<   2010年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

何故かお勉強中

今週末は木曜から人にお会いすることが多かったのですが、‘04の883乗りに話を聞かせてもらったり、
883改1200のセッティングをさせてもらったりで、久しぶりにバイクがらみの会話が多かったし。
初めてのボアアップ1200のセッティングが一応結果として良好な状態が出せたことは、楽しく面白い
出来事だったのですが・・・なぜか頭の中は???????????ってな感じなのです。

‘04の883はほとんどノーマル状態で、正直外見だけで言えばソリッドマウントの頃より十分に見える
サイレンサーにもかかわらず、ヒート状態になること。
そして1200改にしても、普通なら十分なSJにもかかわらず、低回転で走らせるとノーマルプラグの
状態で、ヒート気味に見えること。
そして以前情報として聞いた、1200ボアアップで起きるピストンの棚落ち、そして友人の1200Sで
起こったかちかち山事件、1200改で負荷状態開け初めに聞こえる音、オーバーヒート、ノッキング、
プレイグニッション、デトネーション、サービスマニュアル内にあるトラブルシューティングの中の
気になる記載。

全く異常に見えないプラグ状態にもかかわらず現出する不具合や現象・・・・・・・・・・・・・・・・・・?。

当然燃焼に対するお勉強が始まります。
以前頂いた燃焼に対する近藤さんの原稿を読み直し、ネット上で検索し、関係記載を読みあさり、
頭の中でのハーレーに起こる事実との整合、金にもならないのに、オイラの探究心が辞めさせてくれません。
正反対の対策と正反対の事実、予想でしかない作業内容と事実。
少しづつ整合し、少しづつ乖離する思考。

今、目の前にあるスポーツスターの中で何が起こっているのか?。
そしてちらちら聞こえてくる細かいトラブルや見えない原因。

知らなかったり、やらなかったりすれば、特に気にせずノーマル状態からのセッティングや作業で
経験知からだけ数字を引き出せばよかったのですが、大きなお世話のオイラは自分では知りえない
事実を引っ張り込んでしまったみたいです。

これから少しづつ実際の現象と理論的な部分とをハーレー上に置き換えて予想していきたいと
思います。
883改のセッティングも今後現状で距離が出れば変更を考えることになるだろうし、今まで聞いた事実の
整合もしなければいけないでしょう。
頭の中でまとまったこと少しづつここに書いていけると思いますが、少し更新ペースを落とすかもしれませんが
興味のある方は、しばしお待ちください。
恐らくインジェクションなら電気的に制御は可能でしょうが、スロットルバルブ以外外部制御を持たない
CVキャブでは、状態と結果を予想しなければなりません。

進角制御が伴えば更に確実ですが多くの場合、理屈もわからずただ変更されることも多いでしょうが、
ただそれだけ勧めたところで、納得できない自分もいます。
正直燃焼に対する制御は、キャブのセッティングだけでは十分ではなく、ただ濃くすれば薄くすれば
などと言う単純なことでないことは解っていますが、ハーレー的に知らせることができれば、
皆さんがある程度自分で判断できるようになれればいいな~と思っています。

てなわけで、しばらくぼとぼちペースになるかもしれませんが、よろしくお願いします。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-30 18:35

やっぱりうちの周りは・・・変だな(笑。

日曜日の朝・・・つまり今朝ですが(笑。
奥様のお供でコンビにまでパン買いに行った帰り道、後から乾いた軽い排気音。
振り返るまもなく・・・アーミー仕様のWLがオイラを追い越していきました。
なんか普通に走ってるな~21世紀なのに(笑。

そういえば4日ほど前、1階の床屋にいると聞きなれない排気音。
豆腐屋に買い物ついでに出てみると、本物のポルシェ356が信号待ちしてました。
なんだろうこの違和感のなさ。
こんなのが普通に走ってる。

オイラがこの町に帰ってきて25年が過ぎました。

その間に普通に100円パーキングに4つ目の‘59コルベットが止まっていたり、リアスラントウィンドウの
スティングレーが走ってたり、ごくごく普通に427コブラが曲がり角から出てきたり、神社のうらに
バンプラが停めてあったり、うちの横に普通にA110アルピーヌそれもオレンジ色が駐車してたり、
知り合いの車屋さんのオートジャッキの上には330コブラが上がっていたり、
幹線道路気持ちよさそうにトリコロールのMV750Sが流していたり、牛乳屋さんの中がハーレー天国
だったり、何気に開いているガレージの中にはラムバンとコルベットとFLのサイドカーが入っていたり、
車屋のご隠居が別体ミッションのトライアンフをレストアしてたり、
ぼ~と表を眺めているとランボルのミウラやデトマゾパンテーラが信号待ちしてたり、
バイクで走っていればジャガーのEタイプとすれ違ったり、つくづくこの辺は道楽モンが多いなと
改めて思ってしまいます。

っまオイラも人のこと言えませんが、目の保養にはいいですね(笑。

以前載せたオレンジアルピーヌ再録
c0063859_956381.jpg

普通はブルメタだけどこれ純正色っぽいし。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-30 09:56

今日はセッティング

今日は先週から考えていた883改1200のセッティングです。

キャブはともかく難儀したのはエアクリーナーボックスでした(笑。
なんと5速用にカラーをつけて使用していたことに今日気づきました。
それだけなら、そのままつけて終わりでしたが、VOESを切られていることから、スペーサーを入れようとしたら、
まずクリーナーマウントのカラーが長い。
っでボックス内に突出するキャブマウントのネジ部を手ノコでカット(笑。
それを見ていたオーナーは目が点になっていましたが、まずはめでたく装着。
っが今度マウントステーのネジが短い(笑。
確かにスペーサー分足らなくなるのですが、普通は飲み込みが深いので問題ないはずですが、
色々カラーやらなにやらで出が足りない。

実際は締め付けるとキャブがマウントラバーに沈むのでとりあえず無理やり締めこんで見ると案の定
入りました。
もっともこれはクリーナーボックスの問題もあって、後でマウントボルトを長いものに変えてカラー部分に
にワッシャーを入れてオーナー自身に修正してもらうことになって、事なきを得ました。
これだから工業高校出身者は話が楽です(笑。

さて肝心のキャブのセッティングですが、元々がサンダースライドの#195、ニードル3段目で悪くはないのですが
少しもっさりしています。
トルク感は強いのですが、先日乗った感じで少し鈍いと言うかズブイと言うか、ちょっとスポらしくない。

そのままサンスラでセッティングしても良かったのですが、オイラが嫌いなのと、そのセットで問題があったので、
スライドピストンはノーマルに変更、負圧ホールを拡大、スプリングはサンスラのままで、MJ、JMは純正に
変更ですし、セッティング的には‘98のノーマル1200Sに準じたものです。
MJは#195、JNは1200Sの純正で、JNにはおまじないでワッシャーは1枚だけで0・5mm上げです。
サンスラの状態でノーマルプラグは悪くなかったのですが、リム部に乾いたカーボンが多目。
SJは#45でしたが、MIXは13/4戻しだったので濃い感じではなかったので、オーバーラップ辺りが
濃いと予想しました。
全体ではこれは薄めのセッティングと言えますが、マフラーも純正1200Sですし、それほどガッツリ走り回るタイプでもないので、やや控えめです。

実際に組んだ感じは、レスポンスを上げてやったので、中間は良好、ワイドオープンでもしっかり付いてくるし
問題なし、タイミングよく2速、3速を中心に3桁辺りまで入れて見ましたが、もたつきも無く良好です。
ただ発進のときはギア比が低いので、少しもたつくのと、低速の立ち上がりがやや鈍いでのMIXを1回転ほど
余計に開けました。
最もこれはそのまま組んだ状態で、始動時アイドリングが落ちたのでそのための措置です。
アイドリングをそのまま高めに開けてやっても、不都合は無くそのまま1200ノーマル程度でしたが、
出だしだけは少し出やすいように変更です。
5kmほど走って、上記で出ていた不都合を調整し、オーナーに乗ってもらいます。

加速の伸びはセットが合っているのでノーマルクリーナーながら、結構ヤバイ域に達しています。
マフラーのせいで加速は少し穏やかですが、しっかり伸びてくれるので、ふと1200ではなく883に乗ってる
ものと勘違いしました(笑。

エボそのものは、特にスポーツスターはやや薄めのほうが結果は良いので、ノーマル1200Sよりは速く
なったと思います(笑。
オーナーに乗ってもらった感じでも、こっちのがイメージに近いといってもらったので一安心です。
後は距離を走ってもらって微調整ですかね。

以前のセットでの燃費が14~15km/Lくらいで、下道にしてもちょっと悪いので丁度常用するところが
濃いんだろうな~と思っていましたが、その辺はオーナーのインプレ待ちですかね。
やや薄めなので、過熱気味になったらプラグを1番手落としてもらうよう説明して、今日の作業は終了しました。
いろんな数値はオーナー自身手帳に書き込んで几帳面にデータ取りをしてくれていたので、なかなか安心できます。

当初ノッキングが出るので変えられたセットでしたが、特にその懸念も無くてよかったです。

ただ負荷が掛かった状態で、アクセルをオープンするとノッキングとは違う、物理的なカラカラ音がします。
丁度カラーが踊っているような音ですが、負荷が掛かったときそれも一瞬で、そのまま引っ張っても消えちゃう
のですが、それだけが謎です。
前の濃い状態でも出ていたし、3速60から一気に引っ張っても、直ぐ消え加速状態では出ないので、
吸気音かニードル、またはスライドピストンが引っ張られる音では?と考察したのですが、ブリッピング状態では全くでないので、なんだろうと思っています。
ノッキングのようなピストン側壁が叩かれるような音ではないのですが、ゆっくり開けても出ないし、パッと
開けの瞬間だけですからあまり心配はしていません。

これってひょっとしてふにゃ山さんといっしょ?。

まあオーナーもわかっているし、ディーラーに修理に入っているときからの音で、メカニックもエンジン的な
音ではないのではと言っていたらしいので、そのうち答えが出るかもしれません。

ちょっと元気になったので、次はブレーキですかね。
この加速じゃちょっと甘いかもしれない(笑。

すべてが丁度消耗品の交換時期にも当たっているため、オーナーの出費も少々ではないくらいですが、
大事に乗ってもらいたいと思います。
久しぶりに楽しいセッティングでしたが、アクシデントはつき物ですが、まあなんでも一筋縄ではいきませんね(笑。
谷も無くスルスル伸びていく加速は、やっぱり883的ですが、そこにパワーが加わった感じですが、
883改なので無理は禁物ですね(笑。

そうだっと思って追記します。
セッティングが終了して、エンジンかけて、すぐ判った違いがありました。

あっ音が軽い。

結構低音が響くな~ってのが、最初1200Sのマフラーに付け替えたときの印象でしたが、
今日セッティングを終えたら、あれ意外と静かになって音も軽いな~って感じでした。
まあ実際走ってみて、吹けも軽くなってるのですが、音が軽くなってるのは面白かったですね。
結構ふ~んって感じです。
実際セッティングが良くなると、低音が出たり、実際音量が落ちたりするのですが、サイレンサーに
セッティングがピタッと合った感じですね。

やっぱりセッティングって面白いや(笑。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-28 19:03

今日は初めまして

ってな訳で9時半待ち合わせで、初めての方とお会いするはずでした・・・っが、
30分待っても来やがらない(笑。
当然リミットなのでそのままバイクで帰宅し、PCをみるとメールが来てる。
ガス欠で押していらっさる(笑。
無事ガスも入り、待ち合わせ場所に着いたので、再びお出かけです。

そのまま浦安まで行ってねずみーランドの横、ヨットハーバー奥の防波堤で改めて話をしてました。
質問はいっぱい来るのですが、もう少し自分で勉強したほうが良いですね。
バイクをいじる上で、求めるものが違えば当然様々な仕様は違ってくるし、セッティングなどで、数値の変更が
できるところは結果、人それぞれであり、コレって答えは存在しないことに、ちょっと戸惑ったみたいです。

まあそれより自分のバイクがあるのですから、もっともっと自分のバイクを理解し、どんなバイクなのか
解る様になれば、おのずと答えが出てくるはずです。
その彼はラバーマウントですし、リジットの数値的データしかないオイラにとっても、症状を聞いて
アドバイスするくらいしかできませんから、ここからは彼の勉強ですね。
でも自分のバイクがひとつ、ひとつ理解できていく過程は、非常に興味深く嬉しい出来事だと
今でもオイラは思います。
っまあここはがんばってもらいましょう。

そして別れた帰り道、久しぶりに通り雨に会い、雨宿りしました。
本当に久しぶりに雨に会い、この時期の降り終わったあとの大気のすがすがしさを感じ、
雨がやんで日差しの戻った中を、ちょんとひんやりとした空気を切りながらバイクで走るのも気持ちよいものです。

しばらくのこの季節を走ることがありませんでしたが、本当にすがすがしいですね。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-27 16:17

良いね~カフェレーサー

最近は流行なのか何なのかしらないけど、ちょこっとブームかもしれない。
逆にカフェスタイルにできる車種が限られているので、微妙に中古車市場の動きにも変化が見られる。
そうごくごく当たり前にシートがあって、タンクがあって、フェンダーがあってそれらを引っぺがすと、
シングルかダブルクレードルのフレームが現れるバイクが、少なくなったせいもあるかも。

昨日は奥様とスクーターで移動中、オリジナルの良くレストアされたドリーム750に行きあった。
ライダーの年齢は同じくらいで、独特なボーボーいうエキゾーストノートを響かせながらすれ違った。
きれいな緑っぽいブルーのメタリック。
CB750ベースのカフェもいいな~。

カフェレーサーなら何気筒なんて関係ない。
4発だろうと3発だろうと。
でもやはりツインエンジンがそれぞれいろんな表情があって楽しい。
L型、V型、横置き縦置き、並列に水平対抗、シングルでも楽しい。

どんなレーサーっぽくするかも楽しみの一つ。
ドラッグ、オンロード、ダートトラック、ぞれぞれ独特で、それぞれカッコイイ。

過去のカフェレーサーの模倣も良いかも。
HD XLCR,BMR90S、グッチルマン、ドカの900SS、ラベルダSFC ノートンコマンドPRなど。
当然本物の模倣だってかっこいい。
MVアグスタ、AJS,マチレス、当然日本だったらTZやRGB,RCなどオールドレーサーがカッコイイ。

何なのだろう?。
本物じゃないことは解っているし、模倣であることもわかっている。
ましてやオリジナルスタイルであるならば、それっぽいだけなのに、心は踊り、気分は高まる。

のんびり走っても、飛ばしてみても、楽しいことには変わりない。
自分が乗りたいバイクに乗って走る充実感は何者にも代え難い。

ましてや自分で手をいれ、作り、組み上げたものだからなのだろうか?。

はっきり言ってしまえば「ごっこ」であることは、誰しもがわかっていることなのに、
この遊び中々深く面白い。
いいね~やっぱりカフェレーサー。

気分だけはいつでもどこでもマルホランド ラン・・・(古ッル!笑。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-26 18:02

今日は・・・晴れ~!

また夏に戻りそうですね。
ただ週の後半からは、また少し肌寒いようですから、お仕事の方々体調管理にお気をつけください。
って言って体調壊しても、どうせ休めないんですけどね~(笑。

木曜にセッティングを控えているので、気温が下がるのは良いことです。
あまり気温が高いとガスの揮発にごまかされてしまうので、20℃くらいでやるのが良いですね。
その辺でセット出しておけば、真夏に少し濃くなるのでヒート対策にもなります。

そういえばオイラがハーレーに乗ってから、スポーツスターでは1度もオーバーヒートの経験がありません。
ここ10年はぐっと走行距離も落ちてますが、30~40歳くらい、初めの10年は関係なく走り回っていましたが、
とくに不具合はありませんでした。
セッティングしてからは全くといって良いほどダレる事もなく、オイルクーラーが必要なほど高回転、高負荷
を常用することも無いので、全く気を使っていません。

唯一オーバーヒートの経験はビッグツインのファットボーイでした。
最初の3年はマフラーも換えないドノーマルで乗っていましたが、夏場に都内の渋滞にはまりこみ、ハンドルがノーマルのオーバー1mだったせいもあり、すり抜けもできず、アイドリングが落ち始めエンジンストップ。
流石にやばいくらいの熱気でしたから、歩道に乗り上げ公園の木陰で小休止。
オイラも一緒に小休止しましたね。

確かにこの容量のエンジンでは全くの容量不足であるノーマルマフラーでは、吸えない状態に合わせてのセッティングゆえ、MJも小さいものが装着されています。
実際にはMJ#175でこれはオイラの883ノーマルと#5しか違いませんから、3割り以上排気量が違う
状態では、やはり熱的にはきついでしょうね。

この後ダイノセッティングに変更してからは、NGKで6番だったプラグが5番に上がるくらい濃くしたので
オーバーヒートの心配はなくなりました。
それでもビッグツインとしては、MJ薄めでセットして、高速域はどうでも良かったので、
ニードルで中低速を濃い目に出してそこだけを強調したセットでしたが、下道巡航は極楽でしたね。

そういえばプラグは何番ですかという質問が良くあります。

セッティング施さないノーマル状態なら、オイラはNGK7番を勧めます。
そうではない吸排気もセッティングをした状態の車体は6番を勧めます。

必ずそうだとはいえませんが、少なくとCVセットをした車体では、ガスを濃い目に出します。
吸排気もやり全体の吸入排気も増えていますが、大体の場合やる以上はより高い出力をねらって、
加速状態もつながりを重視するとやや濃い目にならざるを得ません。

加速状態ならコレでよいのですが、普通は各回転数での巡航がありますから、この場合は濃い症状が
出やすく、プラグも汚れやすくなるので6番を勧めます。
公道では常に最大燃焼の状態で走行することはありませんから、燃焼温度は十分上がりきることが少ないためです。

しかし同じ車体がレースに出るなら話は変わります。
常に加速状態で、高負荷の状態が持続しますから、この場合は燃焼温度は高く維持されるので、より冷え気味の7番、または8番が必要になるでしょう。

ではなぜノーマルだったら7番の選択になるかというと、薄いガスは燃えやすいのでより低い回転数でも
燃焼温度は上がります。
常用域から燃焼温度が高めに推移しますから、焼けも見ながらですが7番でも十分走ることができます。

ノーマルの6R12ですが、換算表見るとよく7番と表記されていることがあります。
ノーマル状態ならば、これは間違いではありませんが、実際の6R12はセッティングしても良く焼けるので
オイラは6番相当と考えます。

高いイリジウムプラグでも同じことが言えるでしょうが、点火力が強いイリジウムはより幅が広いように
思います。

結局セッティングと同じように、プラグの選択も自分の走り方次第で変化しますから、取り付けのネジ径以外
専用ということは、番手ではありません。
プラグの番手は、乗り方と共に変化するし、自分が最も使用する状況によって選択するものだといえます。

オイラは入手しやすさと安さ、そしてそれ以上に信頼性でNGKを選択しますが、これは熱価さえあっていれば
どのメーカーでも構いません。
ノーマル6R12と同じレンチを使いたければ、DCPR6~7、構わなければDPR6~7でともにネジ径は
一緒です。
入手しやすさはDPRのほうがどこでも売っているのですが、6番は注文になってしまうショップもあるかもしれません。
ホンダのお店でフュージョンのプラグくださいというと、純正のDPR6EA-9をくれます。

ただしハーレーのプラグコードの端子は4輪と同じ太いものなので、一緒に接点つけるダボも必要ですね。
昔はBプラグには付いていて、バイク屋ではみんな外してしまうので、タダ山ほどくれましたが、
今は付いてないものを使用する場合が多いので、購入しなければなりません。

っま国産プラグコードに変えてしまえば必要ないんですけど(笑。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-25 10:20

いや~今日も雨・・・

ですが、出欠書き込みが少ないのにロム1・5倍増です(笑。
どうぞ書き込んでくださいませ。
少しでも4速同士が知り合いになれればよいと思いますので、ネット上より近くの4速のりです(笑。

さてさて、21世紀になってすでに10年。
10年前は結構空前のハーレーブームでしたが、それも最近はすっかり落ち着き、価格的にも車種的にも
そうそう買い替えなど考えられない車種ゆえに、そろそろ販売も落ち着いた観があります。

確かウィリーGのインタビューだったと思いますが、オイラがハーレーを乗り出した頃、エボの販売も順調で
なぜ売れる見込みが確実に立つのに、大規模な投資や増産を行わないのか質問があったように記憶しています。
今はどうだか知りませんが、当時ハーレーの年間生産台数は販売店の予約台数を基準として決められて
いたようで、販売目標と言う希望的台数ではなく、より実数販売に近い数字で生産されていたようです。
したがって売り先が決まったものを作っているようなもので、ある意味堅実、ある意味消極的なものの
ようでしたが、コレに対してウィーリーGは、確かこのように答えていたと記憶しています。

「売れるんだから、どんどん作って売れば利益が上がると言う考え方は、確かにビジネスとして考えれば
正しいことだと思います。
しかしハーレーは、品質や性能はもとより、唯一のアメリカンバイクとしての希少性、ハーレーと言う
ブランドのステイタスを保持することが、ユーザーへの最大の貢献と考えます。
つまりハーレーと言うブランドを維持し守ることを念頭に置くと、不必要に生産し販売することはできないと
考えます」

と言うようなことを言ったと記憶しています。
ほとんどうろ覚えなので、定かではないし、曖昧な記憶の中で脚色してしまっているかもしれませんが、
確かこのようなことを記事で読み、感銘を受けたと記憶しています。

当時のハーレーダヴィッドソンは巨大コングロマリットから自力で独立し、そのブランドと歴史に誇りをもち、
企業と言うよりは老舗商店のような、過剰な利益より品質とブランドを大切にするような部分が強かったような
気がします。

だから現在がどうだとか、大きな販売台数が悪いとかいいません。
世界的な好況や大きくなったニーズにこたえるために、企業として大きくなったのですから、
それはそれでよいことだったと思います。
しかし企業となった上では、より大きな収益と利益の追求は避けて通れませんから、今後どのように
展開し、どのような方向に進むのか?がユーザーとしては、関心のあることだと思います。

ハーレーの世界では平気で20年、30年の車暦でも走っているし、中古車市場に40年代、50年代の
ような車体が普通に売られている特異な車体でもあります。
これはコレを愛する人々の思い入れの強さでもあり、それを作ってきたメーカーの変わらぬ姿勢の賜物だとも
思います。

時代は諸行無常、ビッグ3とて安泰ではありませんでした。
今後のハーレーはどうなっていくんでしょうかね~?。
どんなに小さくなっても、カンパニーには残って欲しいと思います。

昔アメリカの老舗と言う、日曜の昼間、誰も見ないような時間の特番で、最初にハーレーが紹介された
番組を見たことがあります。
その時のカンパニーの人たちの顔が今でも思い出せます。

「どうだい、これが俺達が作ったバイクだ!」って誇りと自信に満ちた笑顔でした。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-24 10:01

今日は雨・・・なので出欠を取ります(笑。

いろいろお出かけ予定の方々もいると思いますが、こちらをご覧の4速ミッションのスポーツスターの
皆様、久しぶりに出欠を取ります。

年式と排気量、を書き込んでください。
そうそれと今回のお題は使ってる自慢のパーツなどいかがでしょう?。

純正、社外問わず自慢のパーツを書き込んでください。

車種は4速ミッションスポ系エンジンならショベルでもXRでもCRでもビューエルでも構いません。
できれば市区町村を書いていただけると交流できるかもしれませんね。


ジャイアン
 
‘89XLH883 東京都江戸川区在住

自慢のパーツは、最近変なカッコにフェイス加工(手作業 笑)したファンネルですかね。
効果のほど謎ですが、見た目はグロイです(笑。

みなさん書き込みよろしくお願いします。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-23 09:21

いろいろ考える

今日は娘の運動会。
っで浪人のとうちゃんは朝5時おきで、弁当と朝めしこさえて、ビデオを回しに行って、今帰ってきました。
今日はいいですが、明日は荒れ模様のようなので、A-DAY、名古屋缶コミにいらっしゃるみなさん、
お気をつけていってらっしゃいませ。

などと思いつくも、ここのところ実は来週にやる883改1200のセッティングをどうするか思案中なのです。
現在のキャブの仕様は、彼の備忘録に載っているし、電装はノーマルらしいのはわかっているのですが、
ひとつ違うのはVOESがカットされていること。
キャブに接続されている負圧スイッチですが、オイラこのスイッチを低速側が安定させやすいので、
カットしませんから、今回がカットされたものは初めてになります。

このスイッチの役割は充填効率の悪い低速時に高速並に進角させて、早い段階で着火し、圧縮工程の
段階で燃焼させることによって、ピストン速度が遅い段階でも十分な燃焼力を得ようって狙いなので、
基本的にはオイラは外しません。
レースなどではスムーズな加速とふけ上がりを求めて、外してしまった方がセッティングがやりやすい
らしいですが、公道では低い回転での巡航もありますから、そんなときはノックが出やすかったり
するみたいです。

具体的な数値はマニュアルに出てるのですが、VOESが生きてる状態でアイドル、ファストアイドル
それぞれは、30°、40°なのですが、スイッチがカットしてある場合それぞれ7.5°、16°とかなり
遅くなるので意識的にセッティングをしなければいけませんが、低速巡航時に濃くなりすぎることも
避けなければいけないので、ここは思案のしどころですね。

単純にジェッティングだけで逃げるか、うちにあるパーツをつけて流速を上げた上でセッティングをするかが
思案のしどころですが、使い勝手を考え、それほどぶん回せる車体ではないことも考えると
後者かも知れません。
うちにあるパーツを組めば、管長を延ばすことは可能ですが、ノーマルクリーナーに設置できるかは
疑問なので、近々確認をすることにします。

1200らしさは欲しいし、だからといって4速のギアの伸びを考えると、気難しさは避けたいし、
彼はバイク暦は長いのですが、初めてのハーレーがスポーツスターで、それも4速で、いきなり洗礼を
食らっているし(ちなみに彼は牧師さんですが 笑)、現在付いているサンスラは、あまり合わないみたい
なので、恐らく外してしまいますが、点火進角そのものは1200Sより早いし、1200ボアアップ加工のみで
バルブなどは883のままなのを考えると、無理はできないとおもうのですが、
現状の燃費を考えると、もう少し薄いほうが具合は良さそうなので、後は純正品番のプラグと
相談しながら様子を見てみたいとわかりませんね。

セッティングして調子が出たら、棚落ちしちゃッちゃ目も当てられませんから、その辺は良く考えて
セットを出そうと思います。
結局やっぱりリアバンクの排気側がネックになってしまうんですかね?。
大体聞くと、どんなに上手にチューニングしていても出てしまうのはそこなので、なるべくなら避けて通りたい
事例です。

でもまあこいつは彼の先生から譲り受けたものなので、大切に乗り続けられるようにセットをしたいと
思います。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-22 14:48

今日は・・・雨

久しぶりに雨が降ったら・・・蒸し暑い(笑。

今日は珍しく来客。
先日知り合ってバイクをいじるようになった例の大島帰りの4速1200のオーナーが来ました。
慣れてきたし、セッティング的にもそろそろ濃い目だろうからキャブなどの話をしにきてくれました。
まあビッグツインキャブがもう1つあるという事だったので、できれば1セット組んでポン付けしてとも
思ったのですが、すでに前回の不調時にディーラーメカニックに部品取りされていたので、
実際に装着されているものを使ってセッティングすることになりました。

もともとサンスラを組んだキャブであまり調子が出ないので、加速ポンプとスライドピストンスプリングが
純正に戻してあるため、ビッグツインキャブには異なったものが装着されていましたが、
久しぶりに見ました、一切ドレンのないフロートボール。
って事は今付いてるキャブって‘02~03?。
そういえばリアサスも‘01品番だし、キャストも13本だっし、結構新しい部品に変えられていましたね。

オイラと同じ‘89883のボアアップなので、あまり過激にならないようにセットが出せればいいですね。
ゆったりしたトルクに乗って低いファイナルで加速するような感じがいいと思います。
やりすぎてリアのピストン棚落ちさせてしまうと元も子もないし。

車体的には結構くたびれているので、その辺は相応に楽しめる程度でいいかもしれません。
あとは実際にプラグを見てみてどんな走りにニーズがあるか判断しなければなりませんが、
中低速は少し濃い目に出したいと考えています。
本当は低速を安定させるためにちょいと細工もしたいし、VOESをカットされてしまっているので、
どうしようかな~と今から楽しみです。

さ~どうしてくれよう?。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-20 18:07