そしてオイラはスポーツスター 8

今日はオイラが外装をいじりだした話をしましょう。

オイラの4速は自分で走りやすくするための部品交換はしていましたが、
それは結果論であって、基本的にはノーマルスタイルが好きな事は、
変わりありませんでした。
自分が走りやすくしていったら、当時アメリカにあったチューンドスポーツスター
XRVスタイルになっていったのですが、スタイルに変更を意識して
作ったものではありません。

初めてスタイル変更を意識したのは、奥様号ハガーからでした。
97モデルを98年に中古で入手した奥様号883ハガー。
ブルパックハンドルと前後2インチダウンされた車高、
そして大きく印象の変わった12.5Gタンク。
驚くほど静かになって、スムーズなエンジンに驚きながら、
オイラ自身がそのスタイル馴染めずにいました。

1年ほどで我慢できずに、奥様にいじって良いか聞くと、
「あんたがお金出すならいいよ」とそれと色は変更しないことを
条件にゴーが出ました。

あの頃のコンセプトはノーマルスタイルに戻すこと(笑。
ノーマルスタイルと言っても、最初から97年のノーマルスタイル
なのですが、こいつを80年代スタイルに戻したかったのです。
タイトル純正スポーツスター(笑。
タンクを2.5G、フロントフェンダーをフルフロント、エキパイはオプションの
セパレートパイプ。
できる限り純正部品を使い、先祖返りさせました。
純正じゃないのは、フロントウィンカーのショートステイ、オーリンズのリアサス、
レプリカのタイマーカバーくらい。
あとは当時手に入る純正部品やカタログオプションを使い、
タンクやフェンダーの塗装も純正指定でやりましたね。
シートも94年の純正バスケットWシートですが、シングルはそれっぽい
コービンのソロを使って、サドルっぽくしてみたりしましたね。

元々ハガーはオイラが好きな車種ですが、この頃の車体は前後が
下がったお陰でSTDより少し長く見えます。
それでいて実車は驚くほど小さくまとまり、結果論ですがバランスが良くできました。
ある意味こいつがオイラの理想のスポーツスタースタイルと言ってもいいでしょう。

これがあるおかげで、4速は大きくブラックレインのCRスタイルにすることが
できたともいえます。
それまでスタイル的なカスタムは、どちらかと言えば否定的でしたが、
自分の理想のスタイルのバイクに乗る楽しさを、初めて知りました。

これでタガが外れたオイラは、この5年後にCR病にかかってしまうのですが、
次はそのCRJの話をしてみましょう。

c0063859_14185190.jpg

[PR]
by jyai883 | 2016-01-06 14:19
<< そしてオイラはスポーツスター 9 そしてオイラはスポーツスター 7 >>