「バイクがちゃんと走らない」と言う。
半クラを使わないとまともに走らないし、吹け上がらない。
ミーティングの帰りも生き絶え絶えに帰り着き、あまりのヒートの酷さに交換したばかりのオイルは
シャバシャバとのこと。

ってなわけで今日の午前中に家まで来ていただきました(実はご近所でした)。
っで症状ですが、音を聞いた途端、普通じゃないように上下するアイドリングを聞いて、その時点では
あ~インマニの2次エアね~と決め付け、彼も知ってる友人の店に電話して修理を依頼。
一件落着、5分で終了~っと思ったのですが・・・、インマニの根元周辺は綺麗なもんで、
一応確認とエンジンを始動し、パーツクリーナーをたっぷりかけますがエンストしない。
・・・インマニ・・・じゃない?。

キャブはサンスラが組まれているがジェットはノーマルと言うことで、ハイフローと純正ジェットノーマルでは
薄過ぎと判断して、1度キャブをばらしてみる。
かなりブリーザーからの吹き返しが多いバイクで、掃除しながらばらしたが、ジェットはちゃんとサンスラが
組まれ、薄めの#160ながら問題なし。
但しトップケースのスロットルホルダー用のスクリューが抜け落ちていたのでそこは修正。
ジェットも一応手持ちの#170に上げてみる。
そう言えば前日「みんスポ」見ながら予習をしていた点火いじってる?・・・を思い出し、
早い進角で薄いガスはヒートのもとなので、一応ジェッティングを変えてみました。

再び始動するも症状は変わらず、相変わらず発進が困難な状態。
ん~っとエンジン周りを点検するとあちらこちら緩んでいるけど特に問題なし・・・っと
フロントのエキマニを増し締めしているとき・・・んん?。
なんとフロントエキゾーストパイプがぬるい?。
後ろがアッチッチなのに?。
すぐにフロントの圧縮と点火の確認、但し音は片肺っぽくなかったのですが、この時点で片肺確定。
確認の結果は圧縮はあり、取りあえず火は飛んでいる・・・けど弱い。


ダイナ2000iを組んでたな~と前後のプラグコードを入れ替えてみる。
今度は後ろが不発状態。
更に独立か同時か点火方法を聞いてみるも、オーナーは分からないと言う。
コイルも疑いましたが仕方なく設定できるはずのダイナ2000iを見るために、
タイマーカバーを外すと、そこにはセッティングチャートが貼ってありました。

その時点では同時点火だと思っていたオイラは(オーナーがみんなノーマルに順じているというもんで)、
チャートを見てみると意外とハイパフォーマンスに振ってあるチャートとシングルファイヤーが
ONしてることを発見。
試しに同時点火をONしてみると、何事もなかったようにエンジンは復活。
まあこうなった原因もわからないし、時間をかけてこうなったもんなので、オーナーは慣れで判断
出来なかったのでしょう。
全くフロント側が点火しないわけではないような感じだったので、音ではごまかされて判断
つけられませんでしたが、取りあえず常態に復したので大丈夫でしょう。
そりゃ~えんえん片肺になったりならなかったりしながら走ってたら、リアシリンダーがヒートしても
おかしくないでしょうね。

ミーティングでは冷えるとなんでもなかったのですが、やはり電装は温まった時点で出ることが多いので厄介です。

今後このまま大丈夫とも、ダメになるとも現時点では判断が付きかねますが、一応はまともに走るので
取りあえず様子を見てもらうしかありません。
まあお店も取りあえず予約してあるし(インマニガスケットではなく、キャブをいじったときに
熱硬化して破けたエアクリーナーのガスケットを買うために行ってもらいましたが)、
途中で調子悪くなっても、バイク屋に行くので試乗して調子を見てもらって、後はお店に
お任せと言うことで終わりました。

本人は予想に反したためやや混乱してましたが、まあ本当にコイルやモジュールが死ぬと
走れませんから、まあ大丈夫だと思います。
以前土手で見かけた不調な883は知り合う前の彼の車体で、突発的に症状は以前から
あったんでしょうね。
電気は見えないし、症状が他と被るので判断は難しいと思います。
後日の試乗報告待ちです(笑。

かわむらさん>たねやのドラ焼きはおいしく頂きました
[PR]
by jyai883 | 2012-04-21 17:08

ON ANY SUNDAY ・・・


タイトルは映画のタイトルですが、関スポはオイラにとって、まさにそんな感じです。

目的を決めて走ることをオイラは嫌いますが、ただ「そこに行く」だけで走ることは、
オイラにとって楽しいことです。
三浦あたりだと、そこそこの距離感もあるし、会場までの高速ルートは、珍しくほとんど防音壁の
ない、見晴らしの良いルートなので、季節の景色も楽しめます。

今年の、横浜から横須賀に連なる丘陵の色は、ピンクや緑、黄緑色に萌え、春の景色。
風は冷たく、日差しは暖かく、カウルをつけてからは100前後は平和な空間ですから、
ちょっと走るには良い距離とコースですね。

そんなとある日曜日の午前中。
少し走って、遠来の友に会いに、バイクを見、下らない話をしに行ける時間が、1年に1度くらい
あることは、とても有意義な、そして贅沢な時間だと思います。

オイラは6回目からの参加で、川崎、稲毛、三浦と行きましたが、適度な距離と場所のお陰で、
まさに「ON ANY SUNDAY」を楽しませてもらっています。

軽く給油や食事もふくめた、片道2時間弱を走り、2時間ほど知人と話し、そしてまた2時間走って
帰る、このなんでもない、ある日曜日の時間が、至福の時と感じます。

c0063859_2211340.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-04-16 20:49

第10回関東スポーツスターミーティング

今年も行ってきました、関スポ、但し相変わらず画像はありません(笑。

何時に出ればいいんだっけ?と、思いながら春コー各関係者のご努力もあるのではと、
7時に出発しましたが、少なくとオイラに関して全くの杞憂に終わりました。

まあそれより朝から微妙に腹ペコなオイラと本当に腹ペコなCRJにガスを突っ込むべく出発。
給油後、環七に出て湾岸葛西の高速入り口を目指します。
最近はETCの普及により一般入り口でせかされることもなくなったので、落ち着いて高速進入。
ルートは湾岸、横浜首都高、行きは北周りの狩場から横横、三浦縦貫道で会場入りの予定。
その前に横須賀PAでそばを食すため、ひたすら走ります。

最近あまり回さなかったのでやや重さのあるエンジンも20分も回せば軽くなる。
当初三桁に入れる予定はありませんでしたが、遅い車に追い越しをかければ、しばしば入ってしまいます。
エンジンは好調、それより原因不明のカウル周りのビビリ音を気にしながら、カウルの恩恵もあって
快適に横須賀PAにて朝食。
ここでダイナタンクの同じ4速乗りの方に声をかけられ、少々会話の後出発。

圧倒的な早さで会場到着、主催のてっちゃんに「早すぎ」と怒られる(笑。
そのまま入場するも、早すぎの入場のため、オイラのCRJはそのまま6列目のマーカーポジションに
置かれました(結局台数が少なかったため列は飛ばされ、ぽつんと佇んでおりました)。
そして今年はハプニングも続発。

前日の雨で、土の会場駐車場は、固く締められているものの表面はややヌルヌル。
移動中に何回かケツを振るものの「面白い!」喜んでるのはオイラだけ。
正直CLで来たほうが楽しかったかもと思っていましたが。
しょっぱなからスタッフのスポ1台が転倒。
カメラマンの餌食に。
その後も帰り際に2~3台倒れておりました。

まあそんなこんなで始まったミーティング。
今年は集まりもゆるく、オイラの感じでは300台前後のこじんまりした感じだったと思います。
集まる車両もここ何年かは圧倒的に多かったラバーマウントが目立つはずでしたが、
今日のラバーは48圧倒的、数的にはラバーとリジッドが同じくらいだったでしょうか?。
4速は相変わらず片手程度、今年はショベルも少なかったですね。

台数は比較的会場が遠くなったせいもあるかもしれません。
東京の東のはずれのうちから、川崎だったらうちから往復80kmほどですが、
今日の三浦だと全線高速で往復190kmほど。
まあ走る気になればショートツーですが、とくに目的もなければ億劫な距離。
その代わり西にずれたせいで、今まであえなかった静岡方面お方ともお会いできたので、
それはそれでOKでしょう。

うちに画像を頂き紹介させていただいた皆さんとも、リアルミーティングが出来ましたし、
見てみたかった車体も見れたので、楽しかったです。
春のミーティングは少し寒いくらいでしたが、久しぶりの息抜きが出来ました。

そして最後に「今日は車なんですよ」とわざわざ青いライダースを着た、関西方面の地下鉄関係者が、
じゃんけん大会でオレンジのTをゲットしていたことも、ご報告いたしましょう。

帰りは横浜あたりで風が強くのんびり帰ってきましたが、帰宅後犬の散歩に出ると、
幹線道路ではパンダカーと白馬の騎士が、せっせとギフト券を配っていたので、
幸いお世話にならなかったことはラッキーだったと思います。

っさまた明日から仕事ガンバろ~っと。

追記

結構少なく見えたけど、主催者側から参加台数504台とアナウンスがありました。

[PR]
by jyai883 | 2012-04-15 21:17

今日は雨

ですが、これから出勤です。
明日はいよいよ去年キャンセルになったレギュラーの関東スポーツスターミーティング。

雨は今夜半あたりまでらしいので、明日は出場する予定です。

会場であったら怖がらずにお声をかけてください。
噛み付きゃしませんから(笑。

それでは会場で。

そうそう明日は春コー最終日ですので、くれぐれもお気をつけください。
3年前オイラは切符持ちで参加しました(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-04-14 09:29

ハーレーダヴィッドソンの乗り方

21世紀になってからのハーレーの車体に関してはこんなことはないでしょうね。

スポーツスターに関して、特に883に関しては当初からエントリーモデルと言われてきましたが、
本当にエントリーモデルとして、乗りやすくなったのは90年代後半からだとオイラは思っています。

それでも前タイプから比べると、現行のラバーマウントモデルはさらに乗りやすく、違和感もなく、
あまり良いたとえには使われない「まるで日本車みたい」という表現は、ある意味その機能性と
操作性の高さを良くあらわしていると思います。

そもそもパーソナルモビリティとして、乗り方があるなど、今では信じられないことですが、
オイラなどは乗る前から「ハーレーはな、ハーレーって乗り物だから、普通のバイクだとおもっちゃダメ」
などと聞かされていたものですから、逆に乗り始めてから気が抜けたことを記憶しています。

もっとも4速時代は、それなりに扱いに対する注意点はありましたし、スポーツスターに関しては、
現在でもミッションに対する扱いの注意は必要に思える部分もありますから、
これは日本における特殊な事情かもしれませんが、あるにはあるように思います。

乱暴なシフトや頻繁なシフトチェンジに対して、4速時代はシフターも含めた全部、
5速から現在でもミッションギアに関しては、アメリカとの交通事情の違いもあり、
その使用頻度においてトラブルが発生することはなくならないと思います。

今でもまれにミッションギアにおけるトラブルを目にしたり、聞いたりすることがありますから、
この辺は使用状況と製品に対する環境対応にギャップがあると思われるので、
やはりある程度の注意と使用方法における考察は必要に思います。

バイク乗りにとってトラブルはないに越したことはありませんが、使用方法や扱いによって
コレがある程度回避できるのであれば、完璧な対応部品や機構がない以上、有効な手段
でしょうね。

エンジンそのものに関しては、一般的な扱いで全く、問題ないくらい信頼性がありますから、
エボ以降では、メンテナンススケジュールにしたがっていれば、大きなトラブルは起こりえないと
思っています。
ただカスタムを施されたエンジンに関しては、一般論は通用しないし、レーシングチューンに関しては、
当然使用頻度に関わらず、スタンダードとは全く違うメンテナンススケジュールが求められますし、
耐久性に関して、メンテ前提である程度無視されてしまうのは、仕方ないことですから、
乗り方や扱い方に関しては、オーナーの責任に負うところが大きいと思いますね。

オイラの古い4速でも、オーナーズマニュアルにでていた推奨最高エンジン回転数は
5800rpmと書かれていますが、実際問題一般公道では、ここまで回す状況はそうそうないし、
仮に回しても、リミッターが解除されていれば、悠々それ以上回ってしまうスペックも与えられて
いますが、やるかやらないかは、やはりオーナーの責任ですし、チューニングを施せば、
それ以上ですから、やはり通常の車体とはメンテナンスの仕方そのものが変更されるべきでしょう。
そもそもレーサーは1走行毎に分解メンテが前提ですから、同じような車体であれば、
さすがに1走行とは言いませんが、頻繁なメンテナンス、点検は要求されるでしょう。

オイラはそんなことが面倒なので、あくまでノーマルエンジンのままですが、
お気楽さをとるか、それとも秘めたる力に目覚めるかは、オーナー次第なのですが。

オイラの883のメーターは240kmまで切られていますが、明らかに過剰な数値ですね(笑。
だって実走ではメーターの針は180°しか行かないんです。
c0063859_9352361.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-04-13 09:36

シンクロニシティ

世の中同じようなことが同じような場所で、同じように起こることがありますが、
先日の花見の画像ですが、同じCRレプリカに乗るなべやんさんも花見に行って、
画像を撮りました。

っでそいつを並べてみたら大笑い。

c0063859_856644.jpg


同じようなバイクが、同じような場所で同じように画像を撮ってました。

500km離れているのに(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-04-12 08:56

日本と日本人を考える

どうも歳のせいなのか、50を過ぎてからタイトルのような考えが頭をめぐることが多々あります。

20代から30代にかけては、人とは?人間とは?という命題に思い巡らし、
インド哲学にのめり込みましたが、ある程度の答えを見出し、極楽ハーレー主義に転換して
いきました(笑。

ここに来て「日本と日本人」と言う命題は、オイラの中で大きなテーマとして存在し始めています。
よく戦前は・・・という話があります。
軍国主義で国粋主義で国家全体が、現在の北某国のようだったと。
しかしコレとて今のオイラには全く信じられないことです。

なぜならば明治生まれの祖父母達を見、戦前生まれの父母を見て育ったオイラには、
そのような片鱗は全く見て取れないのです。
戦争中の話を今亡き父に聞きましたが、当時学生の父からは、そのような覇権主義的な言葉を
聞いたことがありません。

昨今言われる自虐的歴史観など笑止と思えてなりません。
よく教育的な問題も指摘されますが、オイラが小学生になったときの先生方は、戦前生まれの方も多く、
子供と真正面から向き合ってくれたことが何より今のオイラを育んでくれたことと思います。

特にうちの、世代としては少々アナーキーだった父親を見ていると、酷く自由で、思い通りに
生きてきたように思えてなりません。
コレは中学生だった戦時中の話も含めてそう思えるのです。

現代ではよく失われたと思われる「日本人の資質」に対しても論ぜられてきました。
日本人は変わったと・・・。
しかし先年の大震災の折、そこには何も変わらない「日本人の資質」と、
「日本の在り方」が強く投影されたように思えます。

若い頃はインド哲学に頼りましたが、今は自分の思考のみで「日本と日本人」を考えています。
このとき外国人からの視点も有効な参考になると思います。

昨日ちょっと面白いHPを見つけたので紹介しておきましょう。
ここには外国人から観た古い日本人の資質が見えてきますが、去年の震災ではそれが決して
失われた過去のも性質ではないことを、オイラは思い知らされました。

外国人の意見を、ことさらポジティブな面を強調して語られるように思ってしまうのは、
日本人のネガティブな1面かもしれません。

http://homepage2.nifty.com/khosokawa/j-mind08.htm

この中にフランスの詩人リシャールの「告日本国」つまり「日本に告ぐ」と言う名文があります。
コレは大川周名によって格調を持たせるために口語訳されましたが、この中でリシャールは、
日本の7つの徳を麗賛し、だからこそ7つの義務を果たせと問います。
以下全文です。


「曙の児等よ、海原の児等よ

花と焔との国、力と美との国の児等よ

聴け、涯しなき海の諸々の波が

日出づる諸子の島々を讃ふる栄誉の歌を

諸子の国に七つの栄誉あり

故にまた七つの大業あり

さらば聴け、其の七つの栄誉と七つの使命とを

独り自由を失はざりし亜細亜の唯一の民よ

貴国こそ亜細亜に自由を与ふべきものなれ

曾て他国に隷属せざりし世界の唯一の民よ

一切の世界の隷属の民のために起つは貴国の任なり

曾て滅びざりし唯一の民よ

一切の人類幸福の敵を亡ぼすは貴国の使命なり

新しき科学と旧き知慧と、欧羅巴(ヨーロッパ)の思想と

亜細亜の思想とを自己の衷(うち)に統一せる唯一の民よ

此等二つの世界、来るべき世の此等両部を統合するは貴国の任なり

流血の跡なき宗教を有てる唯一の民よ

一切の神々を統一して更に神聖なる真理を発揮するは貴国なる可し

建国以来、一系の天皇、永遠に亘る一人の天皇を奉戴せる

唯一の民よ

貴国は地上の万国に向かって、人は皆な一天の子にして、天を永遠

の君主とする一個の帝国を建設すべきことを教へんが為に生れたり

万国に優りて統一ある民よ

貴国は来るべき一切の統一に貢献せん為に生れ

また貴国は戦士なれば、人類の平和を促さんが為に生れたり

曙の児等よ、海原の児等よ

斯く如きは、花と焔との国なる貴国の

七つの栄誉と七つの大業となり」(大川周明訳)

そして1960年、リシャールは当時の日本を見て、過去は失われたと嘆きました。

しかしオイラは先年、その全てが実は失われずに(表面的には失われたように見えても)、
脈々と日本人の根底の中には流れ続けていることを思い知りました。
政治が如何に混迷しようとも(まあ理想とビジョンを持ち得ないことが大きな原因だと思いますが)、
この国が、日本としてあり続ける以上は、このリシャールの告文は有効であり、
その責務をを負うものと思っています。

多くの尊い人命と財産を一瞬にして灰燼に帰してしまった大震災ですが、
多くの犠牲になった方々の冥福を祈り、傷ついた方々と寄り添いながらも、
そのとき見た「日本と日本人」のあり方は、少なからずオイラの目を開かせてくれたと、
感謝しています。

今年の桜を見ながら、このように思ったので、バイクブログながら書いてみました。

c0063859_9111637.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-04-11 09:16

春爛漫

え~予告どおり早朝からお出かけの予定が、2度寝。
普通に起きるも、娘をそのまま行けず朝食の支度。
奥様が犬の散歩から帰り、朝食後に少し考えるも、娘がまだ寝ているので待機。
子供の昼飯を奥様に聞かれ、結局昼までうちにいて、娘とホットケーキを焼き、
娘に食べさせる(あ~コイツはオイラの飯をずっと食ってるから、お袋じゃなく親父の味だな 笑)。
それでも「娘に行って来ていいよ~」と言われた昼下がり、CRJを引っ張り出して、
近所の桜めぐりに出かけました。

まずは最も近い水元公園。
ここは桜並木が有名です。
c0063859_15502921.jpg

こちらは江戸川堤につながる方。

そして公園前の桜並木。
c0063859_1552560.jpg

この並木は掘割沿いにあるため、適度にくねくねしてて、以前はバイク走りの恰好の道でしたが、
住宅街ゆえ、睡眠妨害された誰かがロープを張り、ライダーが転倒死亡した道です。

モラルの問題ですが、お陰で21~5時で2輪規制が掛かっていますが、
心無いライダーのマナー違反のつけですから、仕方ありませんね。
この時期一方通行のこの道は、路上駐車と渋滞でこの有様です。

そんなとこはさっさと抜け出し、(周り全部渋滞しているので、抜けるのも一苦労)次の桜を求めて
北上です。
コレは三郷あたりの江戸川堤に咲く菜の花。
c0063859_15585226.jpg


そのままオイラがいつも越谷に抜けるために使っていた裏道を使って、吉川市に向かいます。
近年ナビの発達とこの道の延長線上に「越谷レイクタウン」が出来てしまったため、
以前ほど快適な道ではなくなってしまいました。

そして吉川市の水路際にある、長い桜並木に到着。
c0063859_1623482.jpg

c0063859_1632388.jpg


この水路はこの先に連なる田園地帯に向けての農業用水路で、ちょっと前まではめだかも
いっぱいいました。

1枚くらいはCRJの画像上げても良かですか?。
c0063859_16281198.jpg

そうそう、この画像を撮る時に、背にしていたお宅の駐車スペースには、スーパー7が停めてありましたが、
個人のお宅ゆえ、画像は撮りませんでした。


周りが満開の桜の下だと、画像もほのかにピンク色に見えます。
c0063859_1695330.jpg


すげ~今日の記事はまるでブログみたいだ~(笑。
takkyさんが桜?・・・ゼロだよゼロっとつぶやいていたので載せてみました(笑。
寒い地方の皆さんは、これで一足早い春をお感じください。


追記

そういえば4月6日から春の交通安全週間でしたね。
15日が最終日で関スポの日。
皆さん気をつけて会場入りしましょう。
今日は1箇所路地にヘルメットおまわりさんを見かけて以外(当然帰りはそこを避けました)、
ほとんどおまわりさんを見かけませんでした。
今夜は飲酒の一斉検問か?。
[PR]
by jyai883 | 2012-04-08 16:11