ダイノジェットを外してしまったわけ

オイラがCVキャブにダイノジェットを組み込んだのが92‘くらいだったでしょうか?。
確かモトリベルティーが正規という形で輸入販売を始めて直ぐくらいだったと思います。
日本には89‘ごろから入ってきていましたが、チープなビニールパックと正体不明の
キットだったので誰も手を出しませんでした。

日本でもSSCが開催されるようになり、ようやく認知されるようになりましたが、
まあうんこ言われたCVキャブがセットアップできるのですから、内容がわかれば
存在は魅力的でした。
それまで純正ジェットでセッティングしていたオイラでしたが、早速組み込んでも見ると
明らかにレスポンスが上がりパワーも出ています。
加速もよく、燃費もちゃんとセットすれば高速巡航時は余り変りません。
ここから怒涛のセットアップの日々が始まりました。

キット内容は#150~190までもメインジェット、穴が数個しかないメインジェットホルダー、
スライドピストンの負圧ホール拡大用のドリルの刃、ミクスチャーの封印を外すための
ドリルの刃と木ネジ、急激に細くなるジェットニードルとクリップ、その上に入れるニードルホルダーの下駄のためのワッシャーが3枚。
アクセルポンプの無いCV用の内容はこんなもんで、アクセルポンプのあるものとの違いは
ジェットニードルのプロフィールが全く違います。

ダイノジェットの秘密は幾つかあるのですが、まずレスポンスを上げるためスライドピストン
のサクションスピードを上げるために負圧ホールを拡大しダイヤフラム内の圧が早く下がる
ようにします。
それに伴ってピストンをコントロールするスプリングも短く細く巻きも多いものに変更され
コントロールできるギリギリの弱いものに換えます。
これに関して後期のCVキャブではほとんど同じ長さ、径も0.1mmしか違わないものに
変更されていたのは面白かったですね。
並べるとノギス持ってこないと判らなかったですから。
オイラの頃のスプリング長は明らかに長かったのです。

次にメインジェットとホルダーを換えるのですが、メインジェットはともかくホルダーに特徴が
あり、純正は完全に空気との混合気をベンチェリーに吸い上げているのに対し、ダイノジェットは
充分な空気のベンチェリー流量があるため、ほとんど生ガスのような状態で吸い上げ、
ベンチェリー内で混合する状態です。
必然メインジェットはノーマルより小さくなり、ノーマルメインジェットと同数値にするには、
SEのハイフロークリーナーに換え、マフラーも社外の抜けるものにしなければ濃い状態に
なりました。

そしてジェットニードル、この特徴はダイノジェットの謳い文句が全てを表しているでしょう。
「5番上のトルクと5番下のスピードをお届けします」
これはキャブのセッティングをよく表していると思います。
濃いとトルクは出ますがトップは延びないし、薄いとよく回りますがトルク感は乏しくなります。
だから中間ジェットは無いという説明だったと思います。
確かにそのプロフィールは良くそれを表していると言え、純正と全く違う結構過激な物でした。
(このオイラの加速ポンプなしキットは極端でしたが、ありキットは開度補正があるので
それほど極端ではありませんでした。)
そして確かに段数が変えられるのは大きな魅力でもありました。

そしてミクスチャースクリューは目から鱗で、低速の調整がこれほどの変化をもたらすもの
なのかと感心してしまいました。

さて装着以来冷静になると、更なるセッティングが始まるのですが、長期間乗っていると
色々と不都合も出てきます。
当然ダイノはレーシングキットなので求める目標は最高速とその過渡特性にあります。
つまり如何に加速のつながりを良くして最高速に結びつけるかなのですが、
サーキットならともかく、一般公道ではあらゆるギアのあらゆる回転数で走らなければならず、
巡航時にどうしても濃い部分が出てしまいました。
これはニードルのクリップでは回避できず、ジェットの変更が伴うのですが、ギアの繋がりなども考えると、どうしても中間サイズのメインジェットが必要になり、注文しましたね。

まあそれでもツーリングユースや長距離の巡航などでは、どうしても急かされるような状態になりついつい加減速を楽しむ事となり、最初はいいのですが段々疲れて来ます。
また濃い部分も中低速の巡航時の回転数にかぶり、ここにあわせてニードルやメインジェットを
組むとその後の加速の伸びなどに不満が残るので大きく変えるわけには行きません。
このままご機嫌なところだけ使って乗っていれば問題は、無いのですが、天邪鬼なオイラは
ふと純正ジェットで同じコトをしたらどうなるか知りたくなり、も少し巡航がしやすく、
穏やかで使い易い状態になるのではないかとダイノのジェットを取っ払いニードルも
純正に戻し実験が始まりました。


つづく
[PR]
by jyai883 | 2008-08-01 18:12
<< ダイノジェットを外してしまったわけ2 ふと見たら >>