<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

XR1200のカスタムを考える

ようやく動けるようになってきたものの、まだ歩くがやっとってとこでしょうかね?。
頭の中だけは自由ですから、ほぼ妄想の世界に生きています(笑。
しかし、数十年ぶりのインフルがこんなに酷いとは思わなかった。

っでXR1200をカスタムするならどうするか考えてみます。
c0063859_13163819.jpg


っでちょろっと画像を拾ってきました。
今日の883RさんのHPにお客さんのXR1200のカスタムが掲載されており、フレーム後端
の形状が初めてわかったので、色々考えられると思います。
http://blog-883r.jp/archives/51741022.html

しかしホンモノを1度ディーラーでじっくり観察しましたが、スタイル的にはいじりづらい(笑。
シートレールは跳ね上がっているので、コレはコレで隠しやすいし、フロント回りはヘッドライトを
ステーを作って前に出してやれば、そこそこ市販のビキニカウルは使えると思います。
シートなんかはテールアップしているダートラシートの類なら、フィッティング次第であっさり
付きそうなので後ろと前は良いとして、問題はタンク周りでしょうか。

ペイントはカバーでインナータンクを装備しているのは、メイキングビデオなどで明らか
ですが、その下の吸気のインテークボックスの存在が全体のハイトを上げているため、
どうしてもタンク位置を押し上げてしまいます。

これが解決できれば、全体のシルエットを下げてよりスマートにできると考えます。
しかしこのレイアウトでは難しいだろうな~?。
後はタンクを小さくして、インテークボックスサイドまでカバーで飲み込ませてしまえば、
全体なのシルエットを下げられるのでしょうが、タンク周り大改修と言おうか、フルリビルトに
なってしまう。

しかしタンクそのままだとCRの時に問題になったタンクとシートの段差が顕著になって
せっかくのスポーツ感が損なわれるでしょうから、やっぱり難しい。
車高はそこそこあるのでマフラーなんぞはいざとなったらビュー用そのままつけても
旧型スポと違ってあっとこっちにどっ突くことは少なそうなので、やれそうなのに
やっぱりどうしてもビューエル化になってしまう(笑。

コンセプトはXRですが車体構成がどうしてもXR750とは程遠いので、
どういじったらカッコいいんだろ?。
やっぱりCR化ですか?(笑。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-31 13:38

ヒマなオイラは何時まで経ってもCRタンクを考察しています(笑

4日間のリレンザの投与でようやく今日辺りから、起きていられるようになりましたが、
少しはマシになったとは言え、背中から腰に掛けて走る関節痛はまるでぎっくり腰のような
痛みなので、なにもできるわけでもなく、ただただ読書をして過しております。

っが頭の中はすでに完成してしまったとは言え、相も変らずCRタンクの考察ばかりしていて、
よっぽどこの変なタンクが気になるようです(笑。
さてこのタンク、見る角度や方向によって色んな表情を見せる魅力的なタンクなのですが、
いざそれを再現しようと考えると実に難しく、単純な印象や単一的な方向での観察では、
その様々な表情を表す事ができません。
実際タイプ4の原型製作の際、製作者のダークホースさんとオイラとでは大きな意見の
食い違いがありました。

オイラが持ってる印象は意外と丸く見えるということでした。
ネット上や印刷物の資料を集めまくり、その中にある様々な角度からの画像を見ていると
非常にカクカクした直線的な形状に見えるのですが、それでは角度変った時に見える反りや
曲線を説明できません。
単純に平面で構成したタンクならば、もっと詰まらない形になるはずです。
しかしオリジナルをよくよく観察してみると、各面の接合部は緩やかな曲線を持っていたり、
それに伴った曲面を持っていることがわかります。
この接合線が角度によっては直線に見え、また曲線を作り、様々な表情を作ります。

またそれに連なる面もとても緩いRをもった凹面や凸面の曲面を持ちこれが組みあがった時、
あの独特の形状が構成されます。
きっとホンモノのオリジナルタンクが目の前にあったら、型取りして終了してしまうため、
ここまでグジャグジャ考える事無かったでしょうが、このタンクの造型が計算された物なのか
偶然の産物なのかは、いまだ解明できません。

オイラはある程度意図的であり、ある程度偶然なのではないかと考えます。
CRが特殊な経緯で製作され販売されたとはいえ、マスプロ製品である以上ある程度の
生産性は考慮しなければなりません。
あの複雑な形状とはいえハンドメイドで作るわけには行きませんから、プレス加工を必要と
するでしょう。
その時型抜きの際に必要な逃げが、デザインに加えられより複雑な面を構成するように
なったのではとオイラは考えます。

とにもかくにもこの時代を超えた、卓越したデザインとハーレーダヴィッドソンのスポーツ
スターと言うモデルの出会いは、30年たった今でも求める人がいる事が、証明しているでしょう。

まあもっとも何時までもこんなにしつこく考えているヤツも、オイラ以外にあまりいないでしょうが
興味の無い方から見れば、どっちでもいいことでしょうね(笑。
そう言えば90年代にグッチのカスタムでCRのようなデザインを雑誌で見かけたことが
ありますが、何処のカスタマーで何処の輸入下か失念してしまい、いまだに思い出すことが
できないでいます。
モトグッチでこのCRッぽいカスタムをご存知の方はどうか情報をください。

それにしてもCRってモデルは、たった一回それもデザイナーの個人的な好みで製作された
にもかかわらず、捉えられたものにとってはコレ程離れがたいものだとは思いませんでしたね。
まあオリジナルのオーナーの方々が、苦労しながらでも維持し続ける気持ちは良くわかります。
スタンダードなスポーツスタースタイルにはいつでも戻れるけど、2度とこの造型はやりたくない
と思うほど、考えさせられましたから(笑。

でもまた何かあったらやっちゃうんだろうな~(笑。

c0063859_1905171.jpg

[PR]
by jyai883 | 2009-01-30 18:57

リレンザ登場

ってなわけでインフルエンザAソ連型で臥せっております。
ウチの奥様が先週の水曜から発症し、湿度を上げたりうがいをしたり防衛に努めましたが
日曜夜に発熱、月曜に受診したらしっかり貰ってました。
こいつタミフル耐性で吸入薬リレンザの登場です。

インフルエンザの症状、高熱やせき、下痢は一応治まっていますが、唯一つ関節痛がひどく
特に背中から腰にかけては強烈で、まるでギックリ腰になったみたいに痛みが走るため、
真っ直ぐ歩く事ができず仕事にもいけません。
ちょっとした頭痛や倦怠なら我慢できるのに、この痛みはダメですね。
行っても仕事できないんじゃ話になりません(笑。

お陰でタイヤが来てるのに、CLはタイヤ交換もできないし、当然バイクには乗れないし、
先週末からの予定はもうぐちゃぐちゃです。

しょうがないから大人しく寝てます(実は寝てるのもつらいのですが 笑)。
早く痛みに引いてもらわないとなにもできません。
医者に聞いたらインフルの薬を服用中は痛み止めが効かないらしいし、
バイクは直ぐ治るのに、自分は直ぐに治らないですね。

あっ今日は定休日でもないのに隣のバイク屋が休みだった。
ひょっとして隣も全滅?。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-28 16:00

いや~

歳が明けてから仕事そのものはヒマなのですが、行く現場行く現場内容がハードで
かなりお疲れモードです。
今週も結構体痛くてボロボロ(笑。
半分くらいの歳の連中と一緒に仕事するのは、付いてくだけでかなり大変です(笑。

まあ今週も特に書く事が無いので、オイラの1番のお気に入りのCRっぽい2の画像でも
載せておきます(笑。
この画像かなりカッコイイですが、実物はそばで見るとかな~り小汚いです(笑。
c0063859_1858150.jpg

[PR]
by jyai883 | 2009-01-23 18:59

寒いですね~(笑。

本日ドン曇りの東京地方。
午前中少し走ろうかとガレージに行くと、ぱらっと先走りが降りやがってどうしようかと待機状態。

思い出したように、昨日調子がイマイチだったCL400の状態チェック。
仕事で乗ろうと始動してキック2発でエンジン掛けて、さあ出発でエンスト。
その後始動できずにバッテリーが上がってしまった。
バッテリーそのものの容量も小さく(原付と同じ)どうなのよ?ッテ感じでしたが・・・。
今日はまだ新しいバッテリーなので復活、やはり2発で掛かる。
でも買ったときから始動性がイマイチだったので、少し走り暖めてパイロットを調整すると
振動が軽くなりいい感じ。

っがミッション上部になぞの開口発見、ネジが無いだけならいいけどややオイリーなので
バイク屋に持っていて適当にネジと銅ワッシャーで塞いでもらった。
本来エンジン的にはセルモーターのマウントがあるところだけど、何の穴だかわからず
そのまま終了、ついでにややくずぶり気味だったプラグを1番上げて軽く走って終了。
ガレージに戻ってしまいながら、それでは納まらずCRっぽい引っ張り出してチョイ乗り。

最近のオイラの中にあった違和感は、アクセル開けられないことに起因すると先日CLに
乗っていて気づいたのでちょいとだけ元気に走ってみた。
するとあ~やっぱりコイツはアクセルワークで走るバイクだと再確認。
正直買った時に感じた腰高感が蘇っていたけど、やっぱり自分のせいなのね(笑。

CLを買ってこの軽く非力なバイクを走らせるとき、体はハーレーの走りを覚えていて
同じような加速を感じるためには、1段低いギアで引っ張るのですが、やはりアクセルワーク
のメリハリは大切と痛感しております。
特に883はパワーがあるわけでもないので、アクセルワークにメリハリがなくなると、
てきめんに不安定になるし、最近のCRッぽいのポジション的にそれが感じやすい状態だったので、
本年初っ端から反省しております(笑。

さあ、この時期はちゃんとメンテしてがっつり乗れるようにしなくては。
あ~その前に乗りっぱなしなので掃除しなくちゃ~。
c0063859_1837944.jpg

[PR]
by jyai883 | 2009-01-18 18:38

気がつけば・・・

この回を持ちまして、500回目を迎えました。
05‘2月からマア適当な事を良く書いたと思います。
4速883も20年を超え、ではちょっと20年前に戻って見ましょう。

1989‘1月13日既に5日前に昭和天皇は崩御し、平成元年となっていました。
このときのハーレーダヴィッドソン89‘モデル総輸入台数は正規輸入台数で
全車種をあわせても1800台余り、今ほど街中でも見かけることはありませんでした。

89‘モデルの883スタンダードの定価が¥890000と言うどうでもいいような値段設定で、
このときの正規輸入元はバルコム。
この後、物品税廃止、3%の消費税導入となり、ハーレーもモデル途中で値段が改定され、
¥840000になります。
価格的には90‘モデル883の¥880000が最低とされますが、実際に消費税を合算すると
89‘モデルが底値となります。

当時のハーレーの正規代理店としては、東京だと村山モータース、陸友モータース、
小川屋などがあり、オイラの車体は同列の老舗ですがどちらかといえばヨーロッパ車に
強い福田モーター商会の車体です(後にディーラー権失効)。
当時は業販でもディーラーから取れたため、オイラは隣のバイク屋(ホンダウィング店)に
取引がある福田から車体を引いてもらいました。

この頃は国産のバイク屋でも外車取引をするところがあり、当時の隣のお客には
ハーレー、BMW、グッチ、ドカなど外車のお客も多く、当の社長もR100RSから
87‘FLHに乗り換えた頃でしたね。
昔は現在ほどどのメーカーのディーラーでも締め付けがきつくなかったせいか、
国産のバイク屋でも併売していたし、外車を業販したり、中古のハーレー引っ張ってきたり、
隣のバイク屋の社長は結構やり手でした。

初めてのBMやドカに乗せてもらったのも隣のバイク屋ですし、付き合いも来年で25年に
なります。
っがこの間にバイク6台しか買わないし、同じバイクに20年も乗られた日には、
「お前にパパサン乗せたのは失敗だった」と言わしめております。
88‘8月に予約を入れ、車体が入ってきたのが10月、入庫したその日に社長が引き取りに行き
(ショールームに並べると売れてしまう為)オイラは店で帰りを待っていました。
この時一緒に貰ってきた通関証明とインボイスの積荷証明では、一緒に入ってきた台数27台。
うちスポーツスターが2台、1200と883が1台づつのうちの1台でした。
色なんか選べる時代ではなく、もう入ってきたら何でも、更に883ならスタンダードだろうが
デラックスだろうが、ハガーだろうが何でもって感じで購入しました。
何せ希望の車体が何色で何時入ってくるか判らない頃でしたから(笑。

オイラの車体は特に大きな不具合は無かったのですが、フロントブレーキマスターの
バンジョーボルトのシールワッシャーからフルードが漏っていて、7/16のシールワッシャーが
中々入ってこずに車検を取るのが中旬まで遅れてしまいました。
同時に2名登録するため、ビリオンステップとみんな外してしまったと言われる、1200と
同じデラックスシートを着け車検取得、直ぐオプションのバロニーサイレンサー(スラッシュカットのほぼ直感爆音 笑)と3・25ガロンビッグタンクに交換、ほぼこのまま1年ほど乗っていました。
ビッグタンクに貼る883のロゴステッカーが1枚¥5000したのには驚きましたね。

その後1月で慣らしを終え、12月に調子に乗って交差点で転倒して恐ろしく硬いタイヤ
ダンロップK181からAVONロードランナーに履き替え、年を越し、爆音巻き散らかしながら
ハーレー初心者デビュー直後の頃のオイラが20年前のオイラです。
この頃は解らない事だらけで、マニュアルもなく、情報はバイク屋からとペラペラの純正カタログ
、雑誌で長期連載中のシン池田氏のカスタムインプレと近藤さんの能書きがバイブルでした(笑。

この頃クラブマンで見たフリーダムのXLCRカスタムを羨望の眼差しで読みながら、
せっせと36回払いのローンを返し、20年経ったら自分でCRカスタムをし、ネットで能書き
垂れていようと夢にも思っていませんでしたね。
あの頃は走りがどうとか、カスタムがどうとか全然考えず、ただ跨って走ってさえいれば
ご機嫌なハーレーライフを送っていました、まあ長続きはしませんでしたが(笑。
そんなオイラの初心者時代が一番楽しんで乗っていたのかもしれません。
今と違って比べるものが何も無く、国産と比較しても意味が無く、ハーレーダヴィッドソンって
いう変な乗り物に乗って、どうしたら上手に乗れるんだろう?ってことばかり考えていた時代です。

こんなオイラですが今後ともよろしくお願いします(笑。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-13 20:13

そろそろみなさん初走り

色んなサイトを見て回ると、正月気分も抜けてそろそろ皆さん走り始めているみたいですね。
まあオイラも今年は既に3台とも動かしているし、いつもより早いかもしれない。
ただ今日の東京は氷が張るくらいの、朝の寒さで挙句に休み明け最初の連休で体の方が
メンテを要求してきたので、最初の日曜は骨休めです。

正月までは比較的暖かでしたが、今週の後半は冷え込んできてるので、バイクに乗るのも
億劫になりますね(笑。

今年は何して遊ぼうか?、そろそろ奥様に許可が出てるので自由に乗れるように
なりそうなので、いろいろ考えております。

今年で全て4速スポのモデルがオーバー20s、ここで何かしたいとも思っているのですが、
もう1つサイト立ち上げようかな~?などとも思いますが、時間があるのかな?。
以前から考えていた「4speed sportsters」。
メインパッチとover20sパッチを作り、20からイヤーパッチとして増やしていくとか、
ゆる~いコミュニティーみたいな物を作ってみたいとも考えています。

オイラみたいに新車から乗ってる人は少ないと思うし、中古で購入後、この変なバイクに
やられてしまった方も多いと思うし、何よりビンテージにもなれない中途半端な年式で、
且つ2世代以上前の情報も出てこなくなっている現状で、少しはクラブ活動でもして
情報交換ができればと考えています。

まあ何時なるか判らないですが、今年はちょっとやってみたいと思います。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-11 18:04

やはり経年変化なのか?。

今回の質問は12月の中旬にBBSの方に貰った質問でしたが、オイラもふと疑問に思い
オープンにしましたが、結構いろいろありますね。

そう言えば883を買った当初、隣のバイク屋の社長に横挿しキーはあまり重いものを
つけてるとそのうち抜けちゃうから気をつけなと言われた事を思い出しました。
以来出かけるときは、バイクのキーとガレージのキー家の鍵と以前はチェーンロックのカギを
別々にじゃらじゃらポケットの入れて出かけていましたね(笑。

国産なら上から挿すので抜けそうに無いですが、横から挿すタイプは高速ででも落とそうものならそのままノンストップで家まで帰らなければいけなくなるので一大事です。
お答え頂いた皆さん、抜けちゃう人も抜けない人もどうかお気をつけ下さい。

こう言う質問は興味もあるし、思っても見なかったことなので大変面白かったです。
また何かありましたら是非BBSに質問よろしくお願いします。

ちなみにオイラの奥様号97‘ハガーでやったらデジタルトリップが点いたまま抜けたので
ビックリしましたが、90年代中期のタンク前に移ったイグニッションスイッチは、
一段目がACCなので抜けちゃうんですよね。
一瞬ヤバイとビックリしてしまいました(笑。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-08 18:29

第1回質問コーナー

コレは4速以前の方に質問です。
イグニッションキーは差し込んだ状態から2段で回りますが、
1段目でキーが抜けるか?抜けないか?ッてことです。

元々どちらでもヘッドライトが点いて、エンジンは始動するのですが、
昔の検査規定で手前のジャンプコードは切断して2段目でヘッドライトが
点灯するようになっていると思います。
そろそろ全年式が20年を超えてくる車体ですが、今更こんな疑問がでるのも
面白いものです。
ビッグツインはキーロックだけなので解除してしまえば抜けてしまうのですが・・・。

あなたの4速スポのイグニッションスイッチは1段目でキーが抜けるか?抜けないか?。

ちなみにオイラのは・・・抜けません(笑。



でもやっぱり抜けちゃまずいんじゃないですかね~?。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-06 09:36

走り初め

年も開けようやく初乗りです。

っが年末に落としたリフレクターをつけねばと、とりあえず近くのドライバーズスタンド
2輪館に原チャリでお出かけ。
四角い大型のリフレクターを買い、ついでにジェットヘルを新調して帰宅。
早速ナンバー下に取り付けて、おニューヘルメットにシールドつけて出発。

出が昼過ぎでしたから何処に行こうかと決めずにとりあえず江戸川を北へ。
土手道から6号に入り松戸方面へ。
車は多く所々詰まっているが、全体としては流れている。
別に目的地も無く、急ぐわけでもないので車の流れに乗ってゆっくり流します。
柏まで来て「そうだ初詣に行こう」っと友人のお寺に。

まあ行こうとしても、連絡がつかなかったり外出中だったりで去年は1度も会えなかったので、
今年の初めは突然訪問(笑。
到着するとたまたま奥さんが出てきて、ご挨拶をしてお参りのあとお茶に呼ばれました。
6号からは確かこっちだったろうと適当に走っていたら、たまたま近くに出たのですが、
相変わらず渡り鳥みたいな走り方で目的地に到着しています。
テレビを見ながら2時間ほどお邪魔して、帰って来ました。

帰りもかなり適当に走りましたが、まあ全然知らないわけではないので、なんとなく
帰路に出くわし帰宅(笑。
知らない道を迷子になりながら走ると結構楽しいですが、コレを山の中でやると
とんでもないところに出てしまうので、注意が必要です。
結局今日は50kmほどをのんびり回って帰って来ました。

この時期は車の流れはゆっくりだし、郊外の道路ではそこかしこでショッピングセンター
渋滞に出くわすので、早朝走るに限るのですが、さすがに寒くて布団を出たくないですね。

今年もみなさん無事で走りきりましょう。
[PR]
by jyai883 | 2009-01-04 18:19