スポーツスターは永遠かな?。5

長い時間ひとつの車種に乗ってると、いろんな方と知り合い、
いろんなバイクに乗せてもえます。
サーキットを走るレーサーから全くのどノーマルまで、
それこそ脳みそが置いていかれるようなスレッジハンマーから、
鼻歌交じりにしみじみ走れるスポーツスターまで。

その中でただスポーツスターのエンジンという事であれば、
最も全盛期に登場したビューエルS1ライトニングは、
そのスタイルも、エンジン性能も含めてオイラには衝撃でした。
発表された出力は97ps。
同じ1200エンジンで68ps公表でしたから、まんまレーサーです。
車体も全く違いますが200kgを切り、そのスタイルは特異の一言。
一発でやられたオイラは、手に入れることばかり考えていました。
(後に友人が手に入れさんざん乗り回し、結局オイラは883のままでしたが 笑)

当時アメリカの雑誌「サイクルワールド」が意地悪にも発売前にベンチに乗せてましたが、
後軸で75.5psはクランク出力なら嘘はないことをしまします。
エンジンは特別にチューンされ、担当は当時のレーシング部門責任者。
これが鬼才エリックビューエルおじさんに与えられたまともじゃないスタイルを
まとい、その値段も相まって、ちょうど現在のドカティ スクランブラーくらいの
衝撃を喰らいました。

まあチャンスがあれば今でも欲しい1台ですが、こいつがそれです。
c0063859_2139566.jpg

これは大好きな‘98モデルですが、発売は‘97です。

結局は一部のマニアのファンバイクに終わってしまいましたが、
スポーツスターのエンジンを強力なダッシュとくるくる回れるハンドリングは、
オイラにとっては楽しいものでした。
落ち着きがないとか、安定が悪いとか言われましたが、
普段落ち着きしかないバイク乗ってるとすごく面白い。
ダッシュだって0~400 12秒切るし、油断していたZZRに負けませんでしたね。

普通にシフトタイミングは5000オーバーフロントを軽く持ち上げながら、
公道レベルでは楽しいことこの上ない。

ただこいつ色々ありまして、クレームの多さもピカイチで、
ディーラーメカニックには迷惑千万な代物でした。
まあ毎年プロトタイプ売ってるみたいでしたから(笑。

それでもオイラにとっては今でも魅力的な一台です。
手に入るなら4速883と両方ほしい。
動いてない一台は在り処を知っています。
ハーレーという括りからも、スポーツスターと言う括りからも、
ハミ出しまくりのバイクでしたが、オイラにスポーツスターの
可能性を安全に遊べることを教えてくれた1台です。

もっともスポーツスターを同じエンジンにすると
ビューエル買えるくらいかかるので、オイラは883のままと
言うことになりました(笑。
[PR]
by jyai883 | 2015-09-17 21:52
<< ごぶさたしてすみません(笑 スポーツスターは永遠かな?。4 >>