そしてオイラはスポーツスター 2

今日は883について書いてみましょう。

XLH883スポーツスター。
この1200ほどパワーも無く、ビッグツインよりハーレーらしくない
バイクに乗り続け、30年近く経ちました。
それでもこのバイクは、オイラをつかんで離しません。
この「走る、曲がる、止まる」ことに対して、意識的に
「走らせ、止まらせ、曲げて」やらなければ面白くないバイクは
この動作の意識によって俄然痛快に走ります。

字にすると強引に乗ってるようですが、実際は意識的に
一つ一つ入の操作をやってるに過ぎません。
国産バイクに乗っていると親切過ぎて、希薄になりがちな
部分だと思います。
オイラはホンダに慣らされていたため、当初馴染めずにいました(笑。
確実に減速して、きっかけを与え旋回、アクセルを開けて立ち上がる。
このあたり前に走りを意識してできるようになれば、883は素直です。

エンジンの縛りを外し、元気に走れるようになってもせいぜい500シングル並みのパワー。
それにあわせて足回りとブレーキを軽くリセットしてやれば、楽しく走り出します。
このバイクの重きは、ずっと多くライダー側にあると思います。
乗りこなすことが、こんなに嬉しく楽しく感じるバイクも少ないでしょう。

ノーマルスタイルにやや幅広のハンドルを与え、オイラは巨人族ですから
高目のシートでやや前乗りに乗ってやると、上半身が自由に動かせて
オフローダーのように走ります。
やっぱり土の匂いのするバイク。
1200より非力な分、アクセルの開け方次第で走りが変わります。
アクセルで走る感じは、どの状況でも楽しめます。

今はカフェスタイルのCRになってしまったオイラの4速883ですが、
ポジションや数値はほとんどノーマルのままいじっていません。
唯一シート高だけは好みの高さに上げてみて、
ようやく理想の走りができるようになると、改めて楽しさが甦ります。

今はまだ乗れませんが、そろそろ車検を取って起こしてやろうと
考えている2台の883。
少しづつ乗れるようになれば、また883で楽しむことができます。
今ではオイラの生きる糧のような883ですが、
スポーツスターにはいくつもの種類がありますが、
オイラにとってはこの古いエボ4速のXLH883がオイラ自身のように
感じます。
c0063859_16484929.jpg

[PR]
by jyai883 | 2015-11-08 16:49
<< そしてオイラはスポーツスター 3 そしてオイラはスポーツスター 1 >>