<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

すごいです。

あなたもコレに乗って、永遠の旅立ちへ・・・。


[PR]
by jyai883 | 2012-03-31 07:59

久々の走り~。

ってなわけで、今月最後の休み、しかし月末の510日。
だが・・・、子供も友達親子と遊園地、奥様営業、こんなチャンスは・・・ない(笑。
ってなわけで、一月ぶりのオイル回し&リハビリで、4速883で走ってまいりました。

一月ぶりのお目覚め、取りあえずタイヤのエアチェックしてエンジン始動。
「誰だよ、今日はいい天気って言ってたのよ~」と毒づきながら、通勤防寒スタイルで出動。
十分暖気するも、やっぱり20W50は硬いやね~とか思いながら、走り出す。
最初の印象「ん?、重い」(笑。

3月一月は原チャリしか乗ってなかったし、ここ2日ほどはバイク慣れのためCLで通勤しましたが、
50kgほどCLより重いCRJは軽量といえども、金属の塊です。
バイクも自分も暖気走行しながら、取りあえず江戸川沿いを北へ。

特に決めているわけではないのでいつものコース。
満開の梅や早咲きの桜をながめながら、平日の510日。
ゆっくりと多くの大型トラックの中をのんびり走りです。

まあ思い切り走れないであろう事を予想して、シールドなしのオープンジェットで出てきて、
後で後悔することになるのですが、走り始めはのんびりモードでまずは野田へ。

ここでふと「茨城?」なる記号が頭に浮かび、そのまま野田を通り過ぎ利根川を渡り、
坂東市へ。
いつもの緑のコースは、まだ何も植わっておらず、トラクターがその準備中。
そのまま水海道へ抜け、川沿いのコースをいつもの逆に走りながら、大きなうまか棒を見に行きます。

もうこの頃は車も少なく軽快に走れ、茨城を走っている間中シールドをつけて来なかった事を、
後悔しながら、4速で走り回ります。
もう気になった重さもないし、エンジンも調子がいい、ミッションは・・・いつものごとくシフトのたびに
違う音がしますが(笑、特に違和感もなく問題なし。
ただチェーンが揺るんいるせいで、少々感覚が違うので、この辺は帰宅後調整。
コレ怠ると、またドライブスプロケのスプラインを舐めちゃう(笑。

まあそんなで無理なく走りながら石下に入り、そのまま筑波サーキットをまわって、帰ってきました。

ん~でもやっぱり下手くそになってるオイラ(笑。
燃費は23km/Lほど下道で走っているので、キャブも大丈夫そうです。

そろそろいろんなところにサインが見えてきているCRJですが、こうやって走っても、フォークもタイヤも、
いろんなところも、決定打が出ないので、手を入れるかどうか躊躇するところ。
っまお金もないし、だめにしてから交換と言うことで、楽しく走ってきてしまいました(笑。

いつも走るコースを逆に走ってみると、景色も走りも変わって面白いものです。
昼にはお天道様も出始め、すっかり春を感じる関東地方でした。

でもソメイヨシノは来週以降ですね。
[PR]
by jyai883 | 2012-03-30 19:16

久々の晴れ~

っで久々の連休・・・ですが、
子供は春休み突入(笑・・・この2日は子守&家族サービスで今日は上野動物園でした。

っまそれでも春とは言え、寒い日が続く東京地方。
上野の桜のつぼみも固く、たぶん開花は一週間先です。

ってことは満開は2週目くらい?。

関スポの頃は絶好調で散り際でしょうか?。

楽しみにしてCRJで参ります。

晴れたらいいな。

しかし今日の東京・・・揺れる・・・・・・・・・・・・。
[PR]
by jyai883 | 2012-03-27 20:05

いや~

すっかりサボっています(笑。

陽気はまだ寒いですが、すでに春なのでしょう。
体調が安定しないし、疲れ気味だし、眠いし(笑。
バイクも通勤で妙に納得してしまって、意欲が落ちてるし。
だからといって、片道10km、往復20kmの通勤にCRJを使うと、オイルがくたびれるだけで、
消耗するだけなので使いたくないし。
もっとも前後で走り回れば良いのですが、なかなかそう行かないし。

CLは通勤にも使いますが、なかなかCRJに乗れずにいいます。

昨日も走ろうと思いましたが、体調不良で寝てました。

まあ出来ればこれからは無理せずに付き合いたいので、いやいや乗るようなことは
避けるようにしています。

最近はできないことはできないと自分に言い聞かせて、なるべく、制限つきで動くようにしています。
自分の行動については、すぐにリミッターが解除されてしまいがちなので、
気をつけていますが、4速にレーシングモジュール組んじゃうようなやつですから、
自分のリッターは難しいですね(笑。

4/15の関スポには行く予定なので、古い友人やまだ見ぬ方々にお会いすることを、
楽しみにしています。
ただしオイラは降水確率30%以上では寝ていることにしているので、あしからず(笑。
[PR]
by jyai883 | 2012-03-23 09:06

XLH883  earlyEVO 4speedMODEL 4

ジーンズの世界にスキニーという言葉がある・・・

皮膚のように体にぴったりフィットしているさま。

いわゆる体のラインが見えるパンツのことです。

オイラはこの言葉が、この頃のスポーツスターにぴったりのように思います。

最小限の外装で、フレームとエンジンが覆われてるだけのモーターサイクル。

この頃はサイドカバーもなく、バッテリーもむき出し、まるで人体標本の中身のように、
フレームに全てのものがくくりつけられてるような様。

これ以上はメーカーとしてはそぎ落とせないくらいまで、シェイプされた構成。

もっともそこに使われるパーツそのものが、シェイプできてしまうので、そこがいじりどころ(笑。

バイクとはと言う問いに、コレで全てと答えたようなバイクが、この頃のスポーツスターでは
ないでしょうか?。

この同じスタイルは最後のショベルスポーツから、‘93まで続きます。
そして‘94から新しいステージに入り、この系統のスポーツスターは、円熟の時期を
迎えました。


c0063859_8235142.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-03-17 08:21

XLH883  earlyEVO 4speedMODEL 3

前回は面倒だったので画像だけ載せて放置してしまいましたが(笑、
少なくとも1985年の段階では、こんな感じで2台のバイクが同時に存在した時間です。
ハーレーのどこかの記事にも有名なショベルとエボのスポーツスターエンジンが、
同時にラインを流れているやつがありましたが、そんな感じでしょうか。

まあ車体周りはほとんど同じと言っていいでしょうね。
すでにブレーキ周りも変更されて同じになっているので、もう違うのエンジンだけ。
そのエンジンにしたって、多くが共通なので、ギアケースカバーからスプロケットカバーまでの
エンジン右サイドはまったく同じです。
当然エンジンが違うので、腰上はまったく違いますが、そういう意味ではクランクケースも、
違うことになります。

シリンダーやヘッド、ヘッドカバーは当然違います。
シリンダーもショベルの方が丸くて、いい感じ。
変なたとえですが、ヤマハのSRのエンジンとホンダのXR系のエンジンみたいな感じだと
オイラは思います。
それ以前とそれ以後、つまりショベルでも5速エボでもない部分もあります。
シリンダー右サイドのプッシュロッドからタペットブロックのあたりがそうです。

プッシュロッドカバーは4速ではハイドロタペットが採用になり調整しなくてもよくなったにも関わらず、
分解可能なものが付きます。
この辺は5速では唯のパイプになって、そのままでは外せなくなりました。
ショベルのタペットはソリッドなので、その辺は非常にシンプルですし、5速はケースにキャスティング
されてますから、ごつくないですが、4速のタペットブロックは、ビッグツインと同じように、
1ボルトマウントのごついものが付いています。
この辺はビッグツイン的でもあります。

それでもこの最後のショベルと最初のエボスポーツスターは、双子のように存在しますね。

細かいところがチョコチョコ違うのは、エボでもショベルでもふつうにあることだし、
エボ同士でもありますから、あまり気になりません。
Fウィンカーの付き方が違ったりしまうけど、印象的には同じでしょう。
コレには前記事に書きコしてくれてるKAZくんと一緒に走りに行ったとき、
彼は‘87、オイラは‘894速883ですが、乗り換えてコンビニに休憩に入ったとき、
お互いのサイドスタンドの位置の違いを知らずに、足で出せなかったので、二人で手で出して、
笑ったことがありました。
そんなこともハーレーの楽しみでもあります。

今はCRJにしてしまいましたが、‘86か‘87のドノーマルの883があったらいいな~と
今でも思いますね。
奥様に言うと「あんたは馬鹿か?」と言われてしまいますが、
ノーマルはノーマルで酷くスポーツスターらしくていいと思います。
がさつな感じはしますが、洗練されず、荒削りで、でもショベルより故障が少ない。
欲しい度合いは、最後の4速フレームのエボワイドグライドと同じくらいかな?(笑。

下の画像をまじまじ見てて、どちらのスポーツスターもオイラにとってはお気に入りですね。
[PR]
by jyai883 | 2012-03-15 16:22

XLH883  earlyEVO 4speedMODEL 2

‘85XLX61に訂正
c0063859_2113867.jpg


‘86XLH883
c0063859_2113469.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-03-13 21:13

XLH883  earlyEVO 4speedMODEL

って4速エボスポのことですが、何か?(笑。

エボリューションエンジンを初めて搭載したスポーツスターは、1986に登場しました。
ますは883が出て、それを追って最強のスポーツスター(ショベルスポの排気量を超えた)1100が
ラインナップされました。
この1100は‘88にさらに1200にボアアップされ現在に至ります。

結局このスポーツスター4速エボリューションモデルは‘86~‘90の5年間のみ生産され、
‘91からまったくのモデルチェンジと言っていい5速エンジンを積んだスポーツスターに
取って代わられることになります。

それ以前の長いショベル時代、その後の13年に及ぶリジッド5速のスポーツスターエンジン時代を
考えると短命と言えるでしょう。
同じように1200Sのツインプラグエンジンも5年で消えましたが、エンジンそのものはまったくの
5速エンジンですから、少々意味合いを異にするものと思います。

まあ‘85モデルとしてソフテイルの搭載エンジンとして登場した新時代のアルミエンジンを、
いち早くスポーツスターにも採用するために、急いで作られた過渡期のエンジンと言う思いが、
長い間ありましたが、色々考えるとそうでもないように思えてきたので、しつこいくらい
繰り返し同じような記事を上げようとしてるわけです(笑。

最後のショベルヘッドスポーツスターは、‘83モデルとしてXLX61ととも登場しましたが、
(61とは61cⅰ、つまり1000ccってこと)、4速エボスポーツと並べると、まるで双子のような
共通点を持ちます。
‘86モデルで比較する外観は、エンジンの右サイドで言えばヘッドカバー以外ほとんど同じ。
左サイドはプライマリーカバーデザイン以外、ほとんど同じと言っていいのではないでしょうか。
プライマリーカバーなどは、デザインが違うだけで、ガスケットが共用のため、
形状は同じなため、ビューエル最初のモデル、XR1000エンジンを積んだRR1000など、
4速エボ用のプライマリーカバーを使用したことは知られています。

また、‘83に新採用されたフレームは、小改修を繰り返しながら‘93まで使用されますが、
この10年間のスポーツスターは、ずっと同じ外見を保っていたと言って良いでしょう。

そういう意味では、アルミシリンダーのアイアンスポーツスター(変な言い方?)と言えなくもありませんが、
新規採用の機構もあり、そのパワープラントとしての信頼性も向上していたので、
レースなどでは、XRをいじるならエボいじれとアメリカでは言われていたそうですが、
オイラが知っている限りでは、ショベルの最後期から採用されたと言われるオルタネータによる
充電系の改善と、クッション程度とは言われましたが、ハイドロタペットによる動弁系のメンテフリー化は、
大きかったと思います。

ただしトランスミッションの弱さはショベル以来の弱点として継承してしまい、
シフターカムフォロアの形状変更も伴って、エンジンはハイチューンに対応できるも、
ミッショントラブルも増えてしまうような状態は、痛し痒しなところかもしれません。

それでもこの4速ミッションのギアの伸びは、5速ミッションでは継続されず、
いつまでも加速が続くような大またな走りは、大きな魅力でもあります。
ワイドレンジのギア比は、同じ状況をゆったりも走らせるし、キビキビとアクセルワークだけでも
走らせ、走りによってどのギアで走るかの選択もただギアチェンジをするのではなく、
走り方そのものを選択させるので、日常では面白いところですね。
逆にレースでは状況のギア選択があいまいになってしまうのでしょうが、日常では同じ状況を低い
ギアで走る場合と高いギアで走る場合では、同じ速度域にあってもまったく違うので、
この辺も楽しみでしょうね。

マニュアルで見る限りでは、‘86から‘87になるときに、カム、ギア比は変更されますし、
リアブレーキのキャリパーやラインも変更されます。
‘87から‘88ではフロント周りが一新され、キャブもCVに変更されるし、1100はさらにアップして
1200になります。

‘88から‘89では、CVキャブに加速ポンプが追加され、1200は2次減速比も変更されます。
最後の‘90ではリアフェンダーストラットが新デザインになり、ミッションのギア自体も更新されていました。

この頃のスポーツスターは、毎年前年と違った仕様になっていたと思いますが、この辺のアップデートは、
現行モデルでもありますから、ハーレーの特徴ともいえますが、
さすがに5速エンジンになったときは、同じなのは排気量だけと思えてしまうくらい、
違うエンジンになっていたので、やはりここを境に違うものだと思いますね。

逆に最後期のXLX61などは、オイラの4速エボスポーツと比べてどうなのかは興味のあるところですが、
この辺は未だに乗せて貰ってないので、比較できずにいます。
アイアンスポーツに乗ったことがあるやつをCRJに乗せると、アイアンっぽくもあり、
全然違うところもあると言う評価ながら、コレばっかりは自分で比較するまでは、
確定することが出来ません。

ハーレーは古い方が偉い的な考えもありますが、オイラは乗り始めたときの新車がたまたま4速スポで、
エボバッシングの最中乗り続け、現在に至っている特殊な状況なので、他と比較してどうというより、
それぞれの時代のハーレーは、まったく違うもので、それぞれの評価は時代の評価でもあると思うので、
比較するより、それぞれの良さや面白さを伝える方が、ポジティブな考え方だと思います。

そういう意味では、4速エボスポーツはとても80年代的であり、ふつうに乗る分には十分楽しい
バイクであることは間違いないでしょう。
ミッションの弱さは、ある程度扱い方の範疇になるように思いますが、扱い方があるバイクなど、
今ではほとんど見られませんから、コレもまた楽しんでしまえば、このバイクのことを深く知ることが
できるように思います。

c0063859_1811296.jpg


c0063859_21334811.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-03-11 18:03

もう長いですね~。(徒然にオイラがネット上にいるわけ)

オイラのうちにPCが来て、ネットの世界に入り込んだのが‘98。
ネット上にジャイアンと言うふざけたHNで徘徊を始めたのが‘00前後ですから、
すでに10年以上になります。

そもそもオイラのHNジャイアンは、25のとき仕事先の若い衆が(こいつら10代)、
本名じゃ呼び辛いと勝手につけたあだ名で、これをHNに使ったら、変えられなくなってしまいました。

HPを開いたのが‘01ですから、くだらないことを10年以上ネット上に書きなぐっていることになります。
「めだかとカレーとオートバイ」の3タイトルは当時ではほとんどありませんでしたし、
またHPそのものが奥様と共有でしたから、このタイトルになりました。


最初はSS-CLUBやスポーツスターオーナーズクラブ(ともに閉鎖)のBBSに居候を決め込んで、
わいわいやっていた頃は楽しかったですね。
みんな解からない状態から始まって、意見出し合って、みんなで問題解決してた頃でしょう。
見えない文字だけのやり取りですから、一発で答えなんか出るわけないですが、
解決できた答えは、みんなで共有して、自分のバイクにフィードバックできていましたね。

その頃の楽しさが忘れられず、自分のHPを開き、今日まで続けていますが、
ネット上のスポーツスターと言うキーワード一つで、これほど世界が広がることは驚きでした。
883に乗り出した頃は、ツーリングなどに出ても、同車種の出会いなどほとんどなく、
情報交換なども、限られた現実のコミュニティーやクラブ、ショップ内などでしか行われず、
共有するにはそこに参加しなければならなかったし、範囲も狭かったし、
このようなネット上の広がりは驚きに値します。

ネット上では多くの方と知り合うことも出来ます。
オイラはなるべく多くの方と実際にお会いしたいと思っていますが、遠方の方などは中々合う機会が
ない方もいます。
バイクは現実の乗り物ですから、実際にお会いして色々話もしてみたいと思いますので、
実際にお会いできる方とは、なるべく会うことにしていますから、関スポなどは良いチャンスです。

ネットを通して知り合う方々とは、スポーツスター乗り、またはハーレー、バイク乗り以外の
キーワードが無いため、余計なしがらみもなく、純粋にバイクだけでお付き合いできますから、
非常に気楽なお付き合いが出来ます。
そんな関係も素敵です。
相手がどんなに社会的ステイタスがあろうが、やばい世界にいようが、バイクを通せば、唯のバイク乗りで、
唯のモーターサイクルフリークです。

出会う皆さんはその部分に関して、みんな子供のように素直です。
なんだか公園で遊ぶ子供のように、ミーティングなどでお会いすることが出来ます。
そこには利害関係も、商売っ気もなく、子供の頃の宝物の見せっこみたいな感覚でしょうか。

そんな感じが好きで、機会を求めて、ネット上にい続けていますね。
距離的な意識をしないですものも、理由の一つでしょう。
絶対リアルなら会う事もない、遠方の方とも知り合えるのも魅力ですね。
北海道にも九州にも沖縄にもスポーツスター乗りの知り合いがいる。
この現実は、心を躍らせます。
それぞれの地で、それぞれの地方の環境で、違ったバイクライフを過ごしていることを知るのは、
楽しみの一つです。

それもコレも、自分でブログを開いていて、多くの皆さんが来てくれるおかげですが、
その向こうに垣間見ることができる、それぞれのバイク乗りの世界も魅力的です。
人それぞれ、誰一人として同じ世界が無いことに、その多様性に驚かされます。

そんなこんなでいつまでもブログをやってるわけです。

ラバーマウントが登場してから、何度か「もういいかな~?」って思ったこともありました。
情報としてはもう時代遅れであり、すでに役割は終わっているんだろうな~と感じたことも
ありましたが、古いブログやHPが閉鎖していく中、オイラくらい残っていて、くだらないこと書いていても
いいかな~と言う思いで最近はやっております。

「みんスポ」もそんな感じで始めましたが、尻すぼみですね(笑。
あなたのスポ画像は、現在も募集中です(笑。

まあそんなこんなで、のんびりやっていきますので、みなさんよろしくお願いします。

c0063859_912743.jpg

[PR]
by jyai883 | 2012-03-07 08:56

今年も

関東スポーツスターミーティングの季節が来ましたね。
去年は地震でレギュラーは吹っ飛びましたが、混んでるはずの夏の三浦で開催。
っが輪番停電に伴う操業日変更のせいかぜんぜん道は混んでいませんでした。

今年もてっちゃんのメッセージが上がったので、こちらにも載せておきます。

『第10回 関東スポーツスターミーティング』開催します!

今年も参加費から運用実費を差し引いた残額を、日赤を通じ被災地へ寄付させていただきます。
まだまだ震災復興とは言い難い状況です。
ミーティングが自分たちの楽しみのためだけでなく、
世の役に立てるように、皆様のご参加をスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

□開催概要
日 時 : 2012年4月15日(日) 10:00-12:00(雨天決行)
会 場 : 横須賀市 長井海の手公園「ソレイユの丘」多目的広場
参加費 : 1,000円(バイク駐車料金400円含む)
※おつりが要らないようご協力ください
※参加者には「参加記念ステッカー」を差し上げます(1台あたり1枚)

スタッフより
『関東スポーツスターミーティング』は、スポーツスター好きが集まって歓談したり、カスタムの参考にしあったりするだけの、イベント的なものが何もないシンプルなミーティングですが、ミーティング趣旨にご賛同いただいた多数の企業/ショップ様より、今年もたくさんのご協賛をいただきました。
今回は10回記念と言うこともあり、昨年同様のチャリティオークションに加え、ショップの出店や、チャリティラッフル等を予定しております!
現在も続々協賛品が増えております。どうぞお楽しみに♪(情報は確定次第、順次公表します)

末筆ではございますが、東日本大震災で被災された皆様の、一日も早い復興を願うとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

関東スポーツスターミーティング実行委員会

うちからだと全線高速、有料の乗り継ぎで着いてしまいます。


行くときは、スピードに気をつけて行ってくださいね。
大変気持ちよいコースなので、帰りの高速で900SSが捕まっていましたし、覆面も見かけました。
[PR]
by jyai883 | 2012-03-05 19:13