<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まだハンドル

20代の頃はご多分に漏れず低いハンドルが好きでした。
250クラブマンは1型でしたから、当然1文字ハンドルでしたが、ハンドルクランプ位置を
更に下げるため、トップブリッジをCBX250RS用に変更したり、
400TTはセパレートでしたが、何時トップブリッジ下に下げようか考えたりしてました。

まあハーレーに乗り出してからも1文字、つまりドラッグバーは大好きで、
ファッツは4インチセットバック+40mmスペーサーでドラッグバーマウントで、
車検証は記載事項変更をしてあるし、4速883は事あるごとにドラッグバーになってきたし、
(1.5、2.0、3,0、4,0ライザーでマウント)低いハンドルはカッコイイと。
まあ見る分には(笑。

歳とともに前傾では、首が辛くなり、徐々にアップライトな物に変更して、現在の1200Sバーに
なったわけですが、いまだに低いハンドルはそそられます。

マグラやトマゼリの名前を聞けば、レーシーな雰囲気になるし、ドラッグバーと聞けば
気分はジョンマックルーアでしょうか。
乗り初めの頃、憧れのバイク、R100RSは1文字、MHRはセパレート、あいララのケンジ君のZ2もセパレート(笑。

初期の883カップの頃アメリカでもそれほどパーツは開発されず、ほぼノーマルな外観に集合か、2本だしアップのマフラーに883バーをひっくり返した、セミドロップハンドルが主流でした。
そんな中、数少ないセパハン装着車は、とてもエキゾチックに見えました。

97‘以降のビッグタンクスポーツスターは、シートをスタイリッシュにすれば、セパハンが
良く似合うと思うし、レーシー=サーキットの図式があるオイラ達の年代は、
何が何でもセパハンや1文字ハンドルをカッコイイと思ってしまうのは、歳ですかね(笑。

ただやっぱり見るだけ、乗るには首がつらい(笑。
[PR]
by jyai883 | 2007-04-26 21:23

そりではハンドル

c0063859_2137495.jpg
c0063859_21383029.jpg


ハンドルはずいぶんと無駄遣いをしました。
現在は画像のようにガラクタタンスにしまわれております。
ドラッグバーは3本、バーハンはスーパーバー、XRバー、現在使用中の1200Sバー、
譲ってしまった883純正、、色々つけましたが今までつけて1番良かったハンドルは・・・、
現在タンスにしまわれております(笑。

下の画像がそうですが、見づらいのですが実はビッグツイン用のドラッグバーの1種です。
UP1インチ、引きが1・5インチ、ワイド85cmほとんど真っ直ぐに近いだだっ広いハンドル。
もうロー&ワイドですが、妙にノーマルスポーツのポジションに合います。
ちょうどフロントに覆いかぶさるようなポジションで、かつ肘が張り、こじるなんてできゃしない。
姿勢もかなり前乗りになり、ノーマルステップの位置がバックステップに感じます。

コイツで走り出すとまるでオフ車みたいなポジションで、コーナリングが決まった時はまるで
後輪が自分を追い越していくような錯覚におちいる。
その時アウト側の肘は肩まで上がり、そのまま内足を出してリーンインで乗ればダート
そのもののような走りになります。

すごく面白いのですが、歳とともに楽チンライディングに走り、ついつい外してしまいます(笑。

最近はもっぱら1200Sの純正バーで883純正と同じ引きのままグリップエンドがやや長いため、そのままやや手前のでワイドのポジションはオールマイティーで扱いやすい。
ただ最近は飽きてきました。

そして再びワイドバーに換えるか、4インチライザーでドラッグバーにするか思案中。
しかしいずれの場合もガンファイターはケツが後ろ過ぎて、純正シングルにするしかない。
ん~またスタイルが変わるのか?。
その前にバッテリーが上がっていて動くのか?4速883(笑。
[PR]
by jyai883 | 2007-04-23 22:03

そりでは

今日はWシートでも。
883につけたのは、純正ピロータック、純正バスケット、1200S純正、くらいしかありません。
えぐいところだとDENのコブラってのもありますが、さすがにあれはWシートって訳には行かないし(笑。

前回も書きましたがカッコはともかく、Wシートの方がオイラにとってはシットポジションが
自然で自由度大きく乗りやすいわけです。
っがスポーツスターだとせっかくリアフェンダーが見えるわけで、かつ野暮ったいし、眺めるたびに付け替えてしまいました。

スタイル的にはオイラはスポーツスターには、以前あったデラックスにつけられていた横ステッチのWシートが1番似合うと思います。
コイツはショベルの頃からあって、品番の末尾も83だったので部品としては古いものでしたが、ちょっとだけテールの上がった適度な厚みでスモールタンクのスポーツスターにはグッドです。
このシートもロングタンクの登場で廃盤になってしまいました。

カタログを見るとフレームのテールセクションが変更された94‘前後でも品番が変わります。
コレはフェンダーレールの位置が変わっってリアフェンダーも変更受けたためで、それ以前のものより若干後よりに装着されるようになり、ベースの形状も変更されました。

以前4速に1200S用を仮付けしたとき、前の差込マウントに目いっぱい差し込むとリアフェンダーのマウントホールにシートステーが届きませんでした(笑。

以前1200は全車ピロータックと言うソファーみたいなWシートが標準でついていましたが、
あまりのカッコ悪さに皆が外してしまうくらいの不人気シートでしたが、カッコはともかく機能的にとてもよかったと思います。
適度な厚みとやや後よりのシットポジションで、スポーツスターはこう乗るんだとばかりに、
ベストなポジションだったと思います。
このシートで乗るとハンドルとステップの位置関係が妙に納得できました。


Wシートに関しては、国産のメーカーやショップの方が様々な選択肢を提供しているので、
こちらの方が実は向いているかもしれません。
特にロングタンク以降は純正やアメリカ製でスタイリッシュで機能的なものが減ったような気がしますから、国産の本国にはないデザインと機能は魅力的だと思います。
ただオイラのような巨人族は、やはり本国使用のほうがサイズ的には合っているかもしれません。

たまにWシートをつけて走ると、タンデムしなくてもシングルシートとは違った自由度と操作性で
一味ちがったライディングが楽しめるでしょう。
c0063859_2056452.jpg

[PR]
by jyai883 | 2007-04-18 20:52

今回から

ちょっと切り口をかえてみましょうかね。
ってな感じでまずはシート考。

ではまずシングルシートなんぞいかかがでやしょう?。

オイラの89‘883は純正では言わずと知れたそら豆シート。
体格が合う人にはポジションの移動が無い分良いのでしょうが、オイラには前過ぎて全然ダメ。
もう買った瞬間、シート選びが始まりました。
シングルシートでつけたのは、りぺラシルホース、カービンガンファイター、ハリウッドソロ(頂き物です)、純正そら豆、純正ハガー。

カッコを取るか、すわり心地を取るか、走りやすいポジションを取るか、このどうでも良いことが
悩みどころ。

オイラはガラがでかいので、最後は必ずガンファイターに戻ってしまいます。
オイラのシットポジションのベストは、どうしても後よりになり、ちょうどリアフェンダーの
アールの始まりくらいで、この位置に座れるのはWシートか、ガンファイターしかありません。
まあガラが大きいのも困りものですが、ポジションくらいしっくりさせたいもので、どうしてもココだけは社外になってしまいます。

スタイルから言えば、50s~70sくらいのヨーロピアンレーサーのシートはカッコイイですよね。
リアカウルにシートラバーを張っただけのものから、全体がレザー張りのモノまで。
オイラは特にAJS7Rが着けているタイヤのアールの沿ってテールがやや下がっているヤツが
好きですね。
ドカのデスモのテールも良いし、ノートンのプロダクトも良い。
スタイルだけならレーシーな物が断然カッコイイ。
ハーレーだってダートシートは言うに及ばすTTシートやCRシートのように独特なテール形状の物があります。
オイラはスモールタンクのスポーツスターならややアールを帯びた先ほどの7Rのシートで
FRPにペイントものがグッと来るように感じます。
やや小ぶりに作ってより小さく見せるとクールでしょう。

さて座り心地ですが、バイクのシートって柔らかければ良いってモンでもないことは、
皆さんご承知と思います。
変に柔らかい物は密着面が広く、却って長距離などでは痛くなったりしますよね。
この辺は前述のガンファイターがもっとも良いとオイラは感じます。
触った感じはともかく硬い。
FRPに厚手のレザー張っただけって感じ。
ところが立体的に作られた座面と相まって、この硬さが実に具合が良い。
若干足つきが悪いものの、それとてステップに足が上がった瞬間モモを下からサポートします。
硬さから言えば、学校のイスが意外と痛くならないように、こいつも柔らかい物に比べて痛くならないみたいです。
ストッククラスのドラッグレーサーが良くガンファイターをつけているのを見ますが、バックレストがついたシングルシートはスタイリッシュです。
ただやはりシート自体デカイ人サイズなので、あまり一般向きではないかと。

小柄な人にはハリウッドソロと言うサドルシートみたいなヤツがお勧め。
スポに良く似合うし、ポジションもコンパクトな割には自由度もあります。
前述のガンファイター同様の機能も当然あります。
コレはうちの奥様号もつけております。

ただ最近思うのは、ハーレー用シートの厚みで、足つき性が全く関係ないオイラにとっては、
もっと厚みのあるものが欲しいです。
なぜなら着座高を変えることで、より膝の自由度が大きくなれば、あらゆる動作に余裕がでるだろうと考えるからです。
これについてはジョッキー新井さんとこのデカロシートが気になって仕方がありませんが、
中々注文するタイミングを逃しています。
最近あまり乗れないのも、その原因かと。

コレはオイラの勝手な想像なのですが、スポーツスターの独特なポジションもシート厚が増すと
案外普通のバイクになりそうな予感がします。
以前乗せてもらったドカのMHRもその極端なハンドルポジションを除けば、シートを厚くした
スポーツスターと同じような気がしてなりませんし、分厚いシートのスポーツスターはノーマルのステップ位置でも極端なセパハンを許容してしまうと思えてなりません。
ましてや更にバーハンのアップライトポジションなら、軽快に楽しいことでしょう。

これは今後是非に試してみたいところです。
一品モノで作ってしまうか、ジョッキーに電話するかは、難しい選択ですが(笑、もう少し自由に
バイクに乗れる時間が取れるようになれば、20年近くも同じバイクに乗ってるのに、また新たな1面が見られそうです。
c0063859_20524964.jpg

[PR]
by jyai883 | 2007-04-16 21:01

おまたせしました!

ついにハーレーV4登場!ってのはうそで、
アンティークハーレー V4プロトタイプです。
詳細はこちら
http://www.bikerenews.com/AntiqueBikes/CodeNameNova.htm

画像チッコ!。
c0063859_2133288.jpg

[PR]
by jyai883 | 2007-04-09 21:34

そろそろ

更新しないとやばいかな?(笑。

最近はあまりやらなくなりましたが、走りに行く度にプラグを外してじっと見つめていた事が
あります。
このちっこい先端には、燃焼室の状態そのままがあるのでセッティングするたびに観察しまくっていました。

オイラは手に入れやすいと言う理由でNGK専門ですが、番手もわかりやすく、価格も安く、
どこでも手に入るので重宝してます。

いまだにキツネ色伝説はありますが、当世のバイクは普通に白い状態です。
特にエボ以降のハーレーではまったくノーマルの状態で、あまり薄いんではないかと
心配する必要はありません。
かえって変な色(オレンジとか薄い青とか)のが加熱状態と考えられるので、気をつけましょう。

稀に薄い赤い色の時がありますが、モービルやエッソなどシナジー系のガスを入れると
添加剤の赤い色がつくことがありますが、問題はありません。

ハーレーの場合は碍子の下回りやリムが黒くすすけるのはノーマルで、碍子上部や電極部、
リーチ部が汚れなければ、良好といえます。

純正のプラグ番手は1種類しかありませんが、NGKでは焼けから冷えまで#4~#9ほどあり
エボの場合はスポなら6~7番、ビッグツインなら5~6番で公道ではおさまるはずですから、
コレを超える場合はセッティングが濃いか薄いと考えられます。

まあレースと違い、公道上では燃焼温度もそれほど高くならず、全開加速などの状況は
あまりないので、やや焼け気味のほうが気持ちよく走れます。

プラグにつくカーボンでも状態は判ります。
状態の良い場合は濃いこげ茶からこげ茶くらいですが、べったりした黒や厚く黒いカーボンが
溜まる場合は濃いことも考えられます。
またCVキャブの場合は回転の上昇を待たずにシフトすると同じような濃い状態になることもあります。
乾いた黒いカーボンが薄く付く場合は、低速で長時間の走行をしたか、長い間アイドリングさせた状態ですので、ノーマルな状態です。
色的にはサイレンサー出口につくカーボンも同じことが言えると思います。

また碍子の1面に部分的に黒いカーボンがつくことがありますが、これは加速ポンプのせいで
異常ではありません。
オイルなどの付着がある場合は、バルブまたはリングのトラブルが考えられるので、専門家に相談しましょう。

また不適正な番手のプラグを使用するとオーバーヒートや不完全燃焼なども起こり、
そのせいでプラグが焼けたり、被ったりもしますから、使用番手には考慮が必要です。
最近は高額な高性能プラグが多く出回っていますが、プラグを換えた位では性能は向上しないので、トータルに電装や燃焼の状態を考え、その上で使用すれば満足できる結果が得られると思います。

このちっこい何の変哲もない部品がなければ、エンジンには火が飛ばないし、ばらさなければ
判らない燃焼室の状態をしる手がかりにもなるので、たまには外してしげしげと観察するのも面白いでしょう。
[PR]
by jyai883 | 2007-04-09 20:57