バイクで走ること

普段何気なく走っている時は、そんなこと考えもしませんが、色々あって制限されてしまうと
改めて考える機会になっています。

先日の埼玉SSMに行ったときは、会場も楽しかったのですが、何よりその行き帰り、バイクで走る事は
やっぱり楽しいと感じましたね。
まさに小春日和、行き先はあるものの、地図を見たのは三日前、大体の方向だけしか頭に無いまま
出発してしまいました。

コースの半分は知っている道、半分は知らない道、知ってる道は走ることを楽しみ、走っている他のバイクを
見て楽しみ、知らない道ではその道そのものを楽しみ、景色を楽しみ、知らないところへ入っていくことを
楽しみます。

交差点で前を横切るFLTR、バックミラーに映る万歳スタイルのFXD、前を走る手の入ったF、
追いかけても追いつけないXR。
知らない道では適度に曲る田んぼ道を、自分の速度で楽しんで走り、楽しんで流す。
もうすっかり遅くなってしまったオイラには、緊張感の伴わない走りが心地よいです。
所々道を間違えながら、それでも方角だけで目的地についてしまうのは、走り続けて身についた感覚
でしょうか。

高速で行ってしまえばインターから3kmほどで間違えようもありませんが、それじゃあ面白くも無く、
その後に予定があるわけでもないオイラは、前後の行程も楽しみたい。
もっとも工事復旧したままの一般道の路面は、簡易舗装されただけでボコボコでしたが、
それはそれ、その道の悪さも楽しんでしまいます。
お陰で今のサスのセッティングは、ツーリングペースなら悪くない。
ちょっとしたコーナーリングもしっかり踏ん張るので、今のオイラ都合が良いと思いました。

キャブセッティングも丁度合ってきた感じだし、今はレスポンスより巡航しやすいようにしているので、
これはこれでよし。

いろんな状況でこんなことを考えながら、ガラガラの田んぼ道を走るのは楽しいことです。

バイクの楽しみは人それぞれですが、オイラは一人で走りながらそんなことを感じています。
[PR]
by jyai883 | 2010-11-23 09:35
<< バイクで走ること カフェレーサーについて >>