<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そろそろ

バイクを復活したいのですが、日曜の午前中はOKをもらっているものの、
左のひざの調子が思わしくなく、なかなかふん切れないでいます。
まあそのうちゆっくり復活するとして・・・。

オイラ思うのですが、スポーツスターのシートって、もっとぶ厚い方がいいかなと思っています。
まあこれは個人的体格の問題ですが、せめてノーマルシートの2倍ほど欲しい。
するとノーマルのあの変な位置についてるステップがひざに余裕が出て、充分機能させることができるように思うのですが。

できれば昔あったCHのスポーツシートくらい、少なくともモンキーのシートくらいは欲しいです。
現在市販のシートの大半は薄手でスタイル的には眺めるにはいいのですが、実際跨ぐと
中途半端に前にあるステップのお陰でヒザがあがり、半分体育すわり的なポジションに感じます。
以前純正のWシートの上にシングルシートを重ねて、実験で走ったところ、入力もしやすく
ステップの位置も違和感がなくなり、ごく普通のポジションに感じました。
このままトップブリッジ下にハンドル付けたら、マイクヘルウッドみたいなポジションだな~と
思ってしまうくらい普通です。

ある程度前後にも動ければベストなのでシートベースから作らなければならないので
やはりCHのスポーツシートがベストです。
え~誰か作ってください、クッション厚が最低9cm以上のセミシングルシート。
ひざが痛いのでぜひ買わせていただきます。

c0063859_2257396.jpg

[PR]
by jyai883 | 2006-06-25 23:03

え~では

今日はスポーツスターのバッテリーケーブル断線について

正直、最初掲示板上で話を見つけたとき、はっきり言って理解ができませんでした。
なぜならば、うちの3台、89‘883、97‘883、91FLSTFはどれも断線したことが無いからです。

89‘の4速883は買って1年後くらいにバッテリーのマイナスケーブルにリコールがありましたが、これは取り回しによりメインフレームとの接触によるショートの危険のため、取り回し変更のための長さが違う物が来たに過ぎませんでした。

3台とも短い物で数年長い物は10年以上露天での保管でしたが、どれもシート上に大きなゴミ袋を載せてからカバーをかけ、シート位置でゴムバンドで縛って、電装の辺りはなるべく水が当たらないように配慮していました。

だからケーブルが切れる事例は想像ができず、どちらかといえばホイールベアリングの雨水による腐食の方が気になっていました。

さて現物を初めてみたのは、同じ駐車場に停めていた友人の99‘1200Sでした。
一走りして帰ってくると駐車場で知り合いのバイク屋とあ~こ~だやってるので、どうしたか
聞いてみると電気が来ないと言ってる。
テスターでバッテリー電圧を測ってもOK、ヒューズもOKで原因不明。
取合えずバッテリーを外すためにマイナス端子を外し、作業上やりやすいのでプラスをそのままで引きずり出すと、あれ?バッテリーが外れた?。

ケーブルが途中で切断していたのを初めてみて、これか~ってなことに。
友人はそのままオイラのバイクに乗ってディーラーにケーブルを買いに行き、オイラはその間に残りのケーブルの取り外しとケーブルの観察(笑。

あたらしい10本程度の切断面があり、これが最後のスタートで切断したみたい。
全体的には銅なので黒ずみと緑青の発生が見られ、長期の腐食と断線が繰り返されて
来た様子が見て取れる。

オイラの4速とのケーブルの違いはケーブルは同じ物で銅線に外皮が巻かれたものだが
その外にオイラがCD管と呼ぶ工事などでも使う、保護用のフレキシブルチューブが付けられ
ボディー側端面でテープで塞がれた状態でした。

これを考察すると進入したした雨水がチューブ内で行き場を失い、外皮内に浸透して腐食、
その後スタートの過負荷状態で断線と腐食が繰り返され、最後のスタートで完全に切断された模様。
雨水はケーブル端面の端子のカシメ部分の外皮端部から進入した模様ですが、切断部は皆
一様にケーブル中央のように思います。

対策は振動も考えて最近のフレキシブルケーブルに換えるか、外側のCD管を外してしまえば
雨水は浸透する前に流れてしまうので大丈夫でしょう。
恐らく熱対策や振動による接触で外皮が剥けショートをすることを防ぐために付けられたCD管ですが雨水が溜まることまでは考え付かなかったのでしょう。
その後この管は上下とも塞がれたみたいですが、フューエルホースのように割り込んで通すだけにしとけば水も溜まらず同じような気がするのですが(笑。

現在の物はどうなってるか知りませんが、バッテリーケーブル断線はそれまで過電流により
燃えてしまうくらいしか知りませんでしたから、現物を見たときは驚きました。
まあ電線は経年変化で硬化してしまうので、実際ハーネスも含めある程度定期的な交換が
必要であり、電流量も弱くなってしまうので、アーシング効果が大きく出る場合もそのようなことが起こっているかもしれないと考えられます。

電気は見えないものですが、無いとバイクは動かないので厄介ですが、セッティングと同じくらい大切な物でもあります。
まあたまにレギュレーターが燃えたりもしますし、コイルやモジュールが突然死したりもしますが必ず前兆や原因もありますから、普段から良く自分のバイクの状態を覚えていることも大事ですね。

前述のカーブル切断の友人も何回かエンジンがかからなかったり、セルが回らなかったことがあったと言ってました。
[PR]
by jyai883 | 2006-06-16 19:17

なにか

まだ友人は完全に意識が戻ったわけではないようですが、医者が言う意識レベルは
上がってきてるみたいです。
予断を許さない状況は変わりませんが、早く目覚めて欲しいものです。
覚めたら覚めたで、友人達から非難ゴウゴウでしょうけど(笑。

しばらくぶりに少しネタでも書いてみましょかね。

っでチェーンです。
4速時代から91‘の初代5速までは、883は2次駆動がチェーンでした。
1200は5速になるや否やベルト化され、デラックスも同様でした。
っでこのチェーンですが530(50)のスタンダード、つまりクリップ接続で恐ろしく伸びが早く
早々に捨てたように思います。

オイラが乗る4速のエボスポーツまでは、5速よりエンジン幅が狭くチェーンケース内も狭いため、シールチェーンはケースが削れる恐れがあるため、仕様不可と言われていました。
したがってレースなどでシールチェーンを使いたい場合は、サイズを落としより幅の狭い
520を使用していたのが、520が使用され始めた理由のようです。
以前は4速用のベルトキットもカタログにありましたが、上記の理由で専用部品でした。

5速になりエンジン幅が広がり、チェーンケース内も余裕が出たようで91‘の883は
純正でDIDの530(50)エンドレスチェーンつまりシールチェーンが使用され始めましたが
92‘に全車種ベルト化され現在に至ります。

現在でも530か520か意見が分かれるトコですが、本来の理由はこんなところですね。

5速でもレースなどでオフセットスプロケットをつけて無理やり150のタイヤを履かせたり
したのもその理由の一つかもしれません。
ともかく520の選択はその使用目的によって選ばれたサイズだと言えるでしょう。

ただスタンダードチェーンよりシールチェーンの方が優れているのは当然のことで
以前の狭いケースでもシールチェーンが使いたいと思うのは人情だと思いますが、
最近は520幅の530シールチェーンもあるみたいで、便利になったと思います。
ま~オイラはメーカーに問い合わせてももうこれしか無いよって言うスタンダードの
安物チェーンをリアのバックラッシュうを嫌って緩めに張ってますが、今更ながら(笑。

それと何故ハーレーのチェーン引き(ベルト引き)はスイングアームピボットからドライブ
シャフトセンターで計らなければならないかも書かないといけないのかな。
理由は国産のようにゲージが付いてないのもあるのですが、左右のスライダーのネジの長さが
信用できないからです。
オイラの場合ですが左のスライダーのネジが右に比べ2mmほど長くなっています。
つまりスライダーのネジを回して突出したネジ部の長さを測ってもチェーンラインは右に
曲がっていることになります(笑。

50チェーンをつけているとドリブンスプロケットの幅がチェーンのコマ幅よりずいぶん狭い
ためチェーン張りをするとコマの中でスプロケの歯が左右に動くことが見えます。
どちらかに寄ってると言うことは、リアホイールもどちらかに向いていると言う事なので
当然修正しますが、はたしてこんなことしながら乗ってるスポーツスターライダーが
今ではどれくらいいるかはナゾですね(笑。

この修正が面倒で本来はちゃんとジャッキアップして行えば、どうと言う事ないのですが
ものぐさなオイラはスライダーを戻しシャフトを緩め、蹴りを入れて戻していたりします(笑。
まあ皆さんは真似をしないようにしてください(笑。
[PR]
by jyai883 | 2006-06-13 03:20

たまに書くには

重い話で恐縮ですが、昨日古い友人がバイク事故で意識不明です。
10歳ほど年下ですが、ガキの頃から知っているので、他人事ではありません。
今日ご両親が見えて話を聞きました、脳の損傷がひどく現状では回復は見込めないと
医師から説明があったそうです。

10年ほど前に本当の弟のように思っていた末妹の亭主が単独事故で逝きました。
去年も4速スポの師匠だったメカニックが衝突事故で他界しました。
長くバイクに乗っている少なくとも起こりうる事なのですが、奇跡的な回復を祈っても
気が重いです。

バイクは身を守る術がないと言う部分では、危険な乗り物と言えますが、
それ以上に魅力的なことは事実です。
事故が起こるたび、バイクは危険だ的な発言は出ますが、こればっかりは仕方がないとして
いざ実際に事故が起こった場合、乗り手が大きな損傷を受けてしまうのもまた事実です。

そんな危なくも魅惑的乗り物にこれからもまだ乗り続けるでしょう。
死んだ二人とそれ以上の死んだ知人と彼の回復を祈りながら、またバイクに乗り続ける
ことでしょう。
そんなことを背負ってバイクに乗ってるやつもいるってことで軽く流してください。
なんとなくどこかで吐き出さないと気が滅入るので、申し訳ないです。

彼には奥さんとうちの子供と同じ歳の子供がいます。
良く勝手に上がりこんで一緒に遊んでいるので子守が倍になることもしばしばですが
男の子なのでこれからはそういう風に育ててやろうとも思っています。
[PR]
by jyai883 | 2006-06-07 21:45

ふと気づけば

結構放置でしたね、すみません。

バイクネタは最近あまりないので、どうしたものかと?(笑。

最近あちこちと掲示板を見ていると、やはりオイル滲みや不具合の話がちらほらと
出てますね。
まあ今に始まったことじゃないので、どの程度の滲みや不具合なのかはわかりかねますが
どうせ製品ムラや組みつけの不具合の場合が多いのでしょう。

ロッカー周りは相変わらず出るみたいで良く見かけます。
ディーラーの対応云々より、対応してるメカニックのお勉強の問題のような気がします。
「メタルガスケットにすれば漏れないですよ」・・・うそです(笑。
組み付けや当たり面に不具合があればどんなガスケット使っても出る物は出ます(笑。

まさか漏れを起こしてるロッカーカバーの接合面をじっとにらみつけて、青粉塗って
定番擦りしてるやつが今のディーラーにいるとも思えないし、そんなこと教えるオヤジは
疎んじられるだろうし、金属ガスケットは吹き抜けには強いけど、漏れにはペーパーと
比べても特に強いと言う印象はないのですが。

製品的な問題ではニュースポのポップアップキャップから噴出しってのがありましたね。
オイルキャップのヨダレは以前からよくあることで、締めの甘い物は走行中に圧がかかって
放物線を引きずりながら空を飛ぶこともありますから、オイル量が多い場合や高速走行が
長い場合などはやはりヨダレが出るのでしょう。

うちのバイクもちょっと元気良く走らせると、ゲージ半分くらいまでしかオイルは入れませんが
やはり出てきます。
これは考え方の違いによることだろうと思われるので、どうしても嫌ならネジ式にでも変えるしか方法はないのかな?、製品としては存在しませんが。
国産のネジ式の物でも回りは滲んで汚れますが、エンジン側にあるため差ほど気にならないのでしょうね。

ミクスチャーの調整は相変わらず出たりしてますが、この辺はそのうちアメリカみたいに
非合法になるのかな?~と思ったりして。
でもその前にインジェクション化されてしまえば、プログラム上の問題になるので
そのうち消えていってしまうのかな?。

まれにディーラーに行って販売車両や一般立ち入り禁止のサービスブースの車両を見ると
なんか似て非なるものを見ている気分になるのはなんでだろ?。
ハーレーなのは判っているのですが、車体デザインや構成は全く同じなのも理解しているのですが、
妙に今の車体って軽く見えるのは何でだろ?。
車重がではなく、存在感が軽く見えるんですよ。

悪く言えばおもちゃみたいな感じに見えます、わざとデザインされた国産のようにも見えます。
なんか必然性がないような、なるべくしてなったような以前の感じが薄らいだように思えます。

これは気分的なオイラのバイク離れなのかな?。
以前から仕上げは良くなかったけど、安っぽいトコはとても安っぽかったけど、そんなことは
関係なく客に媚びるような感じが製品には感じられなかったのにな~と思うのは、
オヤジの感傷でしょうかね?。
何度エンジンが変わってもハーレーはハーレーであり続けてきたけど、ハーレー乗りも
ハーレー自体も時代とともに変化していくのは、いたしかたないかもしれません。
[PR]
by jyai883 | 2006-06-04 22:30