<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

地味だけど実はカフェレーサーブーム?

最近ほとんど業界としての、バイクブームには興味がなかったのですが、
ふと色んなメーカーのラインナップを見ていると、何気にカフェレーサータイプがあることに
気づきます。

グッチのV7、ドカのポールスマート、トライアンフのスラクストン、最近はカワサキのWまで
ビキニカウルにシングルシートでなんとなくBMのR90Sにダブるようなコーデとカラーで
見せてきます。
ハーレーだってメーカーレーサーに近いXR1200がラインナップされているし、何気にこれって流行り?、
みたいな動きがありますね。

BMだって旧型Rのカフェスタイルが、日本のカスタムショップによって人気が出てきていますから、
(お陰で相場がやや上がり気味 笑)人気次第ではやらないこともないでしょうね。
最初のKシリーズが出たとき、Rシリーズは廃番の方向でしたが、‘88に再登場して以来、
ボクサーツインは形を変えて残りましたから、HPあたりならやりやすいかもしれません。

ハーレーは現在ラインナップにスポーツスターシリーズ?としてXRがありますが、
こいつを使って、ウィリーGさんの一声があれば、CR復活はそれほど難しいことではないでしょうが、
もしそうなったら、是非ヘッドをサイドドラフト化して欲しい(笑。

まあ実際の販売実績は、やはり予想通りそれほど売れていないみたいですが、受注生産でも
世の好きもののために、残しておいて欲しいものです。

70~80年代にあったサーフェイス化されない、タンクがありシートがあり、エンジンが見える
レーサースタイルには、古さもあるし、らしさもあるし、憧れることができるスタイルもあると思います。
バイクの楽しみ方には、性能やライディングもそうですが、雰囲気を楽しむ楽しみ方もあると思うし、
何より自分のバイクがカッコイイと思えることは、重要な要素ではないですかね。

たとえ自分が乗れなくなっても、床の間に飾っても持っていたいと思うバイクって、少ないと思いますが、
ヒストリカルレーサーや70年代のカフェスタイルには少数ながら、根強い人気もありますから、
その辺を刺激して、大きく嗜好の強いバイクがあっても良いように思います。
今のところオイラの周りは、当然の事ながら走って楽しいが第一義の連中ばかりですが、
さらにカッコイイと思える要素があれば、もっといいように思います。

性能的に走って楽しくなければ無意味ですが、楽しくてカッコイイなら文句はないと思います。
後は乗り手の問題ですが、オイラは何に乗ってもボリショイ熊ですから、
そこやっぱり難しい(笑。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-30 09:28

ちょっとカッコイイブログ発見

タイトルはライディングセプテンバーと言います。
ん~かっこいい。
昔は何人かで店舗借りてやってみたかったですね~。
何よりバイクが大好きなことが伝わりますね。

ライディングセプテンバー

G3のガレージがもっと近かったらな~(笑。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-26 20:25

スポーツスター馬鹿一代 16

偶然なのか必然なのか、スポーツスターの系譜にカフェレーサーがあったことは、オイラにとっては
とてもラッキーなことでした。
まがい物のさらにレプリカと言う、適当で良い加減のCRJは、その辺お曖昧さで、CRの外装を纏いながら、
スポーツスターらしさを残すことが出来たと思います。

‘77XLCRと同時代は世界的なカフェブームだったらしいですが、いわゆるレーサーレプリカではない、
それっぽいレーシング仕様の公道車両として、今でも人気はあるし、カッコイイですね。

HDのXLCR、ドカティの750SS(MHRはどちらかといえばレーサーレプリカと思っています)、
ノートンのコマンドproレーサー、ラベルダSFC。
日本だとカワサキのZ1R、ホンダとCB1100Rなんかはそうじゃないですかね。

今や公道を走っているのが、そのままサーキットを走ってしまうような時代では、憧れてそれっぽくする
楽しみがないように思いますが(だって今は市販ベースですから、逆ですね)、当時のカフェデザイン
なら今でもカッコイイと思いますね。

もうオーナーだけが、どんなにのんびり走ろうと、気分はレーサーですから、個人的なバイクという趣味には
もってこいでしょう。
当時の車体としては当時のものなら、BMWのR90も入れてもいいのですが、あれってどちらかと言いと、
エレファントラリーのレプリカとも言えますが、あの独特の丸いビキニカウルは、その後のRシリーズ
につけるだけでももう雰囲気抜群ですね。

以前はカフェレーサーはある意味公道レーサーでしたが、今だったらカフェレーサーというジャンルとして
楽しむのに、いろんな意味でいい時代かもしれません。
ユーロメーカーがノスタルジックレーサーっぽいラインナップを出してくるのも、この辺のそれっぽい
スタイルに対する憧れは、万国共通なんだなと思います。

まあ実際にバイクを眺めながら、お茶できるカフェは少ないですが、お気に入りのカフェがあって、
そこに停めたバイクが良く見える席があったなら、これくらいご機嫌なことはありませんね。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-25 21:34

スポーツスター馬鹿一代 15

これはいつもスポーツスターミーティングに顔を出し、会場をグルと回って最後に自分のバイクの前に
帰ってきて、いつも思うことなんですが、「オイラのCRJは何てカッコイイんだろう!」って
ことでしょうかね(笑。
正直ミーティングなんてこんな馬鹿が何百人と集まるわけですから、楽しくないわけがないのですが、
ここ、大事だと思います(笑。

オーナー自身が「自分のバイクはカッコイイ」と思えることが、同じバイクに長く飽きずに乗れる
秘訣ではないのかなと思います。
単純に欲しいという思いだけでは、手に入った途端に目的は達成されてしまいますから、
直ぐ次の対象を探し始めてしまうでしょう。
スペックがすごいバイクを手に入れたなら、それを上回る性能を持つバイクが現れれば、
心は穏やかではいられなくなってしまうでしょう。

バイク乗りは、それなりに自己顕示欲が強い方だと思うし、ましてやハーレー乗りとなると
より一層だと思います。
スポーツスター乗りとてその例外ではなく、ひとつでも他人と違うところを身に着けたいと思うでしょうね。
結果的にそうなっているものも、意識的に違いを作り出しているものも、結局のところ
オーナーが自分のバイクが1番好きなことには変わりありません。

だからこそ他のバイクも評価できるし、そのカッコよさを認めようとできるのだと思います。
これが競い合いになったら、それはそれで端から見てる分には面白いでしょうが、
当事者の心中は穏やかではないことは、容易に想像できます(笑。

オイラも以前は、ノーマルスタイルが1番と思っていましたが、バイクに乗り続けることに困難を感じたとき、
CRJを作ることで、「このバイクを所有し続ける意義」を明確にしたいと思い、
何より憧れてきたスタイルと、走っている自分を想像して、CRルックのブラックレインレプリカを
作ってしまうことを思いつきました。

決してスポーツスターに飽きたわけでもなく、嫌いになったわけでもないのに、このバイクというより、
自分のバイクライフに困難を感じてしまう状況が訪れると想像も出来ませんでしたが、
そこを乗り越えるために、オイラにとってはCRJの製作が必要なことでした。
まず自分がバイクを手放したくないと思うにはどうしたらいいんだろう?。
その前にこれらを全て手放してしまったら、どんなに楽だろうと思えてしまう自分の中の思いは、
どうしたら打ち消せるんだろうかと悩みました。

バイクに乗りたくない訳でもなく、状況的に今が困難なだけでした。
しかしその中で起こる心の葛藤や、相克は想像できないほど自分を追い詰めていきます。
何でそんな風に考えたんだろうと、今では不思議なくらいですが、883は1年以上ほったらかし。
ファットボーイにいたっては2年近く放置。
乗るのはたまに奥様号にプラッと一回りするぐらい。
いっそ維持してるだけのバイク持ちなら、売り払ってしまった方がすっきりするのではという思いで
一杯だったのは事実です。
仕事も変わって直ぐだったし、忙しい状況はバイクに乗って遊ぶなんて余裕も無く、子供も手のかかる
盛りでしたから、休日も出かけられず、自分勝手に煮詰まってしまったのでしょうね。

そんな自分を打破するための手段がCRJの製作でした。
最も始まってしまったら、1度で終わらず、結局タイプ3とタイプ4と更新されてしまいましたが、
ダークホースさんのご好意と探究心のお陰で、より思い描くものの実現がリアルになったことは、
これからもバイクに乗り続ける意欲を取り戻すことができたという喜びにもつながり、
今でも感謝に堪えません。

経済的な問題で昨年の暮れに車検を切ってしまいましたが、ガレージに言ってCRJを眺めていると
「カッコイイな~オイラのバイク」という思いと、また乗ろうと思う自然な気持ちがわきあがってくるので、
浪人してても、その頃のような辛さはありません。
あのバイクを手放そうと思い悩んでいたとき、経済的にはずっと安定していて、生活も順調だったのに、
今の方が全然バイクに対して自然体でいられるのは不思議です。

またこのバイクで走り回ってやろうと何にも気負わずに思える今は、あの頃よりバイクに対する思いが
充実しているように思えますね。
だって普通に言えますもの「どう、カッコイイでしょうオイラのバイク」って(笑。

c0063859_9483364.jpg

[PR]
by jyai883 | 2011-01-22 09:49

スポーツスター馬鹿一代 14

もう何台も1200のスポーツスターは乗せてもらってますが、試乗や取替えっ子で乗り終えた後、
自分の883に乗ってもガッカリすることはありませんでした。
排気量も馬力もほぼ3/4のバイクに乗りなおしても、特段引け目を感じることも無く、
改めて良さも感じます。

確かに1200はその溢れるトルクや馬力で速さを感じます。
(日本製スーパースポーツのような、まるでジェット機のような速さではなく、カタパルトみたいな
唐突な加速は速度としての速さではなく、速いと感じる加速感ですね、まあチューニングによりますけど)
それはそれで、非常に面白く、乗り手をワクワクさせます。

それに比較して883はドン臭く感じるかもしれません。
でも速度出している実感が、右手でそして体で感じることが出来るのところが、1200と違った
スピード感として存在します。
メーターの数字を見ている分には大したことはないのです。
やろうと思えばZZRなんか1速で出てしまう速度域でしょう。
でもその中では知っている883は、ライダーがしっかり右手で鞭打って、その速度で走っている
実感があると思います。
特に4速の883はギアの感覚が広いため、3速80で走っているときと、4速80で走っているときは
まるで違った走りの中に居ます。

3速80kmだったら、そこから更に回して、どこまでも続くかと思える加速を楽しみたいと思います。
右手にもっとあけろとエンジンが急かします。
しかし4速に上げた途端、そこは平和な世界であり、あ~このまま巡行してしまえば、疲れることなく
ドコまでも走れてしまうだろうと思えてしまいます。

そこから120に加速するなら、右手と連動するかのような3速ギアの方が面白い。
4速からだと速度を上げるだけならそのまま開けますが、楽しむんだったら絶対3速に落とします。
これが1200だといとも簡単にトップギアでこなせてしまう。
この違いをどう捉えるかはオーナーの好みですが、オイラは断然自分で走っているぞ間が強い
883の方が好きですね。

1200のスピードにど~んと乗って走る感じも、ハーレーのスポーツらしい豪快な魅力ですが、
オイラは883のライダー自身が走っている感じが好ましく思えます。
そんな883を変えたくなくて今まで来てしまいました。

そしてもう1つ告白しましょう、オイラが883のままでいる秘密を。
昔バイクに乗り始めた25年前、知り合いの良く当たる霊感占い師に、商売ではなく、心配して忠告されました。
「きみ、誰かいると大人しく走るけど、誰もいなくなった途端に思い切り飛ばすだろうから、
速いバイクに乗ると大事故起こして、それが原因でバイク降りることになるよ」と。

そこでバイクを降りたくないオイラは、スーパースポーツにも、フルチューンHDにも乗らず、
この古いオンボロ883に乗り続けているわけです。
お蔭さんで4速883に乗り続けてきたこの22年間、883では事故を起こすことなく、
無事走ってくることができました(笑。
結果的に占いは当たってないことになりますが、忠告を聞いて速いバイクに乗らなかった
お陰だと思っています(笑。

そういえば友人のビューエルに乗せてもらうとよく言われましたね。
「危ないよ、そのやばい走り」って。
ま~今は大人しいもんですけど(笑。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-21 19:31

スポーツスター馬鹿一代 13

どうしてもオイラは、スポーツスターっと口走った途端に、全体の雰囲気を伝えるものは、
あの小さなピーナッツタンクなのですが、実用的にどうかと言われれば、車体垂直で眼一杯
ガスを突っ込んで、高速で55マイル巡航なら、200kmは入れるって言っても信じてもらえますかね?(笑。

オイラの4速でキャブセッティングせずに、マフラーだけちょっと元気になる少しだけ抜けがいい奴に
換えて、実際にうちから長野の友人のところで行った時。
まあその時はオプションの12,5Lのタンクをつけていたのですが、出掛けにガス満タンで出かけ、
諏訪のSAで最初に給油、トリップメーターは210kmで7L丁度。
つまり高速巡航を平均55milでやると30km/L走りました。
まあこの速度は余り走りやすいものではありませんが、急がないでのんびり行くなら、
ほとんどノーマル状態のスポーツスターなら、良く走ります。
もっともピーナッツタンクだったら、走り方でガスの食いが変わってしまうし、キャブのセッティングを
してしまうと、極端に落ちるときもありますから、要注意です。
でも巡航さえ心がければ、慣れもありますが、下道で直ぐGSが探せれば、150kmくらいは
安心して走っていられます。

ピーナツタンクは容量8・5Lとか言われてますが、実際はそれほど入りませんね。
サイドスタンドでも給油なら、満タン7Lくらいでしょうか。
それでも下道ツーリングなら100kmほど走ってGSを探し始めても遅くないはずです。
まあ慣れてしまえば、どうということなく、結構走れますが、団体行動は取りにくくなりますね(笑。
実用性で13Lタンクに変更されたと聞いたこともありますが、
カッコよさならスモールピーナッツタンクの方が絶対スポーツスターらしいと思っているのは、
最近の48人気を見ると、あながちオイラだけではないなと思います。

13LのタンクをつけているとSRッぽくも見えるスポーツスターですが、スモールにすると
タイヤやエンジンの大きさが強調され、アンバランスな対比がひどく魅力的に見えるバイクだと、
個人的には思うのですが、‘94まで続いたこのスタイルにすっかりなじんでしまったオイラは、
どうしても13Lタンクのスタイルがなじめなくて、奥様号の‘97ハガーにもスモールタンクを
つけてしまったことは散々書いてきました。

もっともこれはアメリカでも同様でしたから、ロングをやる連中は、それなりに大きなものに換えて、
ともかく速くしたいとか、走り回る連中はそのままCH以来のスモールタンクだったみたいです。

今ではCRタンクを乗せてしまって、容量が少し増えた10Lですが、もとがこんなですから、
不足を感じることも無く、安心して150kmは走れてしまう状況は、安心以外の何者でもありませんが、
こちらも慣れるまでは、100kmを超えるとついGSを探して苦笑していました。

新しい48はインジェクションで、フレームの関係からか容量8Lってことになってますが、
オーナーの話では給油ランプがつくのが90km前後らしいですから、
以前冗談でいった48マイルタンクは、現実のことらしいです(笑。
でもあのタンク、どうせカスタムなんだから他のスポーツスターにも乗せたらカッコイイのに。
アイアンなって一発で決まりだろうな~と思っています(笑。

c0063859_19255145.jpg

[PR]
by jyai883 | 2011-01-20 19:19

スポーツスター馬鹿一代 12

たまに883の最高速度ってどれくらいですか?って聞かれることがあります。
もうここ10年以上興味がないのでやっていませんが、90年代にはやったことがあることを、
告白しましょう(笑。
オイラの4速883でメーター読み170kmです。
これは実際にオイラがやったことですが、体重が半分近い軽い奴を乗せて走らせたときも、
そのように言ってました。
もっとも彼は170は何とか出るけど、それ以上はほとんど加速しないし、ゆっくり速度はあがるけど
意味が無いといっていたし、でかいオイラが乗った日には、それ以上はほとんど加速しませんでした。
恐らく現在のもなら、もう少し行くと思うのですが、まあ危険だし違反までして結果が出ても、
罰金が高いだけで、逮捕されてもつまらないので、やらないほうがいいでしょう。
どうしてもっていうならサーキットでやるべきですね。

5速の奥様号でもやったときがあります、その時はセッティングが出ていたにも関わらず、
160で頭打ちになりガッカリしたことを思い出します。
もっともこの話に落ちがあって、その後巡航に移って、何気にシフトしたらもう1速あったって話ですから、
4速のトップスピードで、5速ならもう少しでたかもしれません(笑。

今では最高速も意味のないことになってしまっていますが、当時はキャブセッティングの真っ最中で、
メインジェットのセッティングの確認は、やらないと解らないわけですが、
自分がやってしまって、リジットスポなら大体この辺が最高と思えるところはわかってしまって
いるので、MJの数値だけ書いて、行為としてはお勧めしないようにしています。
何より危険だし、ここ10年以上の交通の変化もあり、高速道路上でも、環境変化から、
自分が捕まればそれで済むような環境には、今は無いと思えるからですね。

まあちゃんとセッティングしてやtれば、883でもノーマルモジュールのリミット6000rpmまでは
きっちり回ると言いたかったわけで、公道での最高速テストを勧めるものではありません。

じゃあ興味としてどれくらい回るんだろうってのがありますが、その頃実際にやったこととしては、
4速のクセに1速で110、2速で140までは回したことがあります。
その後3速に入れても150で後の結果は同じでしたが、これ以上回したら壊れるんじゃねって
恐怖に駆られ、1度きりでしたが、正直言うと1速2速ではエンジンは更に回るだろうという感じでした。
友人はほとんどレーサーだった883改1200でリミッターをもうけないまま8000まで回して、
ブローさせましたが、7000前後は普通に回せるってことですが、
日常的な速度でも、状況でもありませんから、テスト以外は意味が無いことだと思います。

何が言いたいかというと、現在ほぼ出尽くしている883のMJサイズが大体正しいってことですね。
イタズラに危険なテストをするなら、数値を信用して組んでしまったほうがリスクも無く、
ほとんど間違いではないってことです。
オイラみたいな馬鹿が実際に走ってみて、これで良いやって決めたことですが、ほぼ間違いないでしょう。
まあせいぜい走り方や個体差で、#5ほどの違いが出るくらいだと思います。
中には大きく違うものが出てくることもありますが、これはオーナーの感じ方や、使用するその他の
パーツによっても差が出てくるし、セッティングといっても、使用個体がオイラの883とイコールってことは、
ほとんどありえませんから、その辺はオーナーのさじ加減だと思います。

今ではすっかり最高速なんてやらなくなりましたが、日常的に使う速度域が楽しめるようにするには、
キャブのちゃんとしたセッティングが必要に思いますが、イタズラに必要の無い部分を求めるのも、
何か違うように思いますから、自分が何を求めるかをちゃんと見極めることが、
もっとも大事なことだと思います。

現在でもうちのCRJは最高速仕様のままですが、それでもゆっくり走れば26km/Lくらいの燃費は
出るし、平均して20km/Lを切ることはありませんから、とくに過不足も無く、もうセッティングを
変えることないかもしれませんね。
もし大きく変化を感じ始めたら、それはメンテナンスかオーバーホールの時期と言うことでしょう。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-19 09:47

スポーツスター馬鹿一代 11

オイラは残念なことに買って以来、883のまま来ましたが、昨年1200ボアアップの方と友人に
なり、同じ年式の4速の883ということで、全く同じ状態の排気量の違いを体験できて、
あ~これもこれで面白いな~と思いましたね。

今まで結構な数の1200には乗せて貰いましたが、4速のボアアップは初めてだったし、
ほとんど同じ条件の車体に出くわすことは、非常に機会が少なかったので、
興味はありましたが、乗ることは非常に少なく、4速の1200といえば、友人が代車に借りてきた、
中身が完全なレーサーで、ノーマルエンジンとは比較のしようが無いくらいのものしかありませんでしたから、
非常に分かりやすく面白い体験でした。

乗った車体は‘89 883のボアアップで恐らくヘッドチューンはなしで、燃焼室加工のみだと思われます。
2次減速比は、定番どおりノーマルスプロケットより小さい40Tに落とされていますが、発進や加速には
不足はありません。
丁度セッティングした883と同じような感じですが、そこから加速するに従って一気にトルクフルになる感じは、
883ではないことです。
ギア比も低いため、速度の乗りも速し、それほど大きくアクセルを開けなくても、速度は上がっていきます。
このトルクに乗って走る感じは、同じギアながらギア間の伸びで速度が上がる883とは違うところです。
トルクが無いため引張り気味で速度を上げていく883とは違い、それほど回転を上げなくても、
ギア比で速度が上がる感じは、独特ですね。
これはやはりシフトで速度が上がる5速の1200の感じとも違い、トップギア4速でもドコからでも
一ひねりで豪快に加速していく感じは、痛快です。

ただミッション的にはそれほど強くない4速では、あまり低いところからは、やらない方が
良いかもしれません(笑。

では4速だったら883と1200どちらが良いかという話になるのですが、アクセルを開けられるなら
883のスロットルで走る感じが好まれるでしょうし、ある程度余裕をもって速度を出したいなら、
1200の方がアドバンテージは大きいでしょうね。
正直1200の、下から始まる大きなトルクの出方が、のんびり走るには急かされると感じるかもしれないし、
回さなければ走らない感じを883ではドン臭いと感じるかもしれないし、当然ネガティブに感じる部分は、
どちらにもありますが、もうその辺は乗り手の好みとしか言い様が、無い部分でしょう。
一番いいのは、1200を思い切り開けて走ることですが、あっという間に3桁突入ですから、
走れるところは限られるでしょうね(笑。

ただの1200ボアアップで、既存のライナップにある1200と違うなって思うのは、トルクの出方が
少し違うようには感じます。
どちらかといえばビッグツインみたいに下から大きく立ち上がる感じがします。
まあカムはノーマルなので多可が知れてるのですが、それでも既存の1200よりは、
下から立ち上がる感じがするので、40Tのスプロケットでもなんら過不足は感じません。
普通に乗ってればトルクの太い883に乗ってるみたいです。
‘88の1200はリアスプロケが883と同じ48Tだったことを考えると、48Tの加速はかなり強烈だった
でしょうね~(笑。

4速1200はミッションへの負担も大きく、1200の楽しさを全て楽しむには、少々リスクが高いと思いますが、
速度を上げて、ゆっくり走るなら(へんな表現ですが、回転をあげないってことです)、
1200へのボアアップは有効だと思います。
まあオイラみたいに必要を感じなければ、当然883のままでも良いし、その辺はハーレーの
趣味性の高さが上手に現れている部分ではないでしょうか。

最近のラバーマウントの1200ボアアップキットをSEのカタログ上で見ると、ヘッドまで含まれた
キット構成にありますから、現行車だったら最初から1200を求めた方が有効なのでしょうが、
リジットの883なら、飽きてきたら1200にして速く、のんびり走るのもいいかもしれませんね。
特に4速はそんな風に感じます。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-18 13:29

スポーツスター馬鹿一代 10

気がついたら昨日のうちに40万アクセス越えていました。
こんなブログにお越し頂きありがとうございます。
別段特殊なことを書いていると思っていませんが、何かのお役に立ってるようで、
嬉しく思っています。

で今日はバイクではなく、小ネタデ(笑。
オイラはガレージでもU字ロックをかけているのですが、かんぬきみたいに横にかけても、
U字部分をデカイカッターで切られれば、あっさり外されてしまいます。
そこでオイラは考えた。

まあこれは旧タイプの丸い穴があるディスクローターでしか出来ませんが、
こうやってかけます。

c0063859_6503328.jpg


画像はリアディスクローターですが、穴にU字ロックのキーシリンダーを通し、
リアサスの内側で渡しこんではめます。
まあ中々位置があわせづらいのですが、こうしとけばU字部分を切られても外されず、
仮にリアホイールを外されても、リアサスも外さなければ、取れませんね。
あとはキーシリンダーをカットしなければ、時間がかかります。

まあディスクロックみたいに忘れて走れば、吹っ飛ぶでしょうが、物がデカイので、外し忘れも
少ないでしょう。
現行のスリットのディスクではできませんが、ヒントくらいにはなるでしょうね。

まあプロ相手では、持っていこうと思わればどんな状況でも持っていかれてしまうのですが、
少しでも面倒にしておけば、盗難の抑止力にはなると思います。
特に表に置いている場合は、必ず2~3箇所どこか取れないところにくくりつけた方が無難です。

それと南京錠ですが、どんなにU字部分が切れない素材でも、横から強い打撃を与えると、
シリンダーロックが解除されたりするのでお気をつけください。
後、フロントホイールだけにロックがつくのもダメですね。
ホイール外して持っていかれます。
何人か友人の中にも盗られた奴らが居ますが、その悔しさは尋常じゃないでしょうから、
まず盗れないように、取れないところにロックするのが大事なことだと思います。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-15 07:04

スポーツスター馬鹿一代 9・5(笑

c0063859_20582224.jpg


これがオイラにカウルカットを決断させてしまった、トレーシーサンダーカウルです。
正面から見ると、腕を広げたように見える複雑なラインが見て取れます。

画像はアメリカヤフーの検索画像ですが、XLX61ショベルをこうするのは珍しく思います。
もっともこの車体を良く見ると使ってるパーツなどから見て‘94~5くらいだと思いますが、
ノーマルっぽいカスタムとしてカッコイイですね。

バーハンドルに合わせてマスター部分がカットされてるのを見て、これは切りだなと思いました。
現行のシックデザインカウルならきれいに逃げそうですが、オイラのは取り付け位置の高い
プロトを、勝手に下げたので当たるのは承知でしたが、切りたくなかったのでドラッグバーに
したものの、正直言うと長時間乗ると、肩が懲ります(笑。

まあ自分のバイクですから、やりたいようにやって、納得いけばそれで良いと思います。
ちょっと野暮ったくなって、ハーレーらしくなったかなと思いますから、結果は上々でしょう(笑。
後やるとしたら何だろう?。

ノーマルテールランプかな?。
今のシートカウルだと、ルーカスフィットなので無理かな?(笑。
まあそこまで詰めることもないですかね。
[PR]
by jyai883 | 2011-01-14 21:09