2010年 05月 13日 ( 1 )

それでは今更にしてCVキャブレター5

MJが決定されれば、中間域をニードルによって設定しますが、
CVを使う限りではそれほど選択肢があるわけではないので、
オイラはそのままニードルに下駄をはかせて使います。
オーバーラップから中間域は、ほぼニードルの調整によって司られますから、
公道での走行は、ほとんどニードルの設定と言ってもいいでしょう。

オイラは純正ニードルの何もしない状態を中間として、うえに3mmの幅で調整すると書きました。
0・5mm厚の3mmワッシャー6枚分ですが、可変できるニードルの上から3段目と言う解釈です。
6段ある調整幅の中間から始めると考えるので、3mmとしています。

ダイノジェットを装着したとき、オイラの場合問題がひとつありました。
オイラの4速は加速ポンプ無しですが、ダイノキットで加速ポンプ無しの場合、
テーパー部分で極端に角度をとっています、
まあもともとレーシングキットだし、加速ポンプ無しの状態でのツキの問題がありますから、
このようなテーパーなのですが、ST7のレーシングキットと同じものだと思います。

加速重視でセッティングしていくと非常に高いレスポンスとすばらしいつながりを見せるのですが、
使用目的が公道のため、ツーリングなどで定速で巡航するとどうしても濃いポイントが出て、
それをニードルでは解消できなかったし、さりとてパフォーマンスが明らかに下がるMJのセッティングで、
そこだけを目指してセッティングしたくなかったのが、純正ジェットでセッティングを行うようになった
キッカケでした。

純正ジェットのシステムでより穏やかなニードルのプロフィールと混合気の導入方法の違いから、
公道ではこのようなポイントが出づらく、最大パフォーマンスでは劣るものの非常にフレキシブルに
走りに対応するし、全体的に穏やかで扱いやすいものです。

まあ今だったら中間域を強調してストリートパフォーマンスを重視し、MJを落としてセッティングするように
しても特に抵抗は無いのですが、コレを始めた10年ほど前は、まだまだ血の気が多かったといえるのかもしれませんね(笑。

MJを決定してしまってのニードルの高さ選択は、それほど面倒ではありませんが、
中間域を狙ってここを重視する場合は、MJも前後させたりしますから、混乱が生じます。
このような場合は使用するMJごとにチャート表を作り、組み合わせを目で見える状態にして
つぶしていけばこんがらがることは無いでしょう。

人によって乗り方は様々であり、最高出力が出るセットが、ライダーにとってベストな状態であるとは
限りません。
ここでの応答性を求めるためMJを落として、ニードルを上げながら引き出すやり方もありますし、
直線一気のパフォーマンスを求め、パーシャルでの濃さを無視するやり方もあります。
オイラは気楽に乗りたいし、さりとてのろいのは面白くないので、前記の基準がオイラのセッティングの
元になります。

とかくセッティングに対し、オールマイティーを求めがちですが、セッティングでは突出したパーソナリティーを
求める方が簡単です。
逆にあらゆるものがそこそこの状態を求めると、そこそこダメな状態に陥りやすいのも事実です。
よく自分が欲しいところだけセッティングで出そうとしますが、セッティングは最終的にトータルなバランス
ですから、みんな迷宮に入ってしまうわけです。

ニードルプロフィールが選択できれば、もう少し幅が出るのですが、純正はほとんどないのが現状ですが、
加速ポンプの有無でテーパーがかなり違うので、手に入れば試してみるのもいいでしょう。
また1200Sと883では883のテーパーのほうが過激ですから、1200Sに付けてみるのも面白いですね。

色々試していくと結構面白いこともあります。

オイラはこのように上からセッティングすると言うのですが、MJから決めて低速に向かって、セッティングを
進めていきます。
各オーバーラップで濃い状態が出ても、上が常にベストと考えられるので、下の調整だけで済むからです。
特にSJとJNのオーバーラップではニードル側でベストな状態であれば、このポイントで出る問題は低速側
と判断できるからです。
ニードルベストの状態でSJの調整だけで済みますが、コレをしないでSJだけをいじるとJNの調整時に
再び濃いまたは薄い状態が現出したり、そこでまたSJをいじり混乱が始まってしまうからです。
上からの決定は、それらの混乱を最小限に抑えることができます。
[PR]
by jyai883 | 2010-05-13 10:03