<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

慣らし運転

ハーレーでは新車の場合必ず慣らし運転を要求されます。
時速80kmで80km、時速88kmで800kmなどと書いてあります。
オイラは初期当りを出すために必要だと考えますが、過剰に反応
する必要もないと考えます。
距離的に言えば意識のない人がどんなに距離を出しても、当りはつかないし
意識がある人はもっと短距離で当りを出してしまうことも可能だからです。

もっとも留意したいのはピストンとシリンダーの初期当りでこれが上手く行くか
行かないかでエンジンは変わってしまいます。
しかし東京のような過酷な交通状況では普通に走っているだけで普通に当りが
ついてしまいます。
更にはミッションなどは実際走行しなければ温まらないし、距離的な慣らしより
確実な操作に重点を置いた方がバイクにとっては良いはずです。

街中では上記の数値まで上げることはめったにありませんが操作は確実性を
求められるし機械としてはこちらの方が重要でしょう。
不正確な操作は機械にとって重大なダメージをもたらす事があるからです。

さて当りさえついてしまえば後はエンジンがより回りやすくしてやるだけなので
ここからはエンジンの負荷の問題になります。
むやみにぶん回しても低いギアでは負荷が小さいし、かといって高速走行しても
だら~と巡航しては同じ事になります。
回るエンジンは如何に高負荷で回せるかと言う事になるので、それなりの覚悟が
必要です(笑。
この辺は他人に迷惑にならない様に気を付けましょう。

まれに慣らしなんか必要ないよ、今のエンジンはと仰る方がいます。
それはそれで尊重します。
オイラの見る限りそういう方々はエンジンがドコまでやれば壊れるか知ってる人達です。
逆に言うとどこまで壊れないか知ってるとも言え、そういう人達は無茶はするけど
無理はしません。
エンジンの状態をしっかり把握していて当りの付きや馴染みを上手にとれるので
非常に良いエンジンになってることがよくあります。
彼らは刻々と変化していくエンジンの状況をよく感じており、常にそのベストの状態で
走らせる事ができます。

しかしオイラ達凡人ではある程度距離と状況に頼らざるをえないので
やはり目安は必要でしょう。

良く慣らされたエンジンはスムーズでいつでも次ぎの状況に対応できます。
メーカー推奨距離が全てではありませんが、より早く終わらせることもできれば
距離が過ぎても当りが出せていないこともあるので、この辺は乗り手次第になります。
スポーツスターでは3rdギアが伸びの目安になると思います。

この辺が良く回りスムーズに加速できるようになればそのエンジンは当りといえます。
ちなみにウチの老齢883は平気で3rd35kmから140kmまで回す事が可能で
60~120kmがもっとも気持が良い加速域になります。
ただし初期3000kmくらいまでは1000km毎に10000kmくらいまではメーカー推奨より
短いサイクルでエンジンオイルは交換した方がいいでしょう。
[PR]
by jyai883 | 2005-04-26 12:31

たまにはカレー

c0063859_14222928.jpg
スパイスメカニックとしては偶にはカレーについて書きましょう。

うちで出してるカレーに特別スープや出汁、ストック等は使っておりません。
敢えて言うなら水道ス-プです。
素材以外の味がするのが余り好きではないので、ドンドン削ぎ落として
到達した結果がオイラのカレーです。

もうその命はほとんど玉ねぎと言っても過言ではありません。
2kgの炒め玉ねぎを作るのに季節によって5~6kgの玉ねぎを
3時間以上炒めてつくります。

まあオイラには秘技があるので付きっきりになるのは最後の30分くらいですが(笑。

次ぎにトマト、必ず缶詰です。
フレッシュは水気が多く、味が薄いので使用しません。
それも必ず輸入物の安いやつが濃くて良いです。

スパイスはオイラのオリジナルで調合します。
具材によって使用するものが違います。
良く数十種類のスパイスとか御題目がありますが
はっきり言ってそんなに使うなら、味がボケて普通のカレー粉使ったほうが
美味しくあがります。
オイラは辛味で2種類、下味で3種類、基本で4種類くらいしか使いません。
バリバリインド料理なら全部で5種類もあればOKです。

強いて言えばこれだけかな?。
後は塩加減でスパイスが生きるか死ぬかてとこです。

全ての状態は季節によってものが変わる為常に変化していきます。
最大のポイントは異なった材料を使いながら味を統一させるとこでしょう。
来る度基本の味が(スパイシーさは時間によってマイルドに変化していきますが)
同じならば御客様に安心して食べていただけると思っています。

カレーは生き物なので常に変化していきます。
美味しく変化させられるかどうかが腕の見せ所だともおもっています。
[PR]
by jyai883 | 2005-04-18 14:23

ふっと思うこと

今日はメカと全然関係ないけど、色々なモノを感じるって話ね。

シックスセンスって呼ばれたり第6感って呼ばれたりするけど肉体にある感覚器(目とか
鼻とかチンチンとか)以外に何かを感じることってみんなあると思うけど、
バイクに乗ってるとタイヤやスイングアームの動きを体に感じたり、普段何気に歩いてる道で
何の気なしにコースを換えてみたりとか、今日は罠があるって感じながら1時停止でつかまったりとか(笑。

バイク以外でも家族のことだったり、自分にふりかかる災難だったりがふっと心をよぎる瞬間
ってのがあると思う。

オイラは常に人の意識は(実は人だけではなく)どこか深いところでつながっているって
確信があるのね。
例えば誰か恋人ができれば、その人のことが大きく心を占めるけどその時同じ事を
考えていたり、同じモノに関心がいったり、極端な例だと全く同じ場所に偶然いたりとかが
普通に起こるよね。
まあだから浮気がばれちゃったり、隠し事が見つかっちゃたりするんだけど(笑。

でもソウ言う事が重なっていくとやはりオイラの確信は深くなる。

オイラは環境がかわると必ず出会うべき人に出会うってことが良く起こります。
必ずキーパーソンが現われるのね。
いろんな事が停滞中の今のオイラにとってまた誰かに出会う予感があります。
これもやっぱりドコかでみんな意識がつながっていて必要な時に必要な人に
出会うと思っています。

意識してると必ず出会いがあります。
類は類を呼び、友は友を呼ぶではないけど必ず起こるという確信があります。
具体的なイメージは必要無いみたいで出会うと思うと出会ってしまいます。
そのお陰で次ぎはどんなとんでもない事に首つっこまなきゃならないのか(笑。
だから生きてる事がおもしろいんだけどね。
c0063859_13221217.jpg

[PR]
by jyai883 | 2005-04-15 13:20

空気を吸う

っと言っても息をするわけではなく吸気系を考えてみましょう。

吸気系と言うとすぐキャブと考えがちですが、実際は吸入の始まる
エアクリーナー内のファンネル部または開放端からインテークバルブの開放端までを
いいます。
この中で問題になるのは、バルブフェイスの角度、バルブサイズによる開放端直径、
ポートの容積や形状、その広さ。インテイクマニホールドの形状や直径、
ここまではノーマルエンジンでは必要な数値がメーカーによって与えられています。
条件や用途が変われば目的に合わせてチューンされる場所でもありますが。
公道上ではあまり変えないほうが、長く使えます。

高回転、強馬力を狙えばそれに応じる為数値の変更が不可欠ですが
当然強度も落ちたりしますし、条件が限定できない(サーキットオンリーとか)
一般公道上ではエンジンにはさらに過酷ですから寿命も落ちたりします。
この辺はオーナーの割りきりや要求の方向性なのであなた任せ部分です(笑。

さてオイラ達が手軽に数値変更するのはキャブでしょう。
これは色々な直径やキャブ長の違うものがあるので自分の求めるキャラクターに
応じて変更してますね。
より直径の大きなモノは高回転に応じますがこれをチャンと機能させるには
動弁系にも手を入れてより多くの空気を吸わせるようにしないと宝の持ち腐れに
なります。
また不必要に小さいキャブは吸入抵抗の増加でトルクは出ても回りづらくなります。
選択は自由ですが自分に何が必要か考察がいります。

次ぎに吸入口の開放端ですが、ここはスムーズに吸気する上でファンネル等の
形状に影響されます。
いわゆる流れを作り出す為には不可欠なところでありここの形状次第で
エンジンの回り方が変化してしまったりしますし、逆にいじり易い所でもあります。
ここは全体の吸入長に変化を与えられる所でもあり、それを狙った商品も開発されています。

オイラもその面白さに引かれ試作品をいくつか製作してもらって実験中です。
ただキャブもそうですが全域にわたって同じ様に効果を狙うのは非常に困難で
最近の2ジェットのキャブは全開と加速のつながりを考慮すると中速低回転が
濃くなったり、中速巡航に合わせると高回転全開が薄くなったりするので
これの補助的なものとして開発中です。

2タイプあり従来品に近い形状でスペーサーと合わせて低回転の安定と高速の伸びを狙った物と
全く今までにない断面形状で全域の変化を狙った物ですが、これが中々難しく2ジェットキャブの
キャラクターとあいまって複雑な状態が現れたり、形状の問題で効果が出なかったりして
難航してます。
さ~これからどうなるかは御楽しみ、最終的にはキャブのセッティングも必要になってきますが
一応ポン付け効果を狙って研究中です。
この実験を可能にしてくれた友人には難題を押しつけ製作を以来しつつも感謝しています。

良い結果が出せればと思っていますので、もうしばらくお待ち下さい(笑。
[PR]
by jyai883 | 2005-04-12 10:21

最近ふと思うこと

最近は、あれハーレーじゃなくてもいいのかな?と思うことがある。

ホンダのCB-Fはなんかマルチでもほっとするバイクだし、最近はグッチの未発売車
Grisoもえらくカッコ良く見えるし、あまりいじらず乗っていたい気分でもある。

ハーレーにはかれこれ17年乗っていてツーリングより遥に多い時間をセッティングと
そのテストランで走ってきたけど、最近はやりたい事が無くなってきた事と純粋にバイクで
走るって行為を考えると半分くらい損したかなとも思ってる(笑。

まあうちのバイクとはこれからもゆっくり付き合っていくとして、最新のバイクの中にだって
新しい面白みがあることは前々から気付いていたもののハーレーってカテゴリーから
出ようとしなかった(出たくてもやりたい事テンコ盛りだったから)オイラがいたよね。

最近はちょっとカッコイイバイクに乗りたい。
グッチはハーレーに負けず劣らずクセの強いバイクだけど、Grisoはカッコイイと思えるし
乗ってみたいバイクです。
95‘にビューエルS1を見て以来のゾクゾクするバイクかな。
でもここでグッチだとまたドツボでしょうか(笑。

c0063859_14433715.jpg

[PR]
by jyai883 | 2005-04-01 14:44