そしてオイラはスポーツスター はじめに

このところ御無沙汰です。
今年でスポーツスターに乗り始めて27年が過ぎました。
外観はともかく、中身はほとんどノーマルのまま同じバイクに
これほど長く乗り続けるとは思っていませんでした。

実は30年経ったら、883のことは何か書こうと思っていたのですが、
ここ2年は病で死にはぐり、ようやく少しづつ戻りつつある昨今、
3年後に果たして883に乗れているのか、はたまた生きていられるのか、
わからない状況の中(まあ、オイラの場合はそのような原因のひとつが
他の方より可能性としてはっきりしているだけで、誰だって3年後は
生きてるかどうか判らない 笑)、今書いても同じだろう、

恐らく今のCRJ883は完成形に達しているので、もう1台手に入れ
ない限り、違うことは書かないだろうと思い、書いてみることにしました。

タイトルですが、「オイラの」でも「オイラと」でも何かぴんと来ない。
よくよく考えるとオイラはいつも、ままならない人生の中、
自分自身をバイクに投影して生きてきたんだと思い、
きっと自分自身がスポーツスターなんだと思ってつけてみました。

恐らくはそれほど更新速度も早くなくのんびり思い出しながら
書いていくと思います。
ただこれは決して、遺すためにとか、遺書的なものではありません。
これから再び883に乗り、そして乗り続けるための、
道しるべです。
病を得てオイラの人生は全て足踏み状態です。
ただしかし883だけは、2年の時が経てもその形を換え続けています。
このどうしようもないスポーツスター馬鹿のオーナーの
意地っ張りな30年のことを書かせていただきます。

オイラの中で今だから書いてみろと誰かが言うのです。
車のTVCMではありませんが誰かが言うのです。
「やっちゃえ!、おっさん!」

今後ともよろしくお願いします。

c0063859_1233087.jpg

[PR]
by jyai883 | 2015-10-28 12:03
<< そしてオイラはスポーツスター 1 ゲゲゲ退院できねー!。 >>