スポーツスターは永遠かな?。4

えーと、治療は順調で、来週の火曜日には退院できそうです。
そしてシルバーウィーク!、奥様はご旅行ですが、オイラは体力
ないので、お留守番。CRJもいじらないといけないし、ガレージ篭り(笑。

さてさて一言スポーツスターと言っても、1957年にラインナップ登場以来、
仕様を変えながらも、幾多のスポーツスターが現れ、走ってきましたが、
このバイクの面白いところは、今だそれらが走ってることですかね。

ハーレー全般に言えることですが、走る古い車体が多いこと。
スポーツスターミーティングなど行けば、それこそヒストリカルに
見ることが出来ます。
最も一番見かけないのは、後期ショベルと4速エボの80年代後期組でしょうか?(笑。
当時は不人気車種だったし、玉も少ないし。

でもどの年代でもスポーツスターは「スポーツするもの」。
ハーレーのレーシングを垣間見せてくれます。
特に90年代はその全盛期。
長いリアサスに交換され(姿勢変更より、バンク角稼ぎ)。
ベルトのチェーン化(520の使用は太いタイヤを履きたいため)。
あとはSSC(スポーツスターカップ)のレギュレーション通りの
スポーツスターをよく見かけました。
あの頃は、サーキットでも峠でも元気でしたね(笑。

これからスポーツスターがどのような形で残るのか、
余談は許しませんが、消滅が言われながら残っているので、
このバイクが1車種でものこっていけば、
まだ当分遊べますかね。

最も自分のバイクで精いっぱいで、新しいスポーツスターには
手が出ませんけど(笑。
c0063859_10234802.jpg

[PR]
by jyai883 | 2015-09-12 10:24
<< スポーツスターは永遠かな?。5 スポーツスターは永遠かな?。3 >>