<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

え~では最後の画像

c0063859_20224430.jpg

上下逆さですがミッションアッセンブリーをドライブ側から見た画像で左がシフターユニット
になります。
このシフタードラムが動くとフォークが溝を動きギアが変速されます。
溝に見えるのはフォークエンドのフィンガーローラーです。
c0063859_20271710.jpg

っでコレがドラムの下側実際はプライマリー側ですが、ここに悪名高きカムフォロアが付き
コレがドラム外側部の山にはまり、クリックを与えています。
スプリングの付いロッカーアームみたいなヤツがそうですね。
c0063859_20332297.jpg

これらが動き、シフターフォークが左右に移動して変速するのですが、
フォークそのもの動きは、昨日のミッションアッセンブリーの画像を見ていただければ、
フォークがどう動くが想像できると思います。

実際再び逝ってしまったと思ったシフターブロックに特に問題が見つからずに良かったです。

今回は特に問題もなくあっさり点検終了になりましたが、10年ぶりに開けたトランスミッション
はオイラにとって興味津々でしたが、これでまた言われるほどハーレーは壊れないよねって
思いは、強くなりました。
ハーレーといえども機械なので、ちゃんと使ってやりさえすれば問題は無いですかね。
絶対壊れない機械はないし、逆に弱点がハッキリしているので、気をつけるポイントも
判っているので、それさえちゃんと意識していれば長く遊べる事がわかりました(笑。

そしてやばい場所も発見しました。
c0063859_20465159.jpg


何も考えずにエキパイ組んで乗ってたら、リアエキパイがタイマーカバー前に接触していて
カムカバーが少し溶けてしまいました(笑。
組みつけの際はここのクリアランスを気をつけなければ!。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-30 20:52

只今のCRっぽいは

こんな感じでバイク屋のベンチに乗っております。
c0063859_20434067.jpg

っでぶっこ抜いたトランスミッションアッセンブリーがこれ
c0063859_20451428.jpg

下にはシフターポールが見えますが、うちのバイクは常に2~3台あったためうちの4速は
距離が出ていないものの40000km弱は走っているのにこのシャフトのボールエンド、
硬いとは聞いていましたが、全く磨耗した形跡がなく鋳物はだのままってドンだけ硬いん
だろう?。

っでミッションのギアフェイスはきれいなもんです
ドックも角が残ったままです、
c0063859_20502395.jpg

更にドアップで(笑。
c0063859_20525219.jpg

これはカウンター側の3rdギアですがきれいですね。

まあ実際は開ける必要がなかったのですが、これでしばらく安心です。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-29 20:56

クラッチ

ミッションをバラす上で、前作業で当然プライマリードライブを分解しますが、
クラッチを取り外したついでに4速乗りにとって点検すべき箇所が2箇所ありますが、
それはオルタネーターマグネットとクラッチレリーズベアリングです。

まずはクラッチハウジング裏にあるマグネット。

c0063859_1665428.jpg


欠けもほとんどなく寄ってもいませんでした。
よく開けたついでに見たら、寄っていたとか言われるのでちょっと不安でしたが、
特に所見では不具合なしで一安心です。

次にクラッチレリーズベアリングとその裏側です。

c0063859_1695720.jpg
c0063859_16101022.jpg


元来半クラをほとんど使わないためクラッチの調整時にほとんど締まらない事が多かったので
ここも問題なし、ひっかかりもなく回ります。

今回は原因が違うところにありましたが、10年ぶりにミッションを開けるいい機会でした。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-28 16:14

さてさて

とりあえずどれくらい舐めたかと言う証拠写真をあげてみましょう。
c0063859_23282791.jpg


これを見ると外辺を残して綺麗に舐めているのがわかります。
それも削れた側の頂点は、本来のスプラインより回転方向にねじれてますから、
結構長期間でずれていった事もわかります。

この症状は車種に関係なくハーレーではたまにありますが、わが身に起こるとは。
今回の分解のお陰で、やった瞬間の症状の原因も納得いくし、音の原因も説明が
付くので一安心です。
やった当時ニュートラルは確実に出ました。
そしてシフトするとガラガラと言う音だけで前に進みませんでした。
スプロケットが空回りしているので当然ですが、最後の引っかかりがけずれたものの
山はわずかに残っているのでメインシャフトのスプラインが滑る音だったんでしょうね。

押し歩きの時も引っかかったり滑ったりで、変な音がミッションの近辺から出ていたのも
そのせいでしょう。
何はともあれ原因がミッション以外だったので一安心です。

ちなみにスプラインを舐めたメインシャフト先端はこちら、
c0063859_2338987.jpg


途中までバレていたのでついでの抜いてしまったミッションですが、ちゃんとシフターは
ニュートラルに保持されていたし、何より変な破片が出てこなかったのが
一番ほっとしましたね。

クラッチハウジングのマグネットやクラッチレリーズベアリングも点検しましたが
特に問題はないみたいだし、普通に外してビックリのマグネットですが、
片よりも欠けもなく全く無傷でした。
これらの画像は明日にでもあげましょう。

しかし本当に今回の事ではお騒がせいたしました。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-27 23:43

え~お待たせいたしました

本日、4速883のミッションバラしました。
そして今回のトラブルの原因は・・・。

昼にバイク屋に行くと既にプライマリーまではバラされていて後はステーターコイルを
はずし、トラップドアを引き抜くのみになっていました。

ボルトを外して引き抜けばカセットミッションがでてきます。
バイク屋の倅曰くNSRと同じだけどNSRよりはるかに重いよこのミッション。

っで各部の点検に移ります。
すぐ目に入るギアは回りは引っかかりもなくギアフェイスも驚くほどきれいで作動には問題なく
ドックの割れや欠けもありません。

シフターも予想に反して(あけるまでフィンガーローラーを疑っていた)全く問題なく
以前やったロッカーフォロアやフィンガーローラーはきれいなもんです。

そして最大の原因はこやつです(笑。
c0063859_14385559.jpg


ミッションをバラす上で予備作業中に見つかっていたのですが、オイラが行った時にはもうミッション取り出し寸前だったし、ついでに点検かたがたミッションもバラしてしまいました(笑。
ケースの中も特に異物もなく問題がなかったため原因はこやつという事で決定。

ミッションのバラしは主治医もたないオイラとしてはメカニックに経験をしてもらう上でも
やってもらってしまいましたが、点検で安心をしたいという部分もありました。
でもまさかドライブスプロケットのスプラインナ舐めとは・・・今さら・・・。
c0063859_157156.jpg



バイク屋の倅曰くスプロケットナットはがっちり締まっていたそうです。
メインシャフトとスプロケットのスプラインのガタが大きく時間的に削れたみたいですね。
外から見ても判らないものコレじゃ(笑。

まあともかく大山鳴動してねずみ一匹みたいな結末でしたが、各部の点検もできて
大事に到らなかったのでオイラは良かったと思いました。
これからはもっと隣のバイク屋の倅にやらせようっと。
まあ倅といってもオイラより一回りしたの二児の父ですが、子供の頃から知っているので
そう呼んでしまいます。
これからはもう少し大事にしてあげよう(笑。
まあ町のバイク屋さんなのでやはり飛び込み修理が多く作業はなかなか進みませんでしたが
何かと近い方がよろしいし(笑。

今回の事でいろいろお声かけを頂いた皆様には、この場でお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

後は部品発注してちゃっちゃっと直してもらいます。
またその他の点検画像は順次上げていきたいと思います。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-27 14:53

夏の疲れが

出てるせいか、近頃サボり気味です(笑。
最近の疲れ方は今までにないような状態で、意識上の疲れや感覚的な疲れではなく、
動作の中で「ん?なんか変」ってな感じで、妙にバイクが壊れる時の感覚に似ています。

これ以上やったら壊れるかなと思いながら、ほ~ら壊れたみたいな感覚で、
思いがけない痛みや動かなさがあります(笑。
50を目の前にして歳のせいとは言いたくないものの、若い頃は馬鹿みたいに筋トレや
それに近い事をやり続けたせいでしょうか、思っているより肉体的なダメージが
大きいみたいで何だこれ!って感じの不良箇所が肉体内に続出。

まあ大人しくしていれば収まるものの、今までにない意識外の感覚が唐突にやってくるので
面食らう事しばし。
こりゃバイクだけじゃなくて自分もオーバーホールかな?(笑。

まあでも騙し騙しで動き続けないと、本当に動かなくなっちゃうので、仕事は休まず
出てますけど、どうなんでしょ?。

うちのCRッぽいは昨日やっとベンチに上がりましたが、本日バイク屋定休日のため
まな板の上の鯉のままですが、そろそろ作業に入るみたいです。
それ見て、ん~でもオイラのバイクはカッコイイと一人で思っている馬鹿です。

CRっぽいの修理もあるし、CLの納車もあるし、来週は子供の運動会も仙台出張(逸れも日帰り)もあるのでなんか身辺はバタバタしてるのですが、今年の紅葉はゆっくりバイクで行きたいですね。
そう言えばもう何年も筑波山の紅葉を見ていないや。

その前にすこしづつ体も整えようとストレッチでも始めてみますかね。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-23 23:22

最近のオイラ

近頃は05‘くらいのメールを読み返すことが多くなっています。
この頃のメールは、近藤さんとの往復書簡やバージンハーレー連載のやり取りなどが
ありますが、今読むとすごい理屈っぽいところのいたな~正直思います。
特に職業的に不安定な状態であった時期だし、それらのストレスをメカネタで解消するかのように、突っ込みまくってますね(笑。

そこから見ると今はバイクとの付き合いが到ってシンプルなため、変なこだわりもボロボロ
取れて物の考え方も気楽になっているように思います。
現在の883のトラブルも以前であればもっと大騒ぎしたでしょうが、今は直ればいいじゃん
くらいのところにしかいなし、やれば直るんだから何もストレスにならずにすんでいます。

ハーレーというバイクに対するこだわりも以前より希薄になっているかもしれません。
よく考えればうちの2台の883はとてもハーレーらしく気に入っているものの、
まったくノーマルの面影がないフルカスタムに近いものだし(モチーフが同一車種ですから
違和感はないのですが 笑)現行のスポーツスターには否定的ではないものの、
違うシリーズとの認識があるため、現行車種には興味がいかないし、
かえってヨーロッパ車がやっている懐古的転換の方が興味があり、
トライアンフボンネビル、ドカティーポールスマート、モトグッチV7など往年の名車の
現代的レプリカの方が楽しく思うし、なんかバイクとの付き合いが乗り始めた頃に
戻っているように思います。

生活のペースも若い頃とはずいぶん変って、できることが限られてきたせいもあるでしょう。
既にバイクの存在が鍋釜と同じ存在になって久しいですが、これからは乗って楽しい
バイクライフを心がけて行きたいと思います(笑。

内燃機関は今後どうなっていくのか興味は尽きませんが、代替エネルギーももふくめ
今世紀が大きな転換期になることは間違いありません。

現在のエコの流れは100年続いた内燃機関の歴史を進化させるか、消滅させるかは
判りませんが、既に流れは始まっているし、これは停めようもないのでどう変化していくかが
楽しみです。
まあ今のエコ運動がエコなのかエゴなのか眉唾的な部分も含め、一つの契機として
エンジン、モーターと言う物が急激に淘汰されていくとは考え難いですが、
近い将来、全く違うシステムによる交通機関の登場も含めパーソナルコミューターの
存在は今とは違った形になっていくと思います。

そうなったらそうなったでジジイになったオイラは家族の制止も聞かず、
「今日はエンジン掛けるかね」といいながら高い料金を払ってボトルにガソリンを買い、
余り使われなくなった郊外の公道をCRッぽいでとことこ走る事を考えると
楽しくなるのですが(笑。

今のエンジンに使われる新しい技術や機構が後手後手の泥縄的な規制対策ではなく、
全く違った新しい道に踏み出すシステムとして確立される時、バイクのあり方や役割も
また新しいものになっていくかもしれません。
人間が生身で自分以上の能力的速度で走れる数少ない乗り物は、いつまでもその魅力で
人をひきつけ続けると思います。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-21 11:55

え~

現在883に関してまだ作業に至っていないため、特に変りはありません(笑。

っとネガティブレポートをしてみる。

っで隣のバイク屋に行ったついでにお買い物もしてみました・・・。

CL400・・・価格は車検を取って乗り出しは、2種原付くらいです(笑。

まあ気軽に乗れる軽いバイクが欲しかったので、ある意味これで883も大事に乗れます。

距離も15000km弱なのでお手ごろでしょう。

3月の関スポ番外編で近藤さんのSL350に乗って以来、シングルの軽いバイクがいいな~と
思うようになり、883とスクーターのはざまのバイクが欲しくなりました。
そんな折隣にCL400が入り、当初修理車だと思っていましたが、5月頃にプライスタグが
つきました。

1度は問い合わせがあるとの事で、そちらにと言いましたがその後もそこにあり続け、
7月に車検が切れました。
今回の883故障、ファッツ売却の流れの中で今日とうとう買ってしまいました。

もうほとんど「おいちゃんタバコちょうだい」と同じ乗りで、もう四半世紀に及ぶ付き合いの
隣のバイク屋の社長に「このバイクちょうだい」と言ってしまいました。
「お前なんで今更国産のシングなの?」と言われながらも(笑。

奥様には事後報告。
「何!どれ買ったの?!」と激怒のご様子。
隣に行って現車を見ながら、値段を言うと笑い出してしまいました。

まあこれでめでたくお気軽中間排気量を入手したというご報告でした。

883の点検は今週末から来週中にはベンチを空けてやるとの事です(笑。
まあそこから部品の発注等が始まりますから、何時直るんだろ?(笑。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-18 20:55

不思議な気持ち

昨日はファッツが17年目でドナドナされていきました。
車検証を再確認したら18年4月だったので、ほぼ2年ほど動いていませんでしたね。
新しいオーナーが調子よく乗ってくれれば幸いです。

883は隣とは言え、修理預かりで出しましたから手元に無いことにあります。
実に20年ぶりに自分のVツインバイクが1台も手元にありません。
さっき気づいたのですが、あるのが当たり前の状況だったのでちょっと不思議な気持ちです。
ガレージに行くと奥様号ハガーが毛布を掛けておいてあるだけのガランとした空間。

まあ隣の店を覗けば、オイラのCRっぽいがあるのですが、それすらも不思議な感じです。
お陰でより4速883への意識が強くなるのを感じます。

まあ主治医を持たないとはいえ、あえて隣にバイクを預けたのは自分で見れたり、口を出したり
手を出せたりの状況を作りたかったのでしょう(笑。
修理というより直すと言う意識が強いように思います。
オイラが乗り出した時はこれしかなく、ミッションの弱点は言われつくしていましたから、
いつかは来ると覚悟のうえで乗り続けてきましたし、とうとう来てこの状況は不運というより、
自分が触れる幸運と感じます。
頼れる師匠はすでに鬼籍にはいってしまったし、これからは自分で触る状況を楽しみながら
乗り続けていこうと思います。
判らなければ、アドバイスいただける方やSSTの貸し出しを申し出てくれる方々がいるので
非常に心強いことです。

モデルが変更になって18年、触った事があるメカニックの数も限られているので、
この状況を楽しまないわけには行きません(笑。
4速883とはより深い関係になりそうです。
この状況は楽しい、でもバイク屋にはならないように気をつけようっと!。

追伸

すみません、まだベンチが空かず作業開始がのびのびになってます((笑。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-15 20:09

今週末

4速はミッションを開ける予定でしたが、預けている隣のバイク屋さんで親戚の不幸があったり、
事故車や順番車両が増加中。
商売繁盛でよいのですが、落ち着いて作業できないのでまだ手がつきません。
なにせベンチの上で600ccスクーターのエンジンばらばらになってますから(笑。

っで夕べはスペースのできたガレージ内で、ファッツのドナドナ準備。
別にどうしようと言う気もないので、実験的なパーツを外してノーマルに交換したり、
軽く拭いて終了。
改めてみてみるとコリャオイル抜いて、バッテリー積めば直ぐ走るな~って印象。
タンク内のガスも異臭はなく、抜いて入れ替えれば問題ないでしょうね。
ほぼ3年ほったらかしてもすげ~なガレージ保管。
ま~オイルはケースに下がりきってるのでオイル漏れは結構出てますが、
オンボロショベルよりはましな程度です。

ってな訳でこの連休中はあまり動きがないかも知れない予感。

クラッチスプリングコンプレッションツールは押入れから発見、フィラーキャップレンチと共に
バイク屋に預けます。

昨日バイク屋に行ったら(隣ですが 笑)、このバイク置いとくとガン見してく人が多いよって
言われました。
「このXLCRは売り物ですか?。」ってお客まで登場、客寄せパンダにはなってるみたいです(笑。
[PR]
by jyai883 | 2008-09-14 08:15